1. 私「元彼は元気かな」とつぶやいたら同僚の顔がこわばった。同僚『実は・・・』 → 私「(言葉がでない)」想 像 を 遥 か に 超 え る こ と を 聞 か さ れ た
  2. 妹「お父さんの後にお風呂入りたくない」母『お父さんは家族のために毎日働いてる』父「そんなの年頃にならよくあること」 → し か し 、 後 日 ・ ・ ・ ・ ・
  3. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  4. 旦那から電話がきて『理由は後で話す。今すぐ娘と一緒にお前の実家に逃げろ!』私「え?わ、わかった!」『絶対に電車を使うな。車で行け』 → 実家に着いて理由を聞いて戦慄した
  5. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  6. 会社を退職後、元同僚から連絡がきた。『私子さ、変なこと訊くけど、モデルで自費出版の予定とかないよね?』私「ないよ?」『あのね・・』 → 裏でとんでもない動きになってた・・
  7. 私「身内の手術のため数日休みをいただきたい」そこに噛みついたAさん『その日は全員出社の日だから駄目』泣く泣く撤回 → 当日、A さ ん お 休 み。悲惨な事になってたwww
  8. 氏にたい衝動のまま山中湖へ行ったら女の子がいた。私「1人なの?一緒にご飯行かない?」女の子『オッケー^^』 → 帰り際、衝撃的なものを見てしまった・・・
  9. 嫁が大好きな俺『離婚してください』嫁「はぁ?何それ!いいよ持ってきなよ離婚届け!」持ってきてサイン。嫁「しばらく実家に帰る!」 → 次の日サクッと役所に提出した結果www
  1. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  2. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  3. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  4. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  5. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
  3. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
   

俺「今に見てろ! 絶対親子3人で幸せになって見返してやる!」 子供を置いて男と出て行った元嫁を見返すための7年間。その結果は、なんと…

スポンサードリンク

917: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)18:55:24 ID:YRC

では長文吐き出し

7年以上前、嫁が一回りも下の独身男と浮気をし、離婚となった。
子供は長男と長女の2人で当時7歳と5歳かな?
この子らの親権は俺がほぼ争う事なくもらった。

妻は子供には愛情はあったかと思うが、色々な理由でいつでも会えると思い込んでいた。
なので慰謝料も養育費も払おうとしなかった。
この辺は詳細は省く。

俺は出て行った妻に
「今に見てろ!絶対親子3人で幸せになって再婚もして見返してやる!周囲に自分を認めさせてざまみろと言ってやる」
と復讐を誓った。

俺は親戚たちの協力の中、親子3人の暮らしをスタートさせた。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

918: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)19:03:15 ID:YRC

父親1人で健気に育児を頑張るお父さん、と世間で思われるのかと思ったが俺は甘かった。

母子家庭には同情的な世間も父子家庭にはそうではなかった。
子供を迎えに来るのも様々なイベントにくるのも親同士の交流のほとんどか母親中心。
そこに離婚したよく素性のわからない中年男性が女性の輪の中に出入りするのだから気味悪らがれても仕方ない。

どっちも担任は女性だったし、俺は事実に直面するまでその可能性を思いもしなかった。

馬鹿だ俺orz

 

919: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)19:17:20 ID:YRC

常に避けられ、数奇な目で周囲から見られ、ある事無い事が噂される。

しかし俺は逃げなかった。
まあ持家だし逃げられなかったのが事実だが、その渦の中に自ら乗り込んで行った。

子供を学童や保育園に迎えに行く時、全ての親、子供、先生に笑顔で元気に挨拶をし、それを毎日の様に続けた。
運動会、マラソン大会、学習発表会はもちろん、授業参観、PTAも全て最後まで参加し、その都度周囲に笑顔で挨拶しつつ頑張った。

俺の考えは
「頑張ってる姿を見せ続けてれば、いつか周囲は分かってくれる!認めてくれる!」だった。

周囲に妻が男をつくって子供を置いて出て行ったなどとどうして言えるものか…

言ったところで信じてもらえるとは到底思えないし、それで自分を受け入れてくれる事もないだろう。
何より事実を知ったら子供が傷つくし、そんな妻の子だとレッテルを貼られると
子供に友達が出来ない原因になるとも思った。

まあ2ちゃんでよくあるスカッとやり返す事なんて思いつかなかったし出来なかったよ…

 

920: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)19:27:15 ID:YRC

そうこうしているうちに学童等で他の子供達が俺に話しかけてくる様になった。
毎日話しかけて、ちょっと面白くからかったりしてたら、かなりの子が俺に懐いてしまった。

自分の子が帰り支度してる間に他の子のゲームや遊びの相手をさせられたり、話し相手になってあげたり…
そんな他の子に人気のある自分の父親を子供は尊敬の眼差してみていてくれて、2人とも立派にお父さんっ子になっていったよ。
これは思ってもいない効果だった。

先生も1人また1人と少しずつ好意的な態度になり、他の母親たちも少しずつ俺に話しかけてくれるようになった。

ここに至るまで離婚して約1年半くらい。

 

921: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)19:47:26 ID:YRC

もう一つ俺が実践した事。今の家を建て替えた。
その際、一つの大きな部屋をつくり、沢山人が集まれる様にし、子供達に「お家にたくさん友達を連れてきなさい」と言った。

4年生になる頃は土日の度に沢山の友達が集まる様になり、ハロウィン、クリスマス、お誕生会はほとんど俺の家でやっていた。
その頃には他の子の母親とのコミュニケーションも徐々に取れる様になっていて、
6年生になった頃はもう普通に周囲の母親たちととけ込んでいたと思う。

推薦でPTAの役員を務めたのも部の役員を務めたのもここら辺が初めて。
子供会の実行委員をしたり、司会を務めたり…

もうこの頃には元妻に対する復讐など忘れていた。
忙しかったけど、毎日が充実していたから。
自分がしようとしていた復讐はいつの間にか完成していたんだと気付いた。

 

922: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)19:47:28 ID:oT5
それからそれから

 

923: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)20:12:42 ID:YRC

今は二人とも中学生になったが、変わらない生活を送っている。
2人共部活が忙しすぎて、以前の様に家に子供達が集まる事も少なくなったが、それでも偶の日曜は誰かしら訪ねてきてワイワイやってる。

今年PTA副会長を務めていて、来年は会長を打診されているが断るつもり。
そろそろ仕事の方も頑張らなくちゃいけないので、少しそういうのとは距離をおきたい。

色々省いたが元妻は離婚してから子供達に一度も会えていない。

叶わなかった事。
結局結婚どころか彼女も独身の女友達も出来なかった。
母親の皆さんとは今でも仲良くやってます。

仲良くしてくれてたお母さん方にはもう感謝の気持ちでいっぱいです。

 

926: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)23:28:29 ID:KWy
自営業か公務員(消防とかのシフト有り系)かな
仕事しながら、
なかなかハードな生活だったのでは?
頑張ったね

 

927: 名無しさん@おーぷん 2015/09/17(木)00:01:30 ID:iHP

最初の1年半は泣いてばかりでしたよ。
もちろん子供達の見えないところで…

人を憎むパワーって凄いですよね。
その最初の1年半で生活を安定させつつ、家も建ててしまうんだから…

家を建てるって本当に大変です…
今、同じ事をやれと言われたら到底無理ですね。

見返してやる!
って気持ちだけで頑張ってたと思います。

 

928: 名無しさん@おーぷん 2015/09/17(木)09:37:20 ID:wBA

>>917
この話と同じ話が私の身近なところであったからビックリした。

お子さんたちは、お父さんに物凄く感謝しているし、
周囲の人も偉いと思ってると思うよ。
お子さんたちが難しい年頃の間は、
変に女性の影は無い方が良いかも・・・

 

929: 名無しさん@おーぷん 2015/09/17(木)22:17:50 ID:1ij
子供たちにあなたの背中を見せ生活してるのだから、
きっと子供たちは
感謝してるよ。
泣き笑いの苦楽を知らず、元嫁は不幸だね、それが復讐だお子さんたちと
頑張れ父ちゃん。

 

925: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)21:04:47 ID:RvK
幸せそうでなにより

スポンサードリンク


  1. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  2. 元カレ「結婚して3年たっても子供ができないのは、お前が種なしだからだ。(私)ちゃんは子供を欲しがってる。だから別れて俺にくれ」旦那「!?」 これで旦那が頭を丸めてしまったんだが…?
  3. 寝ている彼氏をフライパンで殴り続けた。そして倒れている彼氏に声をかけたが返事が無い。私(警察に捕まる前に実家にでも寄るか…) → そして2日後、自首する前に自宅に一度帰ってみたら、なんと…
  4. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  5. 社の重要ファイルを何度も消してしまう女先輩。先輩「なぜ消えるのか私にも分からない。私は消していない…」俺「…という事があったんですよ」システム屋「調べられますよ」 → 調査の結果、まさかの真相が…
  6. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  7. 私「うちの子の体重が増えないんです。離乳食はたっぷり食べさせているのに…」医者「うーん…」 そんなある日、深夜に目覚めると私の隣に寝てたはずの赤子がいない → トンデモナイ光景を目撃した
  8. なぜかその日は激しく求めてきた妻。そして妻はすぐに妊娠した。そして7年後…. 娘「あの人ウワキしてるよ。お父さんをバカにしているあの人たちが許せない(泣)」
  9. 彼女と付き合い始めたら親父に先を越されてしまった。知らなかった。いつのまにかそんな関係になっていたなんて
  10. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  11. スタイルもよくて美人な私(17)「私、ワキガみたい…手術したいよ!」父「思春期の一過性かもしれない。20過ぎたら受けよう」 → そして20歳になり… 医者「あなたの場合は、実は…」私「!?」
  12. 幼馴染と結婚することにした。俺「娘さんを俺に下さい!」嫁父「これで血の繋がらない娘を育てるのも終わりだ。私は関係ないのでご自由に。(嫁母)とは離婚だ」周囲「!?」 → そして発覚したのは托卵に托卵を重ねた強烈な真実で…
  13. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    2件のフィードバック

    1. 名無し より:

      不倫する外道な人間は決して平穏な人生で終わらない。
      いつか必ず運命によってドン底へ叩き落とされるかコロされる。
      それが病気によってなのか事故なのか、若い頃なのか歳取ってからなのか分からないけど、不思議と人生そう出来ている。

    2. 名無し より:

      お父さんガンバレ!!!
      応援してます!!!!!

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。