1. 元嫁の浮気で俺の完全敗北。間男のハイステータスに揺れた元嫁に失望と絶望を味わされた。 → しかしそんな俺を救った今嫁の一言は…
  2. フリンの復讐。それは結納直後の内容証明。監視していたとしか思えない絶妙なタイミング 「どうやら、えらい人を敵に回してしまった…」
  3. 娘(15)「ママに『本当のパパ』を紹介されたんだけど…」俺「!?」娘「私のパパはパパだけだから」 → その『本当のパパ』はなんと…
  4. かなりモテてた俺の彼女。派手で気が強い女だったので交際費は全て俺が負担していた。 → 付き合って2年後、彼女は衝撃的な事を言い出した
  5. 妻「私、夜の営み嫌いだし子供も欲しくない」夫「奇遇だな俺もだ、俺達うまくやれそうだな!(貞操観念がしっかりしてるな!)」 → この二人が結婚してしまった結果…
  6. 嫁「私たち別れましょう。別に他に好きな人が出来たんじゃなくて、お互い相性が合わなかったと思う」 俺「本当に離婚でいいんだな?もう後戻りはできないぞ?」 嫁「うん!」 俺「ではこれにサインと印鑑をしてくれ」 → 俺は全てを知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手も
  7. 子供が俺に似てないのでDNA鑑定。結果は「親子関係0%」 俺「どういうこと…?」嫁「…経験は(俺)だけです」 → そして判明した真実は壮絶だった
  8. 親戚宅の雪掻きを終えた夫が、休まずに早く帰ろうと言い出した。何故かと聞くと「気づかなかったのか?周囲の視線に…」 私は恐怖した
  1. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  2. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  3. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  4. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  5. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  1. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  2. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  3. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  1. フリン女「旧帝卒年収一千万資産なしより、 日大卒で品川区に一戸建て持ちの方が上だよな」
  1. 彼女の浮気は薄々感づいてた。忙しいって言ってた彼女から急に大事な話があると呼び出された。いよいよかと出向いた俺の覚悟なんざ屁のツッパリにもならない真実が待ち構えていた。
  1. 【復讐】彼女が男の家に泊まった事を知り、問い詰めたら号泣して逃げ切ろうとした挙げ句「キッパリ断る?そんなの社会じゃ通用しない」と開き直った。こいつどうしてくれようか…
   

先輩から虐められていた俺を助けた女上司が嫁になるまで 嫁「使えないヤチュ…だな!」

886: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 12:40:35.76 .net

俺(嫁怖そう)
先輩「使えねぇヤツだな」
俺「……」
嫁「俺さんちょっといい?」
俺「は、はい」
先輩(ニヤニヤ)
嫁「使えねぇヤチュ……だな!」

結婚

という感じだったんだがkwskしていい?




887: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 12:59:30.69 .net
>>886
是非kwsk

 

892: 882 その1 2016/12/20(火) 16:18:07.87 .net

俺:34歳
嫁:29歳
先輩:たしか31歳

俺、ちょっと特殊な専門職なのだが会社が倒産し、
契約社員として嫁会社へ。
(契約社員からの正社員登用が望める会社)

嫁は俺が入るチームのチーフで先輩はその部下
俺は嫁の部下で先輩の後輩となる。

嫁の第一印象は「事務的で冷たい感じ」。
先輩が契約社員担当、先輩の指示で俺は動く。
が、この先輩とのやりとりがスゲーストレスだった。
俺が作った書類等に1回でOKをくれることは無く、
必ずダメ出し、作り直しを要求される。

ダメ出し自体が嫌なわけじゃないのだが、その理由が、いつも俺にはよくわからない。
「分かりにくい」とか「読み手のこと考えてる?」とか「文章がさぁ」とか。

こう書くと先輩が粗探し的をしてるだけじゃないかと思われるかもだが、この職種は他者にプレゼンする要素もあるので、一概に先輩がおかしい、とは言えない。
「分かりにくい」というのは十分なダメ出し理由になるんだ。
ただ、俺が「どこが悪いか」を理解できていないだけで。

で、わからないながらも言い回しを変えたり、レイアウトを変えたりを何度かするとOKが出る。
釈然としないながらも「読みやすさってそういうことなのかな」とか思ってた。

でOKが出る際も、いつもため息交じりで「まぁいいや」的な態度で。
何よりきついのが、それらのやりとりの際に先輩が高確率で発する
「使えねぇヤツだな」という呟きだった。
俺に直接ぶつけると言うより、独り言みたいに呟く。
でも確実に俺にはもちろん、周囲の人にも聞こえる音量で。

俺は、自分で言うと嫌味だけど、自信家なところがあった。
派遣社員とは言っても同業他社で働いていた自負もあり、
この会社に入っても即戦力になれるというか、
この会社のシステムさえ把握すればすぐに役に立てる自信があった。
もっと言うと、正社員になれると思ってた。
だが先輩とのやりとりでプライドズタズタ、みるみる落ち込んでしまった。

 

893: 882 その2 2016/12/20(火) 16:35:39.01 .net

そんな状況で数ヶ月経った日
また先輩に「使えねぇ」と言われた、だけでなく、この日はもう一言付いてきた
「正社員登用の制度って、あれ、本当に有能な人のためのものですからね?」
見透かされてる、惨めだった

そのとき、後ろから嫁が
「ホントですね。正社員登用の制度、ちょっと考え直したほうがいいかも」
スゲー怖い形相してた

俺「……申し訳……」
嫁「俺さん悪いけど今日、就業後あいてます?」
俺「え、はい」
嫁「少し時間いいですか、悪いけど残業代は出せないけど」
俺「……はい」
完全に自信をなくしてた俺は「更新不可」みたいな話をされるんだと思った。
恥ずかしながら目が潤んでしまった。
横目で先輩がニヤけてるのが見えた。

で就業後。なぜか隣の部屋の別グループのシマへ。
そこのリーダーは嫁と知り合いみたいだった。
嫁「悪いけどPC貸して」
隣組「おう、いいけど何だ?」
嫁「ダメ出し」
隣組「ほう……」
隣組リーダーは俺を見て、ちょっと気の毒そうな顔をした(ように見えた)。

嫁「今日、先輩さんに最初に見せた資料と、言われて作り直した資料見せてください」
俺「はい、最初はこれ(A)で、直したのがこれ(B)ですが、Bもダメ出しされました」
嫁、両方の資料を見比べる。

嫁「じゃあ、この件の前に手がけたもの、最初のものから完成版まである?」
俺「たぶんPCに……」
嫁「悪いけど持ってきてください」
PCを探り、前回の案件の初期版、完成版、その途中のものを渡す
嫁、それをじっくり眺める。
再び本日の案件を見直す。

 

894: 882 その3 2016/12/20(火) 16:38:42.97 .net

嫁、Bを俺に見せ
「えっとね、こことここの表現、もう少し砕けた感じで」
「こことここは順序を変えたほうがわかりやすくない?」
「ここは、このままでもいいんだけど、ちょっと表現が厳しいです」
「ここはAの表現に戻して」とかとかとか。
等々伝え「いま直せる?」と。

直すべき場所がわかってるので、たいした労力でもない。
30分くらいで修正できた(C)。

それを見せると嫁「うん、じゃ悪いけどちょっと待ってて」
俺、隣組の空席で待つ。
嫁「残業時間じゃないんだから自由にしててねー」
隣組「嫁さん、怖いでしょ(ニヤニヤ」
俺「は、はぁ……」
嫁「悪いけど余計なこと言わないで」
隣組「へいへい(ニヤニヤ」

居心地悪い……この隣組も俺を蔑んでいるんだな……

15分くらいたったら「お待たせ」と嫁。
封筒の入った書類を俺に渡す。
「これ(D)の使い方は後で伝えるから、とりあえずしまっておいて」
俺は自席に戻り机にそれを入れた。

 

896: 882 その3 2016/12/20(火) 16:49:00.88 .net

封筒入りの書類って何だw 書類入りの封筒ですw
長くてごめんね、続き↓

嫁「自分の何が違いけないか、わかります?」
俺「申し訳ありません。実は、よく……」
嫁「ですよね」
嫁は厳しい顔で俺を見つめていた。俺は消え入りたかった。

その日はそれでお終い。終業時間を1時間ちょい過ぎてた。

嫁「悪いけど残業代出せないから……」
俺「はい、承知してます(さっきも聞きました)」
嫁「残業代替わりで悪いけど、夕ご飯でもおごらせてもらえる?」
俺「はぁ(「悪いけど」が多いな)」

そんで飲みながらメシ食わせてもらった。
俺の前の会社での経歴をかなり根掘り葉掘り訊かれた。
あまりに詳しく聞きたがる嫁の態度と、今の仕事の出来がメチャクチャなことが重なって、過去の経歴を話すのは恥ずかしかった。自分の誇りだと思っていたから余計恥ずかしかった。
「こんな経歴持ってるのに、今は全然ダメなんだね」と、嫁に言われているような気がしてしまい……(実際は全然そんなこと言われてない)

後はグチだよね。すっかり自信を失ってしまったこと、自分が高飛車だったことも認めるが、先輩の言動は正直きついことも話した。
嫁は相変わらず「悪いけど」が多かった。口癖だと思った。

飲み始めこそ「責められてる」と思ってたんだけど、話してるうち、嫁は目つきがきつくて口調は鋭いけど間違ったことは何も言ってなくて的確だと気付いた。
俺は先輩とのやりとりでだいぶ参ってしまっていて、嫁の「厳しい」指摘すら、涙が出るほどありがたかった。
酒の力もあったのか……嫁は基本的に険しい顔してるけど、たまに見える笑顔が魅力的だと思った。

けっこうな時間になった。俺はさりげなく「遅くまですみません。ご家庭あるんですよね?」と訊いてみた。
嫁「ん? あるけど?」
……そうだよな。そんなうまい話ないよな……と、再びトホホ。

嫁「じゃ、明日よろしく」といういことでその日は別れた。
ご馳走になったお礼を言うと「ううん、ごめんね」と言われた。
何が「ごめんね」か分からなかったけど「遅くまでごめんね」なのかと勝手に思った。

 

898: 882 その5 2016/12/20(火) 17:08:40.89 .net

そして翌日。まずはC(昨日嫁に指摘されて30分で直したもの)を先輩に提出。
先輩の対応はいつもどおりだった。また直せと。

いつもならこの流れで、また時間をかけて文章を直すのだけど……
(数時間かかる)
この日は違った。昨日嫁から受け取った封筒があった。
嫁から指示を受けていたのだ。
「もしCを先輩に見せてまたダメ出し受けたら、2時間後にこの封筒(D)を、俺が作ったフリをして先輩に渡せ」
と。
その指示通り、2時間くらいしてからDを見せる。
先輩はまたしてもいつもどおり、ため息つきながら「ハァ、これでいいよ」と……

嫁「そんなに気に食わない出来なんです?」
嫁がいつの間にか後ろに立ってた。
先輩「いやぁ、何というか……」
嫁「それ作ったの誰だと思います?」
先輩「……え?」
先輩が答えるより前に嫁「私」。
突如キョドる先輩。慌ててDに再び目を落とす。

先輩「嫁さんのでしたか……すみませんよく読まないで。よく読むとやっぱ全然ちげーわ。スゲーわかりやすいd」
嫁「よく見ないで返事したんだ?」
先輩「……すみませんでした。俺さんのは、いつも出来があんまり……だったので、今回もそう思い」
嫁「悪いけどそれ(D)、さっき俺さんが見せたの(C)と殆ど同じですが?」
先輩「」
嫁「それ(D)は、確かに最後手を入れたのは私だけど、本文はCと殆ど変わりません。語尾が違う程度」
先輩「あの、そっ」
嫁「殆ど変わらないのに、俺さんが作ったCはダメで、私が最後にちょっとだけ書いたDは気に食わないながらOKで、その同じDをよくよく見直したらスゲーわかりやすいんですね?」
先輩「いや、だからその」
嫁「悪いけど、昨日俺さんに残ってもらったのは聞いてましたね?」
先輩「はひ」
嫁「仕事見せてもらって、話も聞かせてもらったけど」

 

899: 882 その6 2016/12/20(火) 17:13:26.40 .net

こっからずっと嫁のターン。要約するとこんな感じ。
「確かに俺さんの原案は、ウチの業務からするとちょっと『硬い』。難しく感じるところもある」
「これは、俺さんの経歴から来る癖である」
そう、この会社は「同業他社」とは言ったけど、顧客の属性が微妙に違って、前の会社で書くもののほうが、ちょっと畏まった文体が必要だったんだ(あとで気づいた)。
「でも、その部分をちゃんと指摘すれば、俺さんはすぐに修正できる」
「昨日私(嫁)が修正すべき点を指摘したら、俺さんは30分で直せた。そして出来たのがCだ」
「先輩さんは俺さんの書く文章に違和感は感じたのだろうけど、その指摘をしていない」
「ダメ出しだけされて、何が良くないかを伝えないから、俺さんは修正に長時間かかり、また的外れのところも多かった」
「しかもCもDもよく読まず、ちゃんと出来ているのに付き返し、殆ど変えてないDをため息混じりに受け取り、それを私が作ったといえばいきなり褒めだす」
「最初に感じた違和感はともかく、その後はしっかりとした理由も持たずに俺さんに因縁をつけていただけ、ということになると思うがどうか」

先輩はうつむいたっきりになってしまった。
嫁は更に続けた。

「先輩さん、ことある毎に俺さんに『使えねぇ』って言ってたんですってね?」
「悪いけど、俺さんが『使えねぇ』んじゃありません。あなた(先輩)が俺さんを『使うことができない』の」
「意味分かる? 俺さんが『使えねぇ』んじゃなくて、あなたが俺さんを『使えねぇ』の!」

嫁「だから悪いけど上司として言います。先輩さん、あなた本当に使えねぇヤチュ……だな!」

俺(か、噛んだああぁぁぁ!!!!)

 

901: 882 その7 2016/12/20(火) 17:29:36.11 .net

たぶん嫁は最後のところを決め台詞っぽく言いたかったのだ。なのに噛んでしまった。
同時に向かいの机から噴き出す声が聞こえた。チームの他のメンバーだった。

向「ぶふううぅぅぅwwww 嫁さん、そこまでカッコよく決めたのに、最後wwwww」
嫁「う、うるさいな!!!!」
嫁の顔を見ると真っ赤になってしまっていた。

それでも先輩には堪えたようで「失礼します」と席を立ち、その日は戻ってこなかった。
その後、先輩は契約社員担当から外された。

この一件の最中、俺が処々で感じた「いたたまれなさ」は、ほとんど全部被害妄想だった。
最初、俺と先輩のやりとりで嫁が鬼の形相をしていたのは、俺にではなく先輩に対してブチ切れていた。
その後の「正社員登用考え直さなきゃ」というのは、実はこの先輩がまさに正社員登用だったんだ。
(その経験がある先輩なら、新しい契約社員(俺)の気持ちがよくわかるのでは、ということで契約社員担当になった。)
だがこんな仕事をするんだったら「考え直さなきゃ」という意味だった。
隣組の人態度は、その人は長年の付き合いで嫁が怒っているのに気が付いた。
気の毒そうな顔は、最初は「こいつ(俺)がターゲットか」と思ったから。
でもその後のやりとりで対象が俺でないと分かり、ということは嫁が何か企んでるのもわかった。
わざわざ隣のシマにPC借りに来るのも、何か理由があるのだろう。
だから「怖いだろ」とか茶々入れてニヤニヤしていた。
「何が悪いかわかる?」と訊いたのは、先輩からちゃんと指摘されてるかどうかの確認。指摘されてないことがわかったから厳しい顔をしていた。
経歴を根掘り葉掘り訊いたのは、俺の「癖」が、どうして培われたかを理解するため。
で、夕飯別れ際の「ごめんね」は「本来ならば上司として、もっと早く注意しなければいけなかった。つらい思いをさせてごめんね」という意味。

「悪いけど」は、嫁が興奮したり緊張したりすると連発する口癖だというのもあとからわかった。
実は部下を叱りつけるのは馴れてなくて、かなり緊張していたんだそうだ。

 

905: 882 その8ラスト 2016/12/20(火) 18:24:09.21 .net

回るお寿司屋に来ました。
ラストです。↓

後日タイムカードを見ると、例の日のタイムカードに修正印が押されて、俺が残業したことになっていた。
(この会社は原則的に契約社員は残業をしない。やむをえない事情のときのみ上司の許可を得て残業できる)
(それとはまた別に、押し間違えたタイムカードの修正には上司の修正印が必要)
疑問に思い嫁に問いかけると「必要があって残ってもらったのだから残業と認めます」と。
俺は恐縮した。「あれ? でもそしたら、何で当日は「残業代出ない」ておっしゃったのですか?」

そう訊くと嫁はうつむき、聞き取れないほどの声でボソボソと何か呟いた。
俺「え?」 耳を近づける。

嫁「……悪いけどそれは……ごはん誘う口実……」

顔が、噛んだ時と同じくらい赤くなっていた。

以上、長文すみませんでした!

 

908: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 18:37:38.87 .net
>>905
ちょっと待って。嫁さんは最初から882狙いだったん?
もうちょい突き合うまでの話書いてけ

 

909: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 18:42:28.44 .net
>>905
嫁にプレゼンした経緯をはよ。

 

910: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 18:55:13.12 .net

>>905
それでラストかい!
俺らが知りたいのは、そこから付き合って結婚までの過程だよ。

宜しく頼む。

 

906: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 18:30:34.50 .net
へぇ面白いね。期待。

 

911: 882 2016/12/20(火) 19:24:24.54 .net
お、おう。
馴れ初めってことだから、ここらへんまでだと思ってた。
じゃ子が寝たら書く。
具体的に何を書いたらいいかな?

 

912: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 19:34:31.05 .net
>>911
付き合い始めからベッドの中からプロポーズに結婚に子作りまで

 

914: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 20:40:42.07 .net
>>911
いやいや、プロローグで終わられてもwww

 

921: 882 2016/12/20(火) 23:23:28.70 .net

ほいじゃ書くけど、もうあまり面白いことないと思う……

嫁が俺狙いだったかということだけど、うーん、どう言えば良いのか……
嫁にとって俺は、契約社員だけど年上、それなりのキャリアあり……ということでどんな存在なのかわからず気にしてはいたみたい。
同業だが他社に勤めてた(=夜目の知らない世界を知ってる)ということで、一度ゆっくり話したいとは思ってくれてたみたい。

そうこうしてるうちに、俺の元気がなくなってく。
何が起こってるか最初はわからなかった。
俺と先輩がうまくいってないのは察してたけど「使えねぇ」までは知らなかったし、俺がどんなアドバイスを受けてるかもわからない(席の位置関係上、聞こえない)。

先輩に俺の仕事ぶりを尋ねたりはしてたんだけど、そりゃ良いこと言わないよね。
「使い物にならない」「何度やり直させても良くならない」みたいに言われてたみたい。
先輩は先輩で自分の仕事はちゃんとできる人だったから信頼もあり、でもそれだけじゃないような落ち込みを俺がしていて……という感じ。

やきもきしてる嫁に情報を伝えてくれたのは向さんだった。
向さんと隣組さんと嫁あたりはもう数年来の関係で、気心のしれない仲だった。
だが立場上、担当たる先輩を飛び越えていきなり嫁に偏った情報与えるわけにもいかず、最初は様子を見てた。
けど先輩の言動が「明らかに」ハラスメントじみてきたので報告してくれたんだ。

話聞いて嫁はブチ切れた。
でも、先輩の言い方が「俺に言う」というよりは「呟く」感じだったので、いまいち強く注意するきっかけが掴めなかった。
注意しても「え、独り言っすけど?」とか言われちゃったらそれ以上強く言えないとか、その「使えねぇ」まで俺に聞こえてたかもわからないし、あとは俺の仕事ぶりもまだ把握できず……

そんなわけで内心ワサワサしてたとこに「正社員登用って~」の先輩の台詞があり(これは聞こえたらしい)、もう見逃すわけにはいかねぇ! みたいな感じ。

 

922: 882 2016/12/20(火) 23:29:21.08 .net

で、その後なんだが「ごはん誘う口実」の言葉で、好意持ってくれてるのはわかった……んだが……
「家族いる」の言葉が気にかかってた。
(悪い、このこと書き忘れてた)

でも1回ご馳走になったので、お礼するくらいでフリンとかにはならない、と言い聞かせ飲みに誘った。
「今度はご馳走させてください」と。
嫁は嬉しそうにしてくれた。

今回は仕事の話抜きだったから、すごく楽しかった。
(つっても仕事の話したけどね)
酒が進むにつれて、なんとなく体の距離が近づいて、2件目のバーは隣り合わせだったこともあって、自然と肩がくっついて、手を繋いではいないけど、重ね合わせる感じにはなってた。
嫁の俺を見る目は完全に女性の目だった(と思う)し、俺の下半身も滾らないわけないじゃないですか。

 

925: 882 2016/12/20(火) 23:41:59.27 .net

ここまま流れに任せてぇ……という気持ちと、
イヤイヤでも家庭ある人とそんなのダメだ……という気持ちと、
気持ちとはまた別にひとりでに動こうとする下半身と、

そんな野暮な話題は少なくとも1回いただいちゃってからでよくねぇ?
という気持ちと……で、気が狂いそうになった。

しばらく沈黙が続き、俺は意を決して、重ねてた手を強く握った。
嫁の全身にピクンと緊張が走ったのがわかった。

俺「できたら、ずっとこのままでいたい……」
嫁「うん……」
俺「でも、嫁さん家族が。旦那さんが」

俺は絶対に認めないのだが、このとき俺はウルウルしていたらしい。

 

928: 882 2016/12/21(水) 00:02:21.75 .net

その言葉を聞いた嫁「……は?」
ホント拍子抜けした感じで、せっかく女性の顔になってたのに真顔に戻っちゃった。

うん、もうオチ読まれてると思うけど。

嫁「何の話?」
俺「え……と、旦那さんが……」
嫁「誰かと勘違いしてる?」

嫁は絶対認めないが、このとき涙ぐんでた。

俺「いや、この前、あの残業の日、ご家族いるって」
嫁「え? あ、うん、両親と弟ね」
俺「そうそう御両親と弟さんが……っておおおぃ!」

本当にありがとうございました。

嫁「え、あの会話で、私が結婚してると思っちゃって?」
俺「…………ワタシハカイニナリタイ」
嫁「ちょwwwwそれなら結婚してるんですか、って訊かなきゃwwww」
俺「そ、そんな訊き方したら失礼というか……勘違い野郎というか……あの時の状況でそんな訊き方できるわけが」
嫁「そう?」
俺「そうですよ。結婚してるかって訊くのって、未婚だったら狙いますって言ってるようなものでしょ?」
嫁「そう……ですかね」
俺「そうです。狙いすぎです。あの状況ではおこがましくて言える台詞じゃないです」
嫁「でもだったら、家族いるんですよね、でも同じでは?」

……反論できない

 

929: 882 2016/12/21(水) 00:09:05.38 .net

そんな感じで、和やかではあったんだけど、なんか男女の雰囲気ではなくなってしまい、帰ることに。

で、帰り道

嫁「でも」
俺「はい」
嫁「狙いすぎ、なんですか」
俺「……はい」

手にぎられた。

嫁「彼氏いません。結婚ももちろんしてませんw」
俺「……狙っていいですか」
嫁「ちゃんと狙ってください」

ちゅーいたしました。

 

930: 882 2016/12/21(水) 00:18:19.18 .net

その後はもうホントのホントに「ふつー」に、ある日そういうことになって、ああいうことになって、結婚した。

ちなみに仕事は職務上の理由で、俺は正社員登用なる前に再度同業他社へ就職。まあ関連会社みたいなものね。
だから今は嫁と職場は違う。
そこの忘年会なので、早めに帰ってきて子供の面倒見たってわけ。

 

935: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/21(水) 13:25:40.49 .net

優秀な嫁さんGJだな

その先輩はあなたという存在が怖くてつぶしにかかってたのね
能力もあり自信家でもある。
そんな存在に同格の正社員になられちゃうちゃ困るわな

引用元:http://2ch.sc/

 



  1. 嫁「友達とご飯食べてくるね」俺「おk」→ 嫁がそのまま失踪。捜索願いは出さず → 1年後、俺「いなくなって、もう1年か... そろそろ引っ越すかな...」
  2. 空き巣を狙って泥したママさん『この税金泥棒!うちが使ってやるぅうう!』家庭裁判所の職員がぞろぞろやってきて・・・ → 職員「よりによってここで泥するなんて・・」結果・・・
  3. 嫁に黙って緑の紙を役場に提出 → 汚嫁「ウワキしてごめんなさい」俺『では義両親さん、慰謝料2000万円を^^』嫁「2000万!?」義両親「実はな・・(号泣」 → 結果・・
  4. 幹事の鞄から集金したお金が消えた。幹事『認めろ。警察行くよ』姉「私じゃない」『ほう』 → 姉「皆の持ち物検査はしたけど、幹事の鞄は確認してないよね?」 → 幹事(ピタッ)
  5. 私『結婚することになった』間男「だったら托卵しないか?俺と妊活しようよ」『ゾクゾクする。賛成』 → 後日、旦那「実家の大切な跡取りが生まれたぞー!」 → 結果・・・
  6. 嫁は綺麗な服を着て楽しそうに男と笑っていた。 そして冷徹に顔を合わすことなく離婚 → なんと2年後、元嫁が現れて…
  7. 辞表を出した翌日の朝、会議室に呼ばれ行ってみると、本社の社長を含むお偉方がズラリと勢揃いしていた → 私(何だろう?社長がめっちゃ睨んでる...)→ すると・・・
  8. 高2の娘と夫が異常な程、急に仲良くなった。娘『一緒にお風呂入ろうよ~』夫「恥ずかしいから無理」私(関係持ってるかも・・) → 後日、夫「…」私「!?」なんと・・・
  9. 退職金の数百万と貯金が消えてた。俺「多い時で80万も降ろされてる」嫁『わからない』 → 俺『興信所と弁護士に相談する』警察フル装備で自宅に来襲 → すると・・・・
  10. 結婚を考えていた彼女を高級レストランに連れて行った。俺(なんだコレ…凄くマズい!)彼女「美味しいね^^」俺(こいつどんな舌してるんだ…?ダメだ別れよう) → 数年後、偶然そのレストランを訪れると… シェフ「実は…」俺「!?」衝撃の真実を知った
  1. 嫁がフリンしてたから証拠とって嫁に突きつけた。平行して水面下で弁護士通して間男に慰謝料請求したら… 嫁「影でコソコソ慰謝料とかとってるのが気持ち悪い」俺「元々陰でコソコソしてたのは自分らだろ?」嫁「じゃあ何?私浮気してまーすwwwとか言えば良かった訳?」
  2. 結婚前からの二股。まぁよくある話。妻「ウワキしたのは悪かったけど、離婚したくない!」夫「…むこうとの関係を断ち切れるのか?」妻「…自信ない」夫「」
  3. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  1. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  2. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  3. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  4. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  5. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  6. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  1. 妻が突然失踪した。一週間後、妻は霊安室で冷たくなっていた。間男は逮捕されて無期懲役だったけど…あれから17年、間男が出所すると聞いて復讐を始める
  2. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  3. エレベーターで女が「開」ボタンを押しっぱなしでこっちをチラ見。俺(何だコイツ)女『あの、早く降りてくれない?マナー違反ですよ?』 → すると、警察が駆けつけてきて・・・
  1. 父「実は昔フリンをして、その女性との間には息子がいる。認知済みだから、将来遺産相続云々にその子が関係してくる」私「え?」→ 父「名前は...」私「(その人、知ってる...)」
  2. 私は女医をしている。私「私が稼ぐから専業主夫になって!」夫「OK」→友1「夫は一流企業に勤めているの」友2「顔がイケメンなの」→私「やっぱり働いて、てか離婚して」夫「...」
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    2. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
    3. 旦那「よし、タワーマンション買おう!」私「うん、頭金5000万出すね」旦那「5000万!?」 → この5000万の出どころは旦那には言えない…
    4. トラックの長距離輸送で後輩女とペアを組まされた結果wwww
    5. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…

    1. 結婚前提にお付き合いしていた彼女に3回も衝撃を受けた。
  •  
     

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。