1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:01:15 ID:7Hi

夜だしゆるゆると語っていく。
書き貯めしてないが良かったら読んでくれ。

俺32歳 三流会社員。ブサ面。マジで取り柄無し。
嫁28歳 超美人。ありとあらゆる面で能力高し。

 

2: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:01:51 ID:2P8

ほうほう

 



4: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:02:38 ID:mjr

なんで結婚できたの

 

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:04:00 ID:7Hi

>>4
謎。だが、今仮説があって、その理由がサイコパス感あり

 

 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:02:39 ID:99P

釣り合わなすぎだろw

 

 

6: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:03:31 ID:7Hi

二人の出会いは幼稚園の頃だった。
嫁は当時の女友達の妹で、病気だった。

その子の親に「遊んでやって」と言われて、何となくゲームとかカードの話をしてやった。
内心俺は楽しくなかったが、その子のお母さんはいい人だったので期待に応えたいみたいな感じで
当時の嫁に優しくしてた。

 

 

8: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:05:15 ID:DqJ

幼稚園の年長さんでも相手2歳か……

 

 

10: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:07:58 ID:7Hi

>>8
すまん、幼稚園なのは彼女の方な。

 

 

9: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:07:20 ID:7Hi

小学校に上がっても嫁とはちょこちょこ絡んだ。
4つも年齢が違うのに4歳年上の男子と互角に渡り合うRPGのやり込みとカードのコレクションをしていた。

小学校5年生からモデルの仕事を始め、同時に某スポーツと作文で市から表彰されるほど才女だった。

そんな彼女が中学2年生の時、おれは彼女に告白された。

 

 

12: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:09:01 ID:n1f

>>9
裏山C

 

 

14: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:10:35 ID:7Hi

この時の彼女は地域でちょっとした存在となっていて、
一方俺は「モテないけどそれが青春」みたいな男だったので、
相当戸惑った。
全然そんな目で見たことなかったし。

彼女の告白は何ていうか女の子っぽくなく、
凛々しい感じでまっすぐ目を見つめながら言われた。

 

 

16: 反発力◆7kPN4vZgtU 2016/06/19(日)01:12:08 ID:J0Q

ここからどうなっていったのか

 

 

19: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:13:57 ID:7Hi

場所は高校の帰り道で、モテない連合の友達と一緒だった。

俺は恥ずかしさもあり、4つ下の女に翻弄されたくないみたいなプライドもあり、
モテない連合を裏切る感じも嫌で普通に断った。

「ごめんなさい」と半笑いで応じた。
(「ちょっと面白いけどもうちょっと大きくなってからねー」的な大人な態度をイメージ)

彼女は凛とした表情で「・・・わかった」とだけ答えて、粘ることなく去っていった。

 

 

20: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:16:06 ID:7Hi

当時俺はランニングを趣味としていたが、
2週間以上も彼女のことが頭から離れなかった。

「告白されると意識してない相手でも意識するようになる」みたいな理屈が
言われていた時代だったが、まさにその通りだった。

告白から3週間後、彼女がアポイント無しで家に来た。

 

 

23: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:19:09 ID:7Hi

彼女は明らかに「勝負」をかけてきていた。
もともと美人ではあったが、モデル業で洗練された絶妙なファッションとメイクで、
俺はドアを開けた瞬間言葉を失った。

彼女は表情を優しく崩すとゲームを取り出し、「これ一緒にやりたい」と言ってきた。
強力プレイ型の単純なアクションゲームだった。

彼女を部屋に上げた

 

 

28: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:23:15 ID:7Hi

ちなみにこの後彼女は日本トップクラスの大学を総なめにするほどの成績だった。
一方俺は偏差値50程度の高校で、大学も同様。

つり合いが取れなさ過ぎてテンション上がるどころか、
いたたまれず、「早く帰らないかな」とか思いながらゲームをしてた。
彼女は楽しそうにしていたので、年上の貫禄みたいなものを見せつけるために、
虚勢をはって俺も楽しそうにゲームに付き合った。

 

33: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:27:16 ID:7Hi

突然彼女がゲームに飽きたかのようにベッドに横になった。
「はー」と深いため息をついて上着を脱いで、
こっちを見た。

どういう空気かには気付けたが、俺はDTだったし、
年上のプライドみたいなものもあったし膠着するばかりだった。

そんな彼女は「お父さんのお酒持ってきたんだけど、飲む?」と俺に言った。

 

 

37: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:30:51 ID:7Hi

当時未成年だったが、やはり舐められなくなくて「いいね」みたいな感じで答えた。

酒は洋酒の小さなボトルのもので、アルコール度数もそんなに高くなかった。
酔いはしなかったけど、「お互い酔った」という共通認識が生まれて、
俺は唐突に「キスしていい?」とか聞いてしまった。

彼女はそれには答えず殆ど間髪入れずに俺の唇を包むような形でキスをしてきた。

 

 

42: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:33:58 ID:C3r

最近サイコパスっていう単語使われ過ぎじゃない?
言いたいだけやんけって思ってしまう

 

 

44: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:34:33 ID:7Hi

DTの俺はそれだけで今日はもう充分!という感じだったが、
彼女はゆっくりと服を脱ぎ始めた。
スポーツブラでうっすら腹筋が割れたのを覚えている。

俺は動揺しまくったが、ここにきてもまだ平静を装おうと、
「へえ~こうなってるんだ」と彼女のアレをいじりまわした。
彼女は感じながらも穏やかな感じで、「そちらがよければ私はいいよ」というスタンスで
俺のやりたいようにやらせてくれた。

 

48: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:37:39 ID:7Hi

彼女の中に入った瞬間だけ彼女は痛がるような声を上げた。
肉を無理やりこじ開けるような感覚があったのでショ女だったのだと思う。
俺は上手く立ち回れず、射セイまでにずいぶん時間がかかってしまったが、
彼女はずっと変わらないテンションで俺を受け止めてくれた。

 

 

50: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:38:54 ID:p0g

貞操観念は完璧からほど遠かったか。。。

 

 

51: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:39:30 ID:7Hi

その一件で二人は付き合ったことになった。

今考えると青臭いが、俺は「もうDTではない自分」
「超可愛い彼女がいる自分」に酔いしれて、
その手の話を周囲に吹いて回りまくった。

結果、ものの数日で俺の方が彼女と別れたくないとか思う始末。

 

 

54: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:42:09 ID:7Hi

彼女との交際はその後何年も続いた。
俺は冴えない大学生だったが、彼女は年々ものすごい人物になっていった。

俺が新卒で普通のリーマンになる頃、
彼女は既にかなりの額を稼ぐ女になっていた。
(事業内容は特定防止で伏せさせてください)

 

 

55: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:44:12 ID:7Hi

彼女とのデート中、あるいは待ち合わせ中、
彼女がほかの男にナンパされたりするシーンは何度も見た。
で、俺が現れると相手の男は「うそでしょ」みたいな顔になった。
これは本当に苦痛だった。

 

 

56: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:45:30 ID:7Hi

一番大きな出来事としては、
某企業(誰でも知っているようなレベル)の社長が彼女に言い寄ったこと。
これは彼女が別の力で解決していたが、
ここまでくるともう完全に俺のレベルの範疇じゃなかった。

 

 

57: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:46:46 ID:7Hi

しかしひとたび彼女に会うと彼女は素晴らしかった。

まず女には珍しいことだが話がすげー上手い。
冗談とかジョークとか、本当に面白い。
うんちく系の話の引き出しも嘘かと思うほど豊潤にある。

 

 

58: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:49:14 ID:7Hi

次に料理やら家事やらが完璧。
外食するより彼女の手料理を食べたいと思えるほど美味い。

この後彼女と結婚することになるのだが、
俺の年収の実に10倍以上の金を稼ぐのに、家事も全て完璧にこなしてくれる。

俺はどんどん不安になっていった。

 

 

60: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:51:28 ID:N5e

>>58
紐にもなれるのに紐にならない男気いいっすねぇ

 

 

59: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:51:04 ID:7Hi

一体俺の何が彼女を射止めたのだろう?
マジでわからない。

精神が崩壊しかけて、ある日を境に俺は彼女を詮索するようになった。

そこで思いがけない事実が明らかになった。

 

 

66: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:54:33 ID:7Hi

彼女はシンデレラが好きだったのだ。

シンデレラ以外にも「貧しく恵まれない女の子のもとに、ある日王子様が現れる」という
そういう童話を特別好んで読んでいた。
マイナーなものからメジャーなものまで本棚にはそれ系の作品がギッシリ詰まっていた。

「まさか・・・」と俺は思った

 

 

67: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:55:35 ID:UWD

だから彼女にとっては並以下の男でなきゃ駄目だったと?

 

 

72: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)01:57:50 ID:7Hi

彼女が・・・嫁が俺を選んだのはヒロインでなくヒーローに憧れていたからだったのだ。

自分が弱者を夢の世界に導く圧倒的存在として輝くことに恍惚する女だったのだ。

他にも証拠は有り、それは端折るが、
彼女は俺への愛情ではなく、そういう自分の自己実現のために俺を選んだことは
殆ど間違いない。

 

 

75: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:00:09 ID:7Hi

このことに気付いた俺は、尊厳を傷つけられ大激怒した。
しかし何をどうあがこうとすべての能力は彼女の方が上だった。

俺の年収からは絶対不可能な今の生活からももう降りられない。

俺の人生は豊かかもしれないが嫁の傀儡人生だった。

 

 

77: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:02:23 ID:7Hi

まあぼちぼち話は終わるが、
自己効力感の無い人生ほど切ないものはないぞお前ら・・・ということが言いたかった。

貧しくても自分の存在が無くてはならない相手と結ばれろ。
これが傀儡となった俺からの忠告だ。

おわり。

質問あれば受け付ける。

 

 

76: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:00:58 ID:N5e

>>75
リーマンなら一人で暮らせるだろ

 

 

79: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:03:50 ID:7Hi

>>76
何一つ落ち度のない完璧な嫁を相手に離婚などできない。
こちらが多額の慰謝料払ったとしても、結局は嫁に絡めとられる。

 

 

84: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:05:07 ID:N5e

>>79
なら実はホモでしたってことにしろよ

 

 

93: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:10:52 ID:7Hi

>>84
無理やり離婚したとしても逃げ切れない。
金銭的にも人間関係的にも肉体的にも、必ず仕留められる。
上手く言えないが、必ずそうなる。

 

 

98: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:15:07 ID:N5e

>>93
>>1は僕は嫁に飼われてます
こんな自分って可哀想でしょってアピールばっかしてる
抗えよ
まずは問いただせよ
本当なら怒れよ
その為の右手だろ
その為の拳だろ
一転攻勢しろよ

 

 

107: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:23:05 ID:7Hi

>>98
叩かれるの覚悟で書くが、
かなり暴力的に嫁に詰め寄ったことがある。
グーではないが平手打ちした。
でもダメだった。

嫁は土下座し、涙目で俺を謝罪しながら抱きしめ、
最終的には「殴られて嬉しい」的なことまで言っていた。
ドン引きしたが、その直後作る嫁の飯は超美味いし、
雑多な書類関係も完璧にこなしてくれるのを見ると、
それ以上何も言えなかった。

 

 

110: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:24:20 ID:N5e

>>107
言いくるめられてるじゃん

 

80: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:03:55 ID:I4c

なんか>>1の思い込みで奥さんが捨てられたように読めたんだけど

 

 

82: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:04:27 ID:SOJ

>>80
俺も思った

 

 

83: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:04:49 ID:I4c

あ、ごめん
離婚はしてないのか

 

 

81: 名無し 2016/06/19(日)02:04:20 ID:w31

セッ〇スは毎日してるの?

 

 

90: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:08:42 ID:7Hi

>>81
毎日ではないがしている。
向こうは超上手い。
前戯無しでも濡れてて文句ゼロだし。
むらむらするなーとか思ってると自然とフ〇ラしてくれる。
こっちは白旗挙げて最近はずっとマグロ。
それでも嫁は愛してくれる。

 

 

86: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:07:40 ID:wue

>他にも証拠は有り、それは端折る

ここを書いて貰わないと >>1がただただ嫁に卑屈になってるとしか思えない

 

 

95: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:12:03 ID:7Hi

>>86
ここを語ると特定になるのでぼかさせてくれ。
例えば嫁の日記・・・とか。
これ以上はごめん

 

 

96: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:12:33 ID:I4c

>>95
そんな決定的なものだったのか

 

 

102: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:17:29 ID:7Hi

>>96
決定的。
感覚として理解はできないが理屈として何とか理解できる感じ。

 

 

104: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:19:16 ID:I4c

>>102
結婚するに至ったもともとの原因がこれなのか
現在も妻から見て愛されてはいないのか
ここ重要だと思うんだけど

 

 

112: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:25:41 ID:7Hi

>>104
嫁は俺を溺愛する自分を溺愛してるんだと思う

 

 

113: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:27:06 ID:I4c

>>112
ずっげーお前の味方をしてやりたいのにいまいち嫁が悪く見えないのはなんでだろう

 

 

119: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:33:27 ID:7Hi

>>113
嫁は何もかも完璧だからな。
頭脳・運動神経・容姿・家事・仕事・育児について完璧で、
しかも三流の夫の無茶な言い分にも完璧な対応で応える。

周りの人間は嫁を大絶賛してるよ。
もうアラサーなのにいまだに口説かれまくるし。

 

 

87: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:07:53 ID:UWD

嫁視点では1を飼ってるようなものか
でもって嫁はどう考えてるんだ

 

 

89: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:08:18 ID:I4c

嫁の考えが知りたいところだよな

 

 

99: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:15:07 ID:7Hi

>>87
>>89
俺も分からん。

一番いい例えは「恵まれない奴隷に一度親切にしてもらった貴族が、
永遠にその奴隷を最上級にもてなす」みたいな
ロマンチックストーリーに脳みそが焼かれてるキチ●イ

 

 

101: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:16:54 ID:I4c

>>99
日記にそう記されていたのか、読み方によっては本当に>>1が卑屈になってしまっただけなのかわかんないのよね

 

 

105: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:20:57 ID:wue

>>99
やっ つかそれって嫁が>>1に一生を捧げる恩を感じての事じゃなくて?

例えば日記に~してやった もっと私との格差を思い知れとか書いてたわけじゃないんでしょ?

 

 

112: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:25:41 ID:7Hi

>>105
そんな理性的な文章じゃない。
自分の美談に酔いまくった文章。

 

91: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:09:14 ID:I4c

ノロケだった

 

 

94: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:11:10 ID:7NF

俺も完璧人間に会いたいんだけど、どうすればいい?

 

 

100: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:16:30 ID:7Hi

>>94
会わない方がいい。
多少不器用でもお前が彼女をリードできる機会を持てる女を探せ

 

 

97: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:13:19 ID:UWD

子供はいない?

 

 

103: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:18:33 ID:7Hi

>>97
年齢は言えないが一人います。
これも別れられない理由の一つです。

 

 

108: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:23:33 ID:UWD

うーん、少なくとも嫁にとっては
1の子供産む程には関心持ってるわけか

こういう夫婦にありがちな話として実は托卵で旦那はATMとかあるけど
嫁の方が圧倒的に高収入だからATMはないし・・・
子供は1と嫁それぞれをどう思ってるんでしょうね

 

 

114: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:29:26 ID:7Hi

>>108
托卵ではない。
圧倒的存在である自分に酔ってる感じ。
俺にデメリットないが、ただただ無力感がある。

 

 

116: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:29:46 ID:Qbl

自己陶酔型のナルシストなんだな
けど、自分を愛している以上、自分の子供も子供の父親も愛しているから
この愛は本物だろう
ただ、>>1が自分の男としての立場を持てないのが不満なんだろ
贅沢な奴

まあ、自分に誇れるものを一つくらい持てば変わるんじゃね
嫁と対等になれるチャンスにはなる

 

 

117: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:30:34 ID:7NF

>>116
これ

 

 

120: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:33:52 ID:n6O

>>116
これだな
>>1を愛しているのは間違いない
ここまで愛されるとか羨ましいわ

 

 

118: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:32:53 ID:wue

てか 傀儡だと卑屈になってるぐらいだったら夜の夫婦生活ぐらい 嫁をヒーヒー言わせるぐらい頑張れよ なんだマグロって だいたい嫁は>>1としか経験ないのに嫁の方が上手いってどうゆう事よ?

 

 

126: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:41:17 ID:7Hi

>>118
これは俺も思ったが無理だった。
嫁は運動系でも3種目においてタイトルホルダーで、
太刀打ちできない。
その上創造力も半端なくて常にこちらの予想外のことを仕掛けてくる。
(チツ内放ニョウもしたし、3pもした)

 

 

133: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:44:19 ID:n6O

>>126
別に特別変わったことする必要はないだろうよ
嫁の弱いところとか好きなプレイとか研究してやってやりゃ良いだけだし

 

 

135: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:49:55 ID:7Hi

>>133
だから次元が違うんだって。
俺レベルが向こうを圧倒できるなんて無理。
逆はあるけど

 

 

139: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:54:01 ID:n6O

>>135
なんかお前の考え方自体も歪んでる気がする
別に発想とか技術とか競う必要はねーだろ
お前にしか出来ないことがあればそれだけでもう嫁にとってはお前の存在価値が増すわけだし

別にセッ〇スに限らずとも嫁のことをよく知り尽くしてるお前にしかできないことなんていくらでもあると思うがな

 

 

145: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:59:56 ID:7Hi

>>139
わかるよ、お前の言い分。
でも本当、俺と嫁の能力差は圧倒的すぎるんだ。
アタマがいいだけならセッ〇スでリードできるかもしれないけど、
嫁はセッ〇スもうまいんだ。

 

 

146: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:02:08 ID:n6O

>>145
いや、わかってねーよ
嫁がどうこうと言うよりお前が相手の上に立ちたいだけのガキにしか見えんわ

 

 

125: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:40:07 ID:jxw

嫁サイコなんかな
メサイアコンプレックスに近いんじゃね?

 

 

130: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:44:03 ID:7Hi

>>125
いや、おれにのみ優しくしてくれる。
仮に俺を傷つけるやつがいたら巧妙に始末するんじゃないかと思う。
わりとマジで。

 

 

138: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:53:25 ID:jxw

>>130
ヨメはサイコってほど良心が欠如してて、自己中心的で、平気で嘘つくんか?
幼少の頃の影響で対象が一人なだけで、メサコンの亜種かと思ったが

 

 

127: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:42:22 ID:t13

でもやっぱさ
「俺の彼女ってこんなすげーんだぜ」と思ったわけだし
そのツケじゃねーかと思う

 

 

134: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:46:02 ID:7Hi

>>127
つけがでかすぎる希ガス

 

 

129: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:43:34 ID:cPh

イッチは子どもを大切にしてやってください

 

 

132: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:44:12 ID:Qbl

3Pとな?
男1女2か?
まじで?
羨ましい

 

 

140: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:54:39 ID:7Hi

>>132
3Pについては複雑だが、人も少ない時間なので語る。

俺は嫁に対する苛立ちがマックスになっていて、
唯一嫁に勝る俺の能力に気付いた。

それは「俺の方が性体験の面で嫁に勝ってる」ということだった

 

 

141: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:56:43 ID:7Hi

嫁の上からな感じにイラついていた俺は、嫁とのハメ撮り動画を
10個以上離れた中年オッサンに送りつけ、
「今度3pしませんか」とヤケクソでメールを送った。

オッサンはすぐに具体的なスケジュールを決めた

 

 

142: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:56:52 ID:UWD

嫁以外とも付き合った事あるのか

 

 

143: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:57:46 ID:7Hi

>>142
ええと、青臭い感じで脳内補完してくれ

 

 

144: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)02:58:06 ID:n6O

やっぱり>>1の方がやベーやつにしか思えない

 

 

147: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:02:49 ID:7Hi

続き。

あの時の俺は精神状態がマックス悪い時だった。
オッサンに「3pしましょう」とかメールを送って嫁にもこれを承諾させた。

嫁は嫌がったが「俺が最高に興奮するところ見たくないのか」という言葉と、
ゴムをするということで最終的には納得した。

 

 

149: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:04:50 ID:7Hi

オッサンの提案はスワッ〇ングだった。
オッサン(妻子アリ)にも彼女はいて、
俺とおっさんの彼女、俺の彼女とおっさん

・・・がセッ〇スすることになった

 

 

150: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:06:18 ID:7Hi

おっさんの彼女は俺よりも5個も年上で全然可愛くなかった。
だが、おっさんとセッ〇スする彼女はいぜん美しかった

 

 

151: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:08:27 ID:7Hi

オッサンにはゴムを付けてもらっていたが、
オッサンがいきそうになるとさすがに俺の心拍数も上がった。

オッサンは「い・・イク・・・っ!!!」とか叫んだ

 

 

152: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:09:26 ID:7Hi

当然貫かれているのは俺の嫁だ。

感じまくって顏を真っ赤にしている

 

 

154: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:10:58 ID:Qbl

これは、ダメな奴だったな
ネトラレ属性ありだったか

>>1が憐れに見えてきた

ごめん
お前には付き合いきれん

 

 

157: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:13:16 ID:n6O

>>154
嫁以上に性格歪んでるよな、こいつ
しかもそれでいてプライドだけは無駄に高い

 

 

155: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:12:27 ID:wue

ごめーん 1抜けー すんげー真面目に1の味方になろうと思ったけど ちっせぇープライドの劣等感 卑屈感にしか見えなくて味方になーれーなーいー 1ごめんねー?

 

 

156: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:12:47 ID:7Hi

ゴムアリとはいえ、おっさんは彼女の中に射セイした。
かなり長い時間だった。

ほどなくして俺も射セイした、おっさんの無細工彼女相手にだ

 

 

167: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)09:39:30 ID:7cq

>>156
>ほどなくして俺も射セイした、おっさんの無細工彼女相手にだ

おっさんから見れば、おっさんもそう思っていた可能性も否定できないぞ。

 

158: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:14:04 ID:UWD

色々歪んでると思うが続きはよ

 

 

159: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:14:32 ID:7Hi

その日の晩、

俺は内心ぐちゃぐちゃだった。

相手を傷つけるつもりが自分が傷ついた。
そして彼女はそれを見越していた。
全ては俺のためのイベントだった

 

 

160: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:15:47 ID:N5e

>>1は多分おーぷんで一番あほ

 

 

161: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)03:20:47 ID:8IF

勝手に自分でプライド傷付けて更に酔いしれててワロタ
気持ち悪いわ

 

 

178: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)20:36:51 ID:zeV

やっぱ>>1がクズなだけやーん