1. 俺「嫁といると苦痛なんだよなー」美人な友人「じゃあ私と結婚する?」俺「!?」 → 本当に離婚して再婚した結果…
  2. 海外出張から帰国すると大勢のお出迎え。告げられたのは妻の妊娠。相手はスーパーエリート → そして徹底抗戦の結末は…
  3. 息子の幼馴染だった彼女が、息子を捨てて他の男に乗り換えた。しかし3年後、元彼女「(息子)に会わせてほしい…」私「(しつこいな)息子はもう結婚してるよ」元彼女「!!」 → 衝撃の結果に…
  4. 夫が事故で急死。すると義姉「再婚したいんじゃないなら逃げなさい。とにかくいますぐ!」 私「!!」→ その理由は…
  5. 俺の不妊が発覚。嫁「ふたりで生きて行けばいいよ」→ 4年後、嫁「好きな人がいる。やっぱり子供が欲しい。離婚してください」俺「!?」 → そして離婚後、1年経って…
  6. 娘「結婚式挙げるけど、お父さんは縁起悪いから招待できない。ごめんね」 うん。そりゃそうだ。そうだよな。
  7. 無職の旦那を捨てて、職場の上司と再婚した結果 → なんと前旦那は…
  1. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  2. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  2. 好きな女性に交際を申し込んだら、「資産状況を教えて欲しい。預金通帳を見せて」と言われて一発で冷めた
  3. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  4. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  5. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  1. 私『旦那が警察に捕まった??』私の策略により旦那が浮気相手をボコボコにして警察沙汰に!!その驚きの真相が...
  1. 彼女の浮気は薄々感づいてた。忙しいって言ってた彼女から急に大事な話があると呼び出された。いよいよかと出向いた俺の覚悟なんざ屁のツッパリにもならない真実が待ち構えていた。
  1. 突然同僚がおかしくなった。上司に「(上司)さんってホントハゲですよね〜」女性には「胸が無いとモテないですよねw」→強制的に退職。それから一年後…Aさんは亡くなった
   

産院で入院中。看護師「うちのスタッフが(私夫)さんの親戚がいるんですよ」夫「知らないなぁ」 → 直後、義母が失踪した。その衝撃の理由は…

599: 名無しさん@おーぷん 2015/07/26(日)22:19:44 ID:MT6

10年ほど前の話です。長くなります。
直接見聞きしていない部分アリ。フェイクもアリ。

当時私は20代半ばで結婚2年め、妊娠中。
私は幼い頃から、それほど深刻なものではないものの、内臓に持病があり
ずっと通っていた総合病院の産科にお世話になることにしており、里帰りもかなり早めにしていました。
私と夫は二人暮らしで、夫の実家は同じ市内にあり
私の実家は同じ県内の、車で2時間ほどかかる距離にありました。

夫の両親との関係は良好でした。
義父は口数は少ないものの、穏やかで優しい方です。

義母は、感情の変化が表情に出ないタイプと言うか、
家族にも他人にもそれほど関心がないと言うか、少し変わった人でした。
でもたまに会えばそれなりに世間話はするし、悪い人だとは感じませんでした。
むしろ、やかましく口出しするような姑じゃなくて良かったなんて思ってたくらいです。
かなり早めの里帰りについて報告すると
「ご両親のお世話になれるならその方がいい。産まれたら知らせて」と、全く問題なし。

予定日まであと2ヶ月ほどになった頃、看護師さんから
「うちの病院のスタッフのA男が私さんの親戚だってご存知でした?」と尋ねられました。
その名前には全く心当たりはなかったのでそのように伝えると
「ご主人の方の関係だそうですよ。親戚がうちでお産するみたいなんだけど順調なのかなって気にしてましたよ」とのこと。




夫側の親類縁者を全員把握出来ているわけではありませんでしたし、大きな病院だし同じ県内だし、知らない親戚が居ても不思議じゃないなと思い、私の様子を気にしてくださっているなら挨拶のひとつでも…
というわけで
夫にこの話をしたところ、夫も「聞いたことない名前だな」と首を捻っていました。

ただ、夫両親はどちらもきょうだいが多く

夫自身、イトコより遠い縁になると知らない親戚も居るので
夫両親に尋ねてみるということで、その日は終わりました。

その数日後、実家の家電が鳴り、母が出ました。
第一声の「あら、どうされたんですか?」という声の調子やその後の口調で
なんとなく、夫からの電話なのでは? と感じたんですが
私に取り次がれることなく、母は書斎で父と何か話し合いをしていました。

長くなりすぎるので経過を少し端折ります。

 

600: 599 2015/07/26(日)22:20:08 ID:MT6

A男は、義母の浮気相手でした。
その時、義母は50代半ば、A男は30代前半(だったと思う)でした。
趣味を通じて知り合い、かなり長い付き合いだったそうです。

A男が私を知っていたのは、義母が話したから。

A男がなぜ、親戚だなどと言って
私の様子を病院スタッフに尋ねたのか、その理由はわかりません。

実家にかかってきた電話はやはり夫からで
A男が義母の浮気相手と判明し、義両親に離婚話が持ち上がっていること
義父がA男に慰謝料を請求するつもりであること
しかしそうなると、私がA男が勤務する病院で出産するのは
何かしら危険な事が起こるのではと心配していること等を話したそうです。

夫と両親と義父は、私にどこまで事情を話すか
もしくは事情を話さずに転院させることは可能かどうか等を話し合っていたそうですが
1週間も経たない内に、義母が失踪。
A男も、上司宛に辞表を郵送し、行方しれずに。

義母は私宛に手紙を残しており、それには
A男が私さんの様子を気にしていたのは、義母の息子の妻である私のことを
擬似家族のような感覚で心配していただけで、悪気はなかったのだと書かれていました。
しかし結果的に心労をかけることになって申し訳なかったとも。

私はこれらのことを、産後に体調がある程度戻ってから聞かされました。
両親や夫の様子がおかしいことには気づいていましたが
娘の、妻の、初めての出産が近づいてきていて落ち着かないだけだと言われていました。
また、3週間ほど早い出産となった為、義実家のことを気にする余裕もありませんでした。

その時生まれた息子は、この土日に夫と共に義父の家に泊まりに行っています。
男三世代で楽しく過ごしたようで、明日義父が送ってくれることになっています。
義母がどこでどうしているのか、A男がどうなったのか、私自身は何も知りません。
また、息子も父方のおばあちゃんについては何も知らないのですが、今後尋ねられたら、事情があって離婚したんだよ、と言うのがせいぜいかなと思います。

こうして書いてみると、私自身はずっと渦中に居なかった為
未だに実感がないと言うか、どこか他人事のような気もします。
ただ、当時の夫や両親、義父の心情を考えると、モヤモヤが晴れない思い出です。

 

603: 名無しさん@おーぷん 2015/07/26(日)23:03:06 ID:wcK
>>599
A男はドジ踏んだだけなんかな
長年付き合っていながら
ヘマしたね

 

604: 名無しさん@おーぷん 2015/07/26(日)23:04:22 ID:dZw
>その時、義母は50代半ば、A男は30代前半(だったと思う)でした。
ここに一番衝撃うけた。


  1. 姉が産んだ子は、色素が異常に薄かった → 母「障害かしら...」姉トメ「どうかしらね...」→ 日に日に、日本人の見た目では無くなっていき・・・
  2. 嫁『間男が数百万やるって言うから離婚して。ちなみに娘は托卵だよ』夫「了解」間男(意外とあっさりだな・・)離婚後、近所「け、警察ー!!」元嫁の所に警察が → なんと・・・
  3. 11年間付き合ったエリートの彼氏に、30歳になった途端捨てられた。ずいぶん年月が経ってから、振られた理由が判明したんだけど、その内容に驚愕した…
  4. タクシーに轢かれ、後日、事故処理で警察署に行くと、警官「何で軽傷なのに何度も病院通ってるの?相手は家族もあるのに、人身事故にして職を奪うつもり?」私「…」
  5. ウワキ嫁が医者に余命宣告された。俺(生命保険8000万だからいい夫を演じよう)嫁が他界後、俺『慰謝料請求する』間男「嫁はもういないから無効だ」『裁判な』 → 結果・・・
  6. 嫁の托卵で別れた18年後、その托卵子である娘が自宅を訪ねてきた → その理由は金銭かと思ったが、実はなんと…
  7. 父の再婚相手「私と(父)が築いたものだから、(父)の遺産は相続放棄してほしい」私「…わかりました」祖母「あんたがいいならそれでいい」 → しかし、なんと… 私「おばあちゃん!?」祖母「こうなることは予定通りだよw」
  8. ウワキがバレた。しかし、元夫「間男にも私子にも慰謝料請求はしない。親権は私子。養育費払うね」私(娘に溺愛してる結果がコレか) → 数ヶ月後、上司「あなたクビね」私「え?」
  9. 姪が凄く可愛い。可愛すぎて子供欲しいと思うようになった 。俺「(姪)ちゃんは父親がいないから、俺が代わりになりたい」不妊の嫁「!?」
  1. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  2. 帰宅すると家の雰囲気がおかしいと感じた。私「家に入りたくない!イヤだ!」母「…そうね」 → 警察呼んで一緒に家に入ってもらった結果、いたのは…
  3. 私「付き合ってよ」彼「いや、俺彼女いるし」私「はぁ?弄んだな!」彼「誘ったの君じゃないか…」 → 許せなくて彼女とのデートに突撃してやった結果…
  1. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  2. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  3. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  4. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  5. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  6. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  1. クソガキに石を投げられ、姉(23)は顔にケガをした。親「石くらいで大袈裟!」→激怒した兄が石を拾って・・・
  2. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  3. 嫁が妊娠!?喜ぶ俺を地の底に叩き落した嫁の言葉は、「あんたの子じゃないから勘違いしないで。育てさせてあげるけど、父親ヅラはしないでね?」 衝撃の事実は他にもあって…
  1. 主婦「トルコリラで1200万円失いました、買ってからただの一度もプラスになったことはありませんでした」
  2. 私は女医をしている。私「私が稼ぐから専業主夫になって!」夫「OK」→友1「夫は一流企業に勤めているの」友2「顔がイケメンなの」→私「やっぱり働いて、てか離婚して」夫「...」
  • パチ屋に行く母に車に放置された!幼い俺「暑い…助けて…」 → いよいよ氏ぬかもしれんと思ったらドアが開き、母『』俺「…」 → この世で一番嫌いな瞬間だった…
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
    2. 『母子家庭』という理由で元カノにフラれたのに、オレに新しい彼女が出来ると、ショックで元カノが病院行きになったらしい…
    3. オレの彼女を●して、撮影した先輩。その先輩の結婚式で、オレは人生を賭けた復讐を決行した。
    4. 嫁が律儀すぎて、浮.気の証拠をあっさりと手に入れた。明らかにラリっている嫁と離.婚し、間男に慰謝料請求をすると…
    5. 村八分にされてるんだけど、なんかおかしい。村の有力者「早く村八分を解いて下さい、と頭を下げて貰わんと困る…」
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw

    1. 俺は常人より種が少ないので、医者から子供は望み薄と言われているwwwこの事は嫁も知っているのだが…今日、嫁から信じられない報告がwww
  •  
     

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。