1. 妹「お父さんの後にお風呂入りたくない」母『お父さんは家族のために毎日働いてる』父「そんなの年頃にならよくあること」 → し か し 、 後 日 ・ ・ ・ ・ ・
  2. 旦那から電話がきて『理由は後で話す。今すぐ娘と一緒にお前の実家に逃げろ!』私「え?わ、わかった!」『絶対に電車を使うな。車で行け』 → 実家に着いて理由を聞いて戦慄した
  3. 会社を退職後、元同僚から連絡がきた。『私子さ、変なこと訊くけど、モデルで自費出版の予定とかないよね?』私「ないよ?」『あのね・・』 → 裏でとんでもない動きになってた・・
  4. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  5. 私「元彼は元気かな」とつぶやいたら同僚の顔がこわばった。同僚『実は・・・』 → 私「(言葉がでない)」想 像 を 遥 か に 超 え る こ と を 聞 か さ れ た
  6. 氏にたい衝動のまま山中湖へ行ったら女の子がいた。私「1人なの?一緒にご飯行かない?」女の子『オッケー^^』 → 帰り際、衝撃的なものを見てしまった・・・
  7. 嫁が大好きな俺『離婚してください』嫁「はぁ?何それ!いいよ持ってきなよ離婚届け!」持ってきてサイン。嫁「しばらく実家に帰る!」 → 次の日サクッと役所に提出した結果www
  8. 私「身内の手術のため数日休みをいただきたい」そこに噛みついたAさん『その日は全員出社の日だから駄目』泣く泣く撤回 → 当日、A さ ん お 休 み。悲惨な事になってたwww
  9. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  1. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  2. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  3. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  4. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  5. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
  3. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
   

理由があって避けられないお見合いをすることになった。 相手は絵に描いたような30代オタク。私(ウヘァ…どうやって断わろう…) → しかし意外な展開に…

スポンサードリンク

引用元: ・その神経がわからん!その38

493: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月)14:49:33 ID:5lE

20代半ばの頃、のっぴきならない理由で避けられないお見合いをすることになった。

相手は絵に描いたような30代オタク。

写真の時点でウヘァとなり、その時点からどうやって断ってやろうかしらとしか考えてなかった。
幸いにも会ってみて断るのは自由と言われていたし。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

 

いざ当日。
実物は写真よりもアクが強く、よりウヘァ。

挨拶もそこそこに「あとは若い者同士で…」と引っ込んでいく大人たち。
身の危険を感じながらも何か話題でも作って断る理由を探そうかと思案していると、相手の口が先に開いた。

「まずはこの度の話、迷惑をかけて申し訳ない。
分不相応としてここに至るまでにお断りをするべきかと思ったが、それはそれで失礼にあたると思い、ノコノコとここまで来てしまった。
いかなる理由で断って頂いても結構だが、もしそちらが悪者になるのが嫌なら、僕のほうから断る流れにもって行くので、お互いが嫌な思いをしないよう、一緒に理由を考えませんか。」

と、このようなことを一気に言われた。
断ることを前提にここにいるのは相手も同じだった。
ただその方向性の違いに自分が恥ずかしくなってしまった。

その後、なぜそんなことを言うのかと尋ねてみたら、

「これまで誰とも交際などしたことないが、自分が交際や結婚に向いてないのは自分が一番よくわかっている。」
も言うようなことを言われた。

ここで私は相手のこの言葉を否定してみたくなった。
この理由を問われると未だにうまく答えることはできないが、とにかく、「付き合ってみたこともないのに向いてないとか、相手を不幸にするなんて何でわかるんだ」
と言うようなことを思って、しばらくこの人のことを見てみたいと、後日そう返事をしてもらうことにした。

 

494: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月)14:51:42 ID:5lE

自信がないあまり自分を卑下する面倒くさい性格なのかなと思ったけど、その実、この人はただ誠実なだけだった。
他人に対して常に丁寧で、正しくあろうとする。そんな印象。

知らないことを知りたがる知的好奇心が旺盛で、こっちの話はほとんどを興味深く聞いてくれる。
聞き上手。
話すことが楽しい。
頭のいい人だった。

この人のことをコミュ障だなんていったい誰が言ったんだ。

そんなこんなでいつの間にか2年を経て私達は結婚した。

前置きが長くなったが、神経わからん話はここから。

この結婚に最後まで反対してた人物がいる。
学生時代の友人と、その仲間の一部だった。
彼女らは彼の容姿や趣味を知るや、「ヤメトキナッテ!」「アンタダマサレテルヨ!」
一度だけ彼と一緒にいる時に出くわし、彼に詰め寄られたことがある。
その様には悪意を感じられなかった。
ただ純粋に私を守ろうとしていると感じた。

だから、それだけに余計にムカついた。
こいつは彼のことを知らない。
なのに容姿やそこらだけで「この男は私を不幸にするためにやってきた」と断じられて、心底腹立ったし悲しかった。
感情のままに怒鳴って友人らを追い払った。

でも、あの日写真だけを見てウヘァとなった自分と、友人達の姿が重なりしばらくの間悩んだ。
それを彼にぶちまけたとき、「なんだそんなこと、それは俺の容姿を見れば当たり前のことだよ」と言われ、少し喧嘩になった。
でも喧嘩の最後に「異性と喧嘩をしたのは初めて。喧嘩するほど仲良くなれて嬉しい」と言われたのが悶えるほど嬉しかった。

以上、なんだか他の部分が多くなってしまったけど、あれ以降も懲りずにちょいちょい仕掛けてきたけど今は完全に縁を切った友人の神経わからん話でした。

 

495: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月)15:02:29 ID:Gm1
お幸せに。
いい話。

 

496: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月)15:02:58 ID:I5P
なんだよ、結局幸せかよw
良かったじゃん、お互いに唯一無二でいられる存在になれて。
色々与えながら教えられながら過ごせる事なんて本来ほぼ不可能なんだから

 

497: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月)16:08:50 ID:AGe
ほんと、いい人だわ、旦那さん。

スポンサードリンク


  1. なぜかその日は激しく求めてきた妻。そして妻はすぐに妊娠した。そして7年後…. 娘「あの人ウワキしてるよ。お父さんをバカにしているあの人たちが許せない(泣)」
  2. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  3. スタイルもよくて美人な私(17)「私、ワキガみたい…手術したいよ!」父「思春期の一過性かもしれない。20過ぎたら受けよう」 → そして20歳になり… 医者「あなたの場合は、実は…」私「!?」
  4. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  5. 元カレ「結婚して3年たっても子供ができないのは、お前が種なしだからだ。(私)ちゃんは子供を欲しがってる。だから別れて俺にくれ」旦那「!?」 これで旦那が頭を丸めてしまったんだが…?
  6. 社の重要ファイルを何度も消してしまう女先輩。先輩「なぜ消えるのか私にも分からない。私は消していない…」俺「…という事があったんですよ」システム屋「調べられますよ」 → 調査の結果、まさかの真相が…
  7. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  8. 彼女と付き合い始めたら親父に先を越されてしまった。知らなかった。いつのまにかそんな関係になっていたなんて
  9. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  10. 寝ている彼氏をフライパンで殴り続けた。そして倒れている彼氏に声をかけたが返事が無い。私(警察に捕まる前に実家にでも寄るか…) → そして2日後、自首する前に自宅に一度帰ってみたら、なんと…
  11. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..
  12. 私「うちの子の体重が増えないんです。離乳食はたっぷり食べさせているのに…」医者「うーん…」 そんなある日、深夜に目覚めると私の隣に寝てたはずの赤子がいない → トンデモナイ光景を目撃した
  13. 幼馴染と結婚することにした。俺「娘さんを俺に下さい!」嫁父「これで血の繋がらない娘を育てるのも終わりだ。私は関係ないのでご自由に。(嫁母)とは離婚だ」周囲「!?」 → そして発覚したのは托卵に托卵を重ねた強烈な真実で…

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    5件のフィードバック

    1. 名無し より:

      いい話じゃん
      こんな嫁さん見つけたいわ

    2. 名無し より:

      見掛けで判断しちゃいかん

    3. 名無し より:

      見た目より心はよくいったもの。
      必要以上に卑屈になるわけでもなく、捻くれるわけでもなく、
      コンプレックスの裏返しで女叩きに走るわけでなく、
      冷静に自己分析した上で、他人に敬意を持って接することができる人。
      本当にいい男を夫にできてよかったね。

      • 名無し より:

        言っちゃ悪いけど貴女が境遇や容姿が普通~だと
        その書き込みは傲慢以外何物でもないよ。
        説得力はない。

    4. 名無し より:

      同僚がこの旦那みたいな人だ
      奥様は、とても人を見る目のある方だなと思っていた
      この人かもしれないな

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。