1. 妻「私、夜の営み嫌いだし子供も欲しくない」夫「奇遇だな俺もだ、俺達うまくやれそうだな!(貞操観念がしっかりしてるな!)」 → この二人が結婚してしまった結果…
  2. 嫁「私たち別れましょう。別に他に好きな人が出来たんじゃなくて、お互い相性が合わなかったと思う」 俺「本当に離婚でいいんだな?もう後戻りはできないぞ?」 嫁「うん!」 俺「ではこれにサインと印鑑をしてくれ」 → 俺は全てを知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手も
  3. 娘(15)「ママに『本当のパパ』を紹介されたんだけど…」俺「!?」娘「私のパパはパパだけだから」 → その『本当のパパ』はなんと…
  4. 元嫁の浮気で俺の完全敗北。間男のハイステータスに揺れた元嫁に失望と絶望を味わされた。 → しかしそんな俺を救った今嫁の一言は…
  5. フリンの復讐。それは結納直後の内容証明。監視していたとしか思えない絶妙なタイミング 「どうやら、えらい人を敵に回してしまった…」
  6. 親戚宅の雪掻きを終えた夫が、休まずに早く帰ろうと言い出した。何故かと聞くと「気づかなかったのか?周囲の視線に…」 私は恐怖した
  7. 子供が俺に似てないのでDNA鑑定。結果は「親子関係0%」 俺「どういうこと…?」嫁「…経験は(俺)だけです」 → そして判明した真実は壮絶だった
  8. かなりモテてた俺の彼女。派手で気が強い女だったので交際費は全て俺が負担していた。 → 付き合って2年後、彼女は衝撃的な事を言い出した
  1. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  2. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  3. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  4. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  5. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  1. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  2. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  3. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  1. 嫁の托卵に気付いた義弟は、絶好のタイミングで嫁と娘に復讐を開始した。こんな復讐の仕方もあるのかとゾッとした
  1. 大学時代から5年つきあった婚約者に式直前で浮気された。相手は後輩。学生時代から隠れて婚約者にアプローチをし続けていたらしい。 → そして10年後の現在は…
  1. 【復讐】彼女が男の家に泊まった事を知り、問い詰めたら号泣して逃げ切ろうとした挙げ句「キッパリ断る?そんなの社会じゃ通用しない」と開き直った。こいつどうしてくれようか…
   

不妊の正妻「夫と血のつながった子供を作ってほしい。しかし、生まれる子は夫に会っていいが貴女はダメ」母「おk」 → そして生まれたのが私だが、正妻のシ後、私にもまさかの修羅場が…

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1534037451/

381: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:02:14 ID:6qx

私は所謂妾の子。
父はわりと浮気当たり前な仕事で、正妻もそれを承知。

不妊だった正妻はまわりから離婚しろと言われていたらしいが、何より父が正妻と離婚したくなかったらしく許否。

途中で、正妻から父の血のつながった子供を作ってほしいということで、不倫相手を作ることを推奨されたらしく、すべて承知の上で私の母が不倫相手となり、妊娠出産。
その後は取り決めで、私と父は会っていいが、母と父はダメだった。




父はものすごく稼いでいたから、自宅にもうちにもお金をいれていたし、自分の家が特殊だとは思っていたけど、所謂サラリーマンとは違うし、そんなもんかと思っていた。
正妻も母も父が大好きだということはわかっていたんだけど、父はどうだったのかはいまだにわからない。

大人になってから母と話していたときに、「あの人と会えないけど子供が産めた私と、毎日一緒に暮らせたけど子供の産めない正妻さん、どっちが幸せだったんだろう」というのを聞いて、なんともいえない気持ちになった。

で、何が修羅場かというと、私の名前。

父の名字に入ってる音をそのまま使ってる。
フェイクだけど、父が朝比奈だったら私はあさひとか、藤田だったら富士子みたいなことね。

万が一父と結婚したくなっても、私の名前が変になっちゃうから思い止まれるようにそうしたらしいけど、この前正妻が亡くなって、母はあっさり父と再婚。

私、朝比奈あさひ、藤田富士子みたいな名前になったんだけど。
そして再婚後にすぐ父もなくなり、父と母は結局一度も一緒に暮らすことのないままだった。
憔悴している母を見て、あーなんか私って結局この二人のおまけなんだなーと思うとふっきれて母とは疎遠になった。
朝比奈あさひ、本名ですよ!で一発で名前覚えてもらえるから、この名前も営業職の今は重宝してる。

でも、名乗る度にちょっと微妙な気持ちにもなる。

382: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)01:56:58 ID:d68

お母さんも可哀相だな。ってちょっと思ってしまった

大人三人、勝手過ぎるんだけどなんか悲しくなったわ。一番の被害者は子供だよね本当

 

383: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)02:59:48 ID:6qx

>>382
ありがとう。
でも母も最初から事情わかった上でその立場になってるから、自己責任かなと思うよ。

大人三人は、本当勝手だよね。
父は芸術系の仕事で、感性とか考え方が普通の人とは違っていたし、だからこそ成功したんだろうし、その違っていた部分含めて魅力だったんだろうから、仕方ないと思ってる。

母も正妻も、父が好きだったけど、二人は考え方とかは普通の人たちだったから幸せではなかったのかもしれないと思う。

父は私を可愛がってはくれたけど、やっぱりそれも親子だからというより、単純に子供という概念のかわいさというか、父の感性にピンと来るものがあってその部分を可愛がってもらったというか、なんというかちょっと距離は感じていたな。

 

384: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)05:22:56 ID:fhs

>>383
何とも言えない複雑な話だけど、虐待とか経済的な生活苦とかでなくて良かった。
実父正妻実母、みんな自分のエゴで生きてると思う。
それにその実母の言い方…どこかで正妻に優越感を持ちたかったのか…って探っても意味無いけど。

実母と疎遠になって正解かもしれない。
あなたはこれからの人生を自立して幸せに生きてほしいと思う。

 

386: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)06:23:01 ID:uEH

父親にとって正妻が一番だったんだろうね。
言われるままに他の女性と子供を作り、子供が生まれた後は平気で接触を断つってあなたのお母さんの事を考えてるとは思えないもの。

大人のエゴに巻き込まれたあなたが気の毒だと思ったけど、運命を逆に利用してるところに頼もしさを感じたよ。

あなたの人生が幸多からん事を祈る。



  1. 空き巣を狙って泥したママさん『この税金泥棒!うちが使ってやるぅうう!』家庭裁判所の職員がぞろぞろやってきて・・・ → 職員「よりによってここで泥するなんて・・」結果・・・
  2. 結婚を考えていた彼女を高級レストランに連れて行った。俺(なんだコレ…凄くマズい!)彼女「美味しいね^^」俺(こいつどんな舌してるんだ…?ダメだ別れよう) → 数年後、偶然そのレストランを訪れると… シェフ「実は…」俺「!?」衝撃の真実を知った
  3. 嫁に黙って緑の紙を役場に提出 → 汚嫁「ウワキしてごめんなさい」俺『では義両親さん、慰謝料2000万円を^^』嫁「2000万!?」義両親「実はな・・(号泣」 → 結果・・
  4. 高2の娘と夫が異常な程、急に仲良くなった。娘『一緒にお風呂入ろうよ~』夫「恥ずかしいから無理」私(関係持ってるかも・・) → 後日、夫「…」私「!?」なんと・・・
  5. 私『結婚することになった』間男「だったら托卵しないか?俺と妊活しようよ」『ゾクゾクする。賛成』 → 後日、旦那「実家の大切な跡取りが生まれたぞー!」 → 結果・・・
  6. 退職金の数百万と貯金が消えてた。俺「多い時で80万も降ろされてる」嫁『わからない』 → 俺『興信所と弁護士に相談する』警察フル装備で自宅に来襲 → すると・・・・
  7. 辞表を出した翌日の朝、会議室に呼ばれ行ってみると、本社の社長を含むお偉方がズラリと勢揃いしていた → 私(何だろう?社長がめっちゃ睨んでる...)→ すると・・・
  8. 嫁は綺麗な服を着て楽しそうに男と笑っていた。 そして冷徹に顔を合わすことなく離婚 → なんと2年後、元嫁が現れて…
  9. 嫁「友達とご飯食べてくるね」俺「おk」→ 嫁がそのまま失踪。捜索願いは出さず → 1年後、俺「いなくなって、もう1年か... そろそろ引っ越すかな...」
  10. 幹事の鞄から集金したお金が消えた。幹事『認めろ。警察行くよ』姉「私じゃない」『ほう』 → 姉「皆の持ち物検査はしたけど、幹事の鞄は確認してないよね?」 → 幹事(ピタッ)
  1. 結婚前からの二股。まぁよくある話。妻「ウワキしたのは悪かったけど、離婚したくない!」夫「…むこうとの関係を断ち切れるのか?」妻「…自信ない」夫「」
  2. 嫁がフリンしてたから証拠とって嫁に突きつけた。平行して水面下で弁護士通して間男に慰謝料請求したら… 嫁「影でコソコソ慰謝料とかとってるのが気持ち悪い」俺「元々陰でコソコソしてたのは自分らだろ?」嫁「じゃあ何?私浮気してまーすwwwとか言えば良かった訳?」
  3. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  1. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  2. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  3. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  4. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  5. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  6. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  1. 嫁が妊娠!?喜ぶ俺を地の底に叩き落した嫁の言葉は、「あんたの子じゃないから勘違いしないで。育てさせてあげるけど、父親ヅラはしないでね?」 衝撃の事実は他にもあって…
  2. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  3. 妻が突然失踪した。一週間後、妻は霊安室で冷たくなっていた。間男は逮捕されて無期懲役だったけど…あれから17年、間男が出所すると聞いて復讐を始める
  1. 父「実は昔フリンをして、その女性との間には息子がいる。認知済みだから、将来遺産相続云々にその子が関係してくる」私「え?」→ 父「名前は...」私「(その人、知ってる...)」
  2. 主婦「トルコリラで1200万円失いました、買ってからただの一度もプラスになったことはありませんでした」
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
    2. 旦那「よし、タワーマンション買おう!」私「うん、頭金5000万出すね」旦那「5000万!?」 → この5000万の出どころは旦那には言えない…
    3. トラックの長距離輸送で後輩女とペアを組まされた結果wwww
    4. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    5. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…

    1. 俺は常人より種が少ないので、医者から子供は望み薄と言われているwwwこの事は嫁も知っているのだが…今日、嫁から信じられない報告がwww
  •  
     

    2件のフィードバック

    1. 名無し より:

      愛人作ってまで必要な子供なのに
      女だとあっさり違う仕事させるんだね歌舞伎界って

    2. 名無し より:

      中村基地衛門が可哀相(棒

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。