1. 離婚した夫に未払いの養育費を請求。元夫「俺は種なし。息子は自分の子じゃない」種なし症の診断書が届いた → 私『なんならDNA鑑定をする』夫「おk」 → 前科持ちに・・・
  2. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  3. レスでキレたら、嫁「お前ちょっと来い」→産婦人科に連れていかれた。医者「」俺(レスのほうがマシだったわ…)→なんと…
  4. 取引先の不幸で急きょ家に戻ると寝室に見知らぬ男が。俺「あの‥」男「お邪魔しました」→数日後...
  5. まとめサイトのコメント欄に酷いコメントを書いてたら、夫に怒られた。息子にもバレてもうや親としての尊厳無くなった...
  6. 念願の田舎暮らしを始めて数年後、旦那が急逝した。すると村の男達から「これが村のしきたりだ」 と迫られて...
  7. 俺が事故ってシにかけたとき。嫁母「バレないうちに別れなさいってあれほど言ったでしょ」嫁『このまま助からなきゃいいのに』→結果、嫁がシんだ
  8. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  9. コトメ「出張ある。子供お願いしてい?」私『おk』 → 私『あのさ、信じられない光景を見たんだけど・・』夫「え?」 → ウトメ「黙っててごめん」コトメに調査結果を渡すと・・
  1. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  2. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  3. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  4. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  5. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
  3. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
   

二人の一周忌を一緒に行ったのにも訳がある。「シんだとき位は一緒にしといてくれ」と恥ずかしそうに言ったオヤジの顔は、今でもはっきり思い出せる。

スポンサードリンク

http://maguro.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1519144104/
771: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:18:57.43 ID:F0M0kiXQa

オヤジとオフクロの一周忌が終わったんで、勝手に二人の馴れ初めについて書かせてください。
長文失礼します。

オヤジは田舎の特殊な職人の跡継ぎ息子。

オフクロは都会の大口な米問屋の長女娘。

そんな二人が初めてあったのは、オフクロが疎開で来ていた親戚のA家での事でした。

その当時、オヤジは母親を亡くしたばかりで、父親は年に数ヶ月も出張して帰ってこれない仕事だった事もあり、弟と二人、母親の実家であるA家に預けられていたそうです。

オヤジとオフクロは、母親同士が従姉妹だったんです。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

772: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:19:34.03 ID:F0M0kiXQa

A家での生活は、お嬢様同然の生活をしていたオフクロにとって、地獄のような毎日でした。

朝早くから畑仕事を手伝い、学校から帰ってきたら薄暗い山の中へ薪を背負子一杯に拾いに行かされる。
A家の親たちが夕御飯を作る間、オヤジの弟やA家の赤ん坊たちの面倒を見させられる。
A家の全員が風呂に入る間、ずっと外で薪の番をさせられ、やっと自分が風呂に入るときは、皆が入った後の薄汚れた温いお湯になる。
学校に行けば、田舎の子供たちと言葉使いの違いで苛められ、何度も帰りたくて一人で布団で泣いていたそうです。

 

773: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:20:04.07 ID:F0M0kiXQa

そんな事が続いていたある日、学校で苛めっ子がオフクロをからかっていたところ、その苛めっ子の襟首を掴んで引き剥がし、馬乗りになってボコボコに殴り倒した男の子がいました。

それがオヤジでした。

オヤジは、「コイツは俺の家族じゃ!家族に手を出すヤツに、俺は容赦しねぇ!覚悟があるヤツはかかってこいや!」と叫び、苛めっ子が泣いて謝るまでひたすら殴り続けていたそうです。

オヤジはオフクロに「○○さん(オフクロ)は、弟たちの面倒も見てくれる。俺たちと一緒に畑仕事もしてくれる、うちの家族じゃ。困った事があったら言いや。俺が助けてやる」と言ったそうです。

それ以来、学校で苛められる事はなくなり、A家での生活はさほど変わりはしませんでしたが、帰りたいという気持ちが少し薄れたそうでした。

 

774: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:20:30.77 ID:F0M0kiXQa

そんな疎開生活も終戦と共に終わりとなり、オフクロは都会の家族のもとへ。

オヤジは相変わらずA家の居候状態。そんなオヤジは学校を出てすぐに父親と同じ仕事の見習いになりました。

そんな出合いから数年。

オフクロも大人の女性になり、近所でも評判の美人さんと呼ばれるようになった頃のある日。

オフクロは両親から旅行に行こうと誘われ、行先も言われずに電車で観光地へ。

その観光地は疎開先と同じ県だった事から、オヤジの事を思いだしながら電車とバスに揺られて両親についていくと、なにやら立派な旅館に連れて行かれました。

 

775: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:21:02.73 ID:F0M0kiXQa

旅館の広間に家族で入っていくと、なぜかA家の面々が。

そして、オフクロが薦められた席の真正面には、オヤジが居たそうです。

オフクロはびっくりしてオロオロしていたそうですが、落ち着いてよくよく話を聞いていると、どうやらこれはオヤジとオフクロのお見合いだったようで。

オヤジは職人として腕はしっかりとしてきたので、そろそろ結婚しろと回りから言われて何度かお見合いをしていたそうですが、いつも今一つ踏ん切りがつかずに断ってばかりの状態で、いよいよ相手が居なくなったところでオフクロに白羽の矢がたった様だとの事でした。

 

776: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:21:39.17 ID:F0M0kiXQa

何度も縁談を断っていたオヤジですが、オフクロとの縁談は何も滞ることなく順調に話が進んだそうで、新婚初夜、疑問に思ったオフクロはオヤジになぜ自分と結婚する気になったのか聞いたそうです。

するとオヤジは「俺は父親と同じ仕事をしている以上、長いこと家を空ける事が多くなる。自分が子供の時に感じた寂しい思いを、嫁になる人にさせたくはなかった。」
「でも、○○さんが見合いの場に来たとき、この人なら俺の帰りを待っててくれると思った。」
「寂しい時はあるかもしれないが、それ以上に幸せにするよう頑張るから、俺と家族になってほしい。」
と言ったそうです。

その後、二人には3人の息子が出来、オヤジは肺癌で片肺を取るまで仕事を続け、オフクロはそんなオヤジを支えながら、近所でも評判のおしどり夫婦として過ごしてきました。

そんなオフクロは、高齢だったこともあるのでしょう。
ちょっと風邪を引いたみたいだと病院に行ったところ、肺炎が見つかり緊急入院。
そのまま体調が戻らずに2週間足らずであっという間に亡くなってしまいました。

オヤジはその四ヶ月後、後を追うようにやはり肺炎で亡くなり。

先週、二人の一周忌を合わせて行ったのです。

 

777: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:22:01.54 ID:F0M0kiXQa

実は、二人の一周忌を一緒に行ったのにも訳があります。

オフクロの四十九日法要の時、本当は白木の位牌から本位牌に変えなければならなかったのですが、オヤジが「俺もそんなに長く生きられる訳じゃない。本位牌は、俺が死んだ後にかあさんと連名にして作ってくれ。」と。

「生きてる時は何度も一人にした。死んだとき位は一緒にしといてくれ。」と恥ずかしそうに言ったオヤジの顔は、今でもはっきり思い出せます。

長々と書いてしまいましたが、俺のオヤジとオフクロの馴れ初めは以上になります。

長文失礼しました。

 

781: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 14:01:52.42 ID:xceKiqfY0
>>777
(´;ω;`)

 

778: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 12:42:31.37 ID:J1pF5R9YM
(´;ω;`)

 

779: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 13:09:21.57 ID:h9fNZ0TX0
>>777同じ位牌か
俺は最近死んだら細かく砕いて嫁と同じ骨壷に入れて貰いたい
嫁に言うと 私は散骨だからダメよってよ
じゃあ混ぜて撒いてくれよ

 

780: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 13:42:47.37 ID:YkqAMqKw0

「結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。 宝くじなら当たることもあるのだから。」

のセリフで有名な戯曲家バーナード・ショーは実は愛妻家で、先になくなった奥さんの遺灰と自分の遺灰を混ぜて、妻が愛した庭に埋めて欲しいと遺言を残しているんだよな。

ちなみに上のセリフは、「ピグマリオン」という戯曲のセリフで、音声学の教授であるヒギンズが花売り娘イライザを淑女にする話で「マイ・フェア・レディ」の原作。
ヒギンズ教授は当初は女性を見下し、結婚なぞ意味がないという鼻持ちならない男性で冒頭でこのセリフを吐くが、後にイライザの魅力に気付き彼女に好意を抱く

 

782: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/23(木) 14:06:11.89 ID:h9fNZ0TX0
>>780
ありがとう
勉強になったわ
俺だけじゃ無いんだな

 

783: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/24(金) 04:00:04.17 ID:Mwauha3l0
コメ問屋の長女が商売がらみじゃない見合いというのも意外。
子だくさんの次女、3女ならわかるが。
疎開にやった手前、いとこの誘いをことわれず見合いにつれていったら、本人同士が良さそうだったといったところか。

 

784: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/24(金) 07:16:23.84 ID:r56vJKkAa
>>783
777です。
オフクロは7人兄弟の6番目で、上の5人が兄、下には妹がおりました。

当時は大口の米問屋だった、とオフクロからは聞いていますが、実際どれほどの規模なのか判りません。
私が物心ついたときには、普通の米屋さん程度の規模でしか仕事をしていなかったので。

 

785: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/25(土) 02:35:51.42 ID:XppTtZy40
>>784 ご丁寧にありがとう。
上に男が5人か。想定外だった。
そのパターンなら政略抜きで嫁に出すね。

待望の娘扱いで相当可愛がられただろうし、お袋さんも疎開先での扱いはショックだったに違いない。
その中で親父さんが6人目の兄の位置づけになったのだろうね。親父さんも田舎の女子の扱いに耐えながら頑張るお袋さんに惚れたに違いない。
子供だったから妹扱いだったのだろうが。

いい馴れ初めだね。

 

786: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/25(土) 20:05:35.30 ID:ArjVz4Wl0
>>784
んで、貴方の馴れ初めは?

 

787: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/26(日) 01:33:48.24 ID:JPqxE7XX0
>>786
私の馴れ初めはオヤジ達ほどドラマチックでは無いので、ご容赦下さい。

 

793: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/27(月) 07:08:46.83 ID:d9UzHUI+a
>>787
馴れ初めはみんなドラマチックなのだから書いてみては?

 

805: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/28(火) 12:52:38.53 ID:ehE9Vjqia

787です。
>>793さんの言葉に甘えて書いてみます。長文失礼します。

私→地元から離れた大学1年、ユースホステル同好会のメンバー。

妻→大学地域の高校を出て、市役所に勤める社会人なれ1年生。

兄A→私の一番目の兄。地元から2つ離れた県で働く自動車整備士。

兄B→私の二番目の兄。大学地域の隣県(車で1時間程度)の美容室に勤める美容師見習い。


私は当時、地元から離れた大学のユースホステル同好会に所属しておりました。

妻と初めて会ったのは、その同好会OBが主宰した、中学生を連れていくサマーキャンプのボランティアスタッフの打合せの時。

私は同好会の先輩から、「手伝えば夕飯奢るぞ」との言葉に半分騙され。

妻は、中学生時代にそのキャンプに参加していたそうで、卒業後自ら手伝いを志願したとの事でした。

最初のお互いの印象は、

妻→格好良いけど、チャラチャラした軽薄そうな感じの人→私
私→もっさりしたたれ目の子狸→妻
といった感じでした。

私は妻に対し、仲間意識は有っても男女としての意識は全くないまま、その年と翌年のサマーキャンプを一緒に過ごしたのでした。

 

806: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/28(火) 12:53:59.88 ID:ehE9Vjqia

それが変わったのは、私が大学3年の時。

当時、私がチャラチャラした雰囲気だったのは、美容師見習いの兄B の練習台に時々なっていたためでした。(川崎真世さんに寄せてました。)

参加3回目のサマーキャンプの打ち上げの席で、たまたま隣に座った妻に、私がそんな風に髪を切ってもらっている話をしたところ、妻が「私、近所の床屋さんでしか切った事がない。でも美容室に行くのはなんだか怖い。一度そんな人に切ってもらいたい」と言って来ました。

そこで、次に兄Bに切ってもらう時は、妻にも一声かけるという約束をしたのです。

後日兄に電話したところ、兄は大変乗り気になり、翌月の兄の休みの時に私の部屋に泊まりに来て切ってくれる事になりました。

髪を切ることになったその日、妻は兄に「可愛くなるように切って下さい」と伝え、兄も「結構大胆に切るけれど、俺を信じてもらえる?」と言って、本当にザックリと髪を切り、ヘアアイロン等を使って大胆に髪型を変えていったそうです。

俺はその間なにもすることが無かったので、2時間ほどパチンコに行って時間を潰してから部屋に戻りました。

部屋に入ったところ、入り口に背を向けたまま椅子に座る妻と、満足そうな顔で腕を組んでいる兄が待っていました。

 

807: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/28(火) 12:54:33.56 ID:ehE9Vjqia

兄は、「どうだ!俺の自信作だ!」と言って、妻の座った椅子の背もたれを回し、私の方に顔を向けてきました。

するとどうでしょう。今まで子狸みたいだった妻が、石野真子さんのような愛嬌のある可愛い女の子に大変身しているではありませんか!

私は「うわっ、可愛い」と思わず言ってしまい、そう言ってしまった自分に驚きを隠せませんでした。

その日から私は妻の事を、仲間から女の子として意識するようになったのです。

ただ私は、兄二人が別の仕事に着いていることもあり、大学卒業後に家業を継ぐため地元に帰ることになっていた事から、妻に対して付き合って欲しいと言う事が出来ずにおりました。

そんな、付かず離れずの関係のまま迎えた翌年のバレンタイン。

私は妻から「見た目と違って真面目な貴方を好きになりました。付き合って下さい」と告白されました。

私は正直に「多分、私も妻さんが好きなんだと思う。でも、私は来年には地元に帰る予定だ。付き合ったとしてもすぐに遠くに離れてしまうと判っていて付き合うのは不誠実だとおもう。だから今までどおり友達でいてほしい」と伝えました。

すると妻は「貴方が地元に帰るときは、私も一緒についていく。それ位の覚悟はしているつもりだ。仕事はどこでも有るけれど、貴方は一人しか居ない。」と泣きながら伝えてきました。

そんな台詞に心動かされ、私は妻と恋人同士として付き合うようになったのです。

 

808: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/28(火) 12:54:59.19 ID:ehE9Vjqia

その年の春、妻を連れて実家に帰った時、オヤジから「大学卒業したら、大学の近くの知り合いの会社で4、5年技術を勉強してこい。先方には話を通しておく。」と言われ、卒業後も妻と付き合い続け。

就職して2年目に妻と結婚。翌々年に息子を授かり、予定通り5年目に実家に戻りオヤジと一緒に仕事をするようになりました。

結婚するときに兄に教えて貰ったのですが、兄が妻の髪を切るとき、妻は「○○さん(私)が好きなアイドルと同じ髪型に出来ますか?」と相談していたそうです。

しかし兄は私の好きなアイドルを知らなかったため、兄が好きな石野真子さんの髪型にしたとか。

結果オーライなので良かったと言われましたが、妻が当時石野真子写真集などを持っていた理由を知ったのは、違った意味で衝撃的でした。

私達の馴れ初めは以上になります。
再びの長文、大変失礼いたしました。

 

810: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/28(火) 16:28:34.68 ID:4YwlChf+K
>>808
親御さんの話より好きだな

スポンサードリンク


  1. パチ屋で遊んでいる両親を外で待っていたら、よく見かける男に話しかけられた。男「おじさんの家に来ないか?オムライス作ってやるぞ」俺「…うん。いく」 これが両親との終生の別れだった
  2. 俺が裏で事をすすめた結果、嫁は間男に本気になった。 嫁「何も言わずに離婚して。財産はすべて渡すから」俺は何も言わずに同意した → しかし想定外すぎる結果に
  3. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  4. 好きだった幼なじみに10年フラれ続ていたが、ついに諦めて俺は地元から離れた → 3ヶ月後、なんと俺のアパートに突撃してきたんだが… 幼なじみ「黙ってどこかに行くな」
  5. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  6. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  7. 「妻と行為」と言うタイトルで動画。ただ間男を受け入れていた妻。号泣する部下。睨みつける俺。上司「会社の顧問弁護士を呼んでこい!」→ 間男「見苦しいな」次の瞬間、トンデモナイ展開に…
  8. 俺が超美人と結婚すると双子の妹たちは驚愕の行動に出る。 俺「こいつは昔からだ!わかったら黙れ!」妹たち「小学生でw?」叔父「世界で3人だけの兄妹なんだから..」
  9. 私「免許と車検証持ってきて」新人「わかりました」→ 4日後。。 私「早急に」新人「…わかりました」なんと彼はその翌日から来なくなった → 3年後。私(あっ…そういうことだったのか!)
  10. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  11. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..
  12. 痴漢冤罪の現場に遭遇した。 俺(うわ…このjk、確かにかわいいけど被害を盛ってるぞ…)警察「謝罪して5万払って示談しな」男性「やっていない。黙秘する」俺「見てたので証言します」全員「!?」→ 結果は
  13. 写真の嫁は笑顔で楽しそうだった。俺(この感じなら離婚に反対しないだろう…) しかし嫁は「離婚したくない」 → そのとんでもないウワキの理由、そして意外な結果

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。