1. 俺が事故ってシにかけたとき。嫁母「バレないうちに別れなさいってあれほど言ったでしょ」嫁『このまま助からなきゃいいのに』→結果、嫁がシんだ
  2. 念願の田舎暮らしを始めて数年後、旦那が急逝した。すると村の男達から「これが村のしきたりだ」 と迫られて...
  3. 離婚した夫に未払いの養育費を請求。元夫「俺は種なし。息子は自分の子じゃない」種なし症の診断書が届いた → 私『なんならDNA鑑定をする』夫「おk」 → 前科持ちに・・・
  4. コトメ「出張ある。子供お願いしてい?」私『おk』 → 私『あのさ、信じられない光景を見たんだけど・・』夫「え?」 → ウトメ「黙っててごめん」コトメに調査結果を渡すと・・
  5. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  6. レスでキレたら、嫁「お前ちょっと来い」→産婦人科に連れていかれた。医者「」俺(レスのほうがマシだったわ…)→なんと…
  7. まとめサイトのコメント欄に酷いコメントを書いてたら、夫に怒られた。息子にもバレてもうや親としての尊厳無くなった...
  8. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  9. 取引先の不幸で急きょ家に戻ると寝室に見知らぬ男が。俺「あの‥」男「お邪魔しました」→数日後...
  1. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  2. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  3. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  4. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  5. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
  3. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
   

彼女が手羽先や豚足をドン引きするほどキレイに食べる。まさに「食べ物の墓場」を作るタイプだったんだが….

スポンサードリンク

399: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 17:11:49.91 ID:VMF3mD93
理不尽冷めかもしれんけど投下
昔好きだった女の子が、食事の時に食べ物の墓場を作るタイプだった。
手羽先や豚足なんかをドン引きするほど綺麗に食べる。

骨一個一個をバラして、軟骨や衣や皮なんかもしっかり食べて、骨の墓場みたいな状態にする。
魚を食わせるとサンマは背骨しか残らないし、煮魚も骨の墓場になる。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

ラーメンはスープは残すけど、どうやってるのかスープをかき混ぜてもネギ一つ浮いてこないほど根こそぎ食べてる。
冷奴とか出汁巻き卵についてるすり大根や生姜とかも食べ終わる頃には全部無くなるし、刺身についてる大根のツマ、わさび、ワカメとかも。
しかも向き合って話しながら食べてるから分かるけど、
根こそぎ食べようと集中してるような様子もないし、
皿を舐めたり付属のレタスでふき取ったりなんて変な行動はもちろんしていない。
食事マナー的には本当に普通なのに、食事を終える頃には気付けば食べられるものは一つも皿に残ってない状態になってる。

ある時カレー屋に行ったんだけど、その子はカレーライスとハンバーグのセットを頼んだ。
またしてもルーやハンバーグのソース、漬物やコーンなんかも綺麗に無くなった。

「いつも思うけど皿の上なにもなくなるよね。食べるの大変じゃない?」
と聞いたら、
「だって美味しいから全部食べたくて。色々研究したんだよ~。」
と照れてた。
そういう意味じゃない。

極め付けに
「例えばスプーンなんかはこの角度でこういう動かし方したら綺麗になるよ。」
と俺の皿とスプーンを使って披露してくれたんだけど、見事なまでにピカピカになった自分の皿を見て冷めた。

俺もそこまで食べ方汚くは無い方だと思うけど、その子と一緒にいると俺の食べ方が汚いと思われてる気がして恥ずかしかったし、とにかく卑しくて下品な子に見えてきてしまって無理だった。

 

400: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 17:21:29.56 ID:VnVMPqKn

ひさびさに理不尽さめを見たような気もするけど
気持ちもわかるような

興味深いなあ
墓場もよくわからんし
見てみたい

 

403: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 18:38:24.59 ID:VMF3mD93
>>400
いやホントすごかったよ。いい意味でね。
某海賊漫画とかで、でっかい魚とか獣を捕って食後骨だけ山積みにしてあるシーンとかあるじゃん。
あんな感じ。

 

401: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 17:45:12.73 ID:IpjRnCbe

カレーは他でも読んだな。
境目から食べたら
教師に皿を舐めたと決めつけられたって話。

> 理不尽冷めかもしれんけど

かもしれないってw
冷めたなら仕方ないけど、きれいに食べる事を「食べ物の墓場」と表現するあたり育ちが知れてるね。

 

410: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 23:48:24.91 ID:LFCz7Gtg
>>401
かと言ってその彼女の育ちが良いとは思わない

 

402: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 17:53:51.39 ID:Um7BJm2T
自分の持ってる「常識的な食べ方のイメージ」が強い人ほど食べ方で冷めるんだな

 

403: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 18:38:24.59 ID:VMF3mD93

>>402
綺麗な食べ方が美徳なのは分かってるし、はじめはすごいなと思ってたんだよ。
自分も気をつけようって思えるきっかけになったし。

でもそれにしても毎回毎回舐めとったように綺麗になるから
自分がすごい汚く食べてるような気がして恥ずかしくなった。

だから理不尽冷めだと思った。

 

404: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 20:09:46.30 ID:VnVMPqKn
なるほどね
興味深いなあ

 

407: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 22:34:57.73 ID:jjSRjkGj
ケンタッキーはどうなんだろう。
部位によっちゃ肉がこびりついていて難易度高いと思うが

 

408: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/08(木) 22:44:37.50 ID:VMF3mD93
>>407
軟骨とか熱で固まった関節の血合みたいな、噛み砕けるようなとこは全部食べるみたいだよ。
犬のおやつでたまに見るような太い骨は縦に裂けて危ないし固すぎて流石に無理だって言ってた。

 

413: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 00:20:22.26 ID:I49JhYQm

>綺麗になるから自分がすごい汚く食べてるような気がして
>恥ずかしくなった

ここまでは良いけど、

>骨の墓場みたいな状態にする

とか言い掛かりに近い。
魚を綺麗に骨だけ残すのは大切に育てられた証拠だし
本当に美味しく頂いている証でもあり見ていて心地よい。

バブルの頃の若い女はメシ奢っても必ず少し残して
こんなもので満足する人、いるのかしら?
て感じのマウント取ってきたもんだけど、令和にも居るんだな

 

414: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 07:31:53.59 ID:GCYUGg77

他人の表現の仕方に噛み付くのは無粋ってもんだろ

なんなら店が書いた「ふわふわトロトロオムレツ☆」のポップに噛み付いてるのと変わらんよ
本題を読み趣旨から外れるなよ

 

416: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 08:27:00.76 ID:XNROwogE
本人も理不尽冷めって言ってるのにそんな突っかかるのが怖いよ…

 

417: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 09:21:23.27 ID:5J3Jmii7
男からすると女に圧倒的人間力を見せられると冷めるのはわかるわ。
若いうちは相手に劣等感を感じてしまうと受け入れるのは難しい。

 

418: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 11:37:34.11 ID:5OWj4MDO
食って合わないと感じたらもう修正きかない気がする
私は少食な人が合わないと思ってしまった
男はモリモリ食べてこそ、とかは思わないし底なし大食いよりましだと思うけど何か一緒に食事しててもそんなに楽しくないな…と思ってしまって冷めた

 

419: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 13:18:52.52 ID:LIoKR6jq

途中までは理不尽冷めだなあと面白がって読んでたけど

>「例えばスプーンなんかはこの角度でこういう動かし方したら綺麗になるよ。」
>と俺の皿とスプーンを使って披露してくれた

これは彼女がダメだと思う
「いろいろ研究したんだよ」までは良かったけど
彼氏へレクチャーとかしたら冷めて当然

 

420: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/09(金) 13:51:00.05 ID:hpyIja7e
レクチャーはしてないと思うよ
疑問を投げかけられたから、わかりやすくこうしていると
見せてくれただけでしょ
綺麗に食べられるのはプラス要素だと思うけど
他の要素としてダメだと感じたんだろうなと思う

スポンサードリンク


  1. 写真の嫁は笑顔で楽しそうだった。俺(この感じなら離婚に反対しないだろう…) しかし嫁は「離婚したくない」 → そのとんでもないウワキの理由、そして意外な結果
  2. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..
  3. 俺が裏で事をすすめた結果、嫁は間男に本気になった。 嫁「何も言わずに離婚して。財産はすべて渡すから」俺は何も言わずに同意した → しかし想定外すぎる結果に
  4. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  5. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  6. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  7. 好きだった幼なじみに10年フラれ続ていたが、ついに諦めて俺は地元から離れた → 3ヶ月後、なんと俺のアパートに突撃してきたんだが… 幼なじみ「黙ってどこかに行くな」
  8. 私「免許と車検証持ってきて」新人「わかりました」→ 4日後。。 私「早急に」新人「…わかりました」なんと彼はその翌日から来なくなった → 3年後。私(あっ…そういうことだったのか!)
  9. パチ屋で遊んでいる両親を外で待っていたら、よく見かける男に話しかけられた。男「おじさんの家に来ないか?オムライス作ってやるぞ」俺「…うん。いく」 これが両親との終生の別れだった
  10. 「妻と行為」と言うタイトルで動画。ただ間男を受け入れていた妻。号泣する部下。睨みつける俺。上司「会社の顧問弁護士を呼んでこい!」→ 間男「見苦しいな」次の瞬間、トンデモナイ展開に…
  11. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  12. 俺が超美人と結婚すると双子の妹たちは驚愕の行動に出る。 俺「こいつは昔からだ!わかったら黙れ!」妹たち「小学生でw?」叔父「世界で3人だけの兄妹なんだから..」
  13. 痴漢冤罪の現場に遭遇した。 俺(うわ…このjk、確かにかわいいけど被害を盛ってるぞ…)警察「謝罪して5万払って示談しな」男性「やっていない。黙秘する」俺「見てたので証言します」全員「!?」→ 結果は

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。