1. 取引先の不幸で急きょ家に戻ると寝室に見知らぬ男が。俺「あの‥」男「お邪魔しました」→数日後...
  2. コトメ「出張ある。子供お願いしてい?」私『おk』 → 私『あのさ、信じられない光景を見たんだけど・・』夫「え?」 → ウトメ「黙っててごめん」コトメに調査結果を渡すと・・
  3. レスでキレたら、嫁「お前ちょっと来い」→産婦人科に連れていかれた。医者「」俺(レスのほうがマシだったわ…)→なんと…
  4. 俺が事故ってシにかけたとき。嫁母「バレないうちに別れなさいってあれほど言ったでしょ」嫁『このまま助からなきゃいいのに』→結果、嫁がシんだ
  5. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  6. 念願の田舎暮らしを始めて数年後、旦那が急逝した。すると村の男達から「これが村のしきたりだ」 と迫られて...
  7. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  8. まとめサイトのコメント欄に酷いコメントを書いてたら、夫に怒られた。息子にもバレてもうや親としての尊厳無くなった...
  9. 離婚した夫に未払いの養育費を請求。元夫「俺は種なし。息子は自分の子じゃない」種なし症の診断書が届いた → 私『なんならDNA鑑定をする』夫「おk」 → 前科持ちに・・・
  1. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  2. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  3. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  4. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  5. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
  3. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
   

美女と結婚したが、なんと男どもの『女神』である事が発覚し、離婚。そして再婚相手は「あき竹城」似の女だった。元妻「オカメで田舎臭い女だねw」 → しかし驚愕の事実がわかり、結果はまさかの大逆転!

スポンサードリンク

219: 1/3 2014/07/17(木)17:45:30 ID:???

父の話。
自分今20代なんだけど、父がバツイチだったと知ったのはつい最近。
向こうも「あれ?言ってなかったっけ?」って感じで酒の勢いで色々教えてくれた。

父の最初の結婚相手は取引先の受付嬢だったとかでまぁ美人だったそうだ。
父から口説く形で結婚、半年程は円満な新婚生活を過ごしてた。

しかし嫁の不倫がもりもり発覚。
何でも受付嬢をしていた会社では女神様のごとき扱いを受けていたらしく、寿退社後も男性社員その他からのお誘いが絶えなかったらしい。
そしてそれらを全て受け入れてたと。
まぁ要はトイレの女神様だった訳だ。
(さすがに父はそうは言わなかったけど)

で、嫁はそんな浮気相手の中から父よりスペックも高い
イケメン(仲村トオル似だったらしい)を選んで夫へと昇格させることを決定。
何も気づいていなかった父に洗いざらいぶちまけて離婚を要求した。

父は聞かされた内容があまりにもアレだったもんで逆に冷静になったらしい。
さらに「こんなキ○ガイ女とは一刻も早く縁を切りたい」ということで離婚快諾。
財産分与とかは特に無く慰謝料も当時女性から貰う概念が無かったそうで請求せず。
ただし向こうの親御さんから迷惑料名義で数百万貰ったとか(当時はバブルだった)

だが、そうまでして早々に縁を切ったというのにこのバカ女(父はそう呼んでた)は
事ある毎に父の前へ現れ
「如何に自分が今幸せか」「夫がどれだけ素敵か」
を熱弁したそう。
父は面倒だし興味無いしでハイハイと聞き流し続け、その内今嫁つまり自分の母と出会い再婚。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

220: 2/3 2014/07/17(木)17:46:40 ID:???

結婚前に一応母本人と親族に事情も説明したけど
「えらいもんに引っ掛かりましたな」ってな感じで逆に同情されたそうな。
さらに「こっちも結婚すればさすがに寄って来なくなるだろう」と結納だの結婚式だのを早めた程。

無事結婚して暮らしていたらまたもバカ女襲来。
しかもバカ旦那連れて。
名目は「新たな門出を祝いに」だったらしいが、
実際は「自分以下の女と再婚した」父を嘲笑いに来たらしい。

バカ女は顔だけは美人だったそうだ。
で、うちの母は近所で「あきさん」と呼ばれるくらいあき竹城似。
別にあき竹城をブスとは言わないが顔だけで言えば圧倒的な差があったそうな(これは母に言うなと言われた)

というか再婚した元夫の家によく来れたもんだと思う。
快く招き入れたという母も母だが。
バカ女は母を鼻で笑い、オカメだの田舎臭いだのボロカス言ったらしい。
父もバカ女に対しては無関心ながら家にまで来られて嫁の悪口を言われたらさすがに腹が立つ。
ただ下手に反論したり怒ると何をするか分からなかったので、出来るだけ冷静に追い出そうとしたそうだ。

が、ここでバカ旦那の口から驚愕の事実が発覚。

バカ旦那「○○(母旧姓)さんですよね」
母「はい、そうですけど」
バカ旦那「やっぱり!僕同じ高校の一年後輩の仲村です!」

みたいな会話が発生し、突如として大盛り上がりし始めた。
母の出身校は男女比率が7:3くらいの学校で女子は少なく珍しく、
さらに母は今でも色んな人から頼られまくる位面倒見がよくて
高校生の頃のあだ名は「聖母」「姉御」「お母さん」

水泳部と家庭科クラブの部長掛け持ちしてて同学年はおろか先輩後輩先生全員から頼られ愛されしまくってたらしい。
そんな有名人とえらい場面で再会したバカ旦那、興奮したり申し訳なさそうにしたりてんやわんやだったそうだ。
隣でバカ女は徐々に暗い顔で震え出してたらしいが。

父も学生時代の母をそんなに知らなかった為、バカ旦那から聞くエピソードに興味津々。

不祥事起こした部の部活停止を解く為学校中を清掃して回って教師の怒りを治めたとか、
課外授業先で迷子を見つけて奔走して無事親御さんの元へ送り届けたとか、
まだ運動中は水分を取るなと言われてた時代に水分不足による身体への影響とかの様々な資料を集めて来て全ての部活で飲料水の持込と水分補給を承諾させたとか、
母の武勇伝はいくらでも飛び出して来たそうな。

 

221: 3/3 2014/07/17(木)17:48:11 ID:???

挙句、バカ旦那は自分がどういう立場かも忘れて
そんな本当の意味で女神様である母と結婚出来た父を大層羨ましがり、何度も
「××(父)さんは幸せですね、羨ましい」
「羨ましいです、○○さんは我が校の誇りですから」
「○○さんと結婚出来るなんて〜」と
「羨ましい」を100回くらいは言ってたそうな。
そこで漸く固まってたバカ女覚醒。
突然立ち上がるとバカ旦那を引っ張ってドスドス帰ってったと。

父いわく、バカ旦那が母を褒めちぎり出した途端
それまで母の事を口汚く罵っていたバカ女が無言になって震え出したのを見た時、
自分の中で溜飲が下がったというかスッキリしたのを感じて
「あぁ俺無関心になったと思ってたけど、やっぱりずっと腹立ってたんだなぁ」としみじみ思ったそうな。

そこからは吹っ切れて性懲りも無く「私幸せ」自慢しようとしてくるバカ女を思う存分迎撃。
「幸せ過ぎて死んじゃう!」「僕のお嫁タン世界一!」
「メシウマ!」「笑顔カワユス!」などと思い付く限りの幸せアピールを繰り広げたらしい。
で、その度バカ女が父曰く
「この世のものと思えないくらい醜い顔」
で悔しがるのが大変楽しかったとか。

それから程なくしてバカ女の襲来は無くなったが、逆にバカ旦那から先輩である母への連絡が始まる。
OB会だの同窓会だのと高校関連が主だったそうだが、
バカ女は浮気だ不倫だと発狂しまくって家事放棄+逆DV?+自分も浮気(これは前からしてたかもだが)等を繰り広げ離婚。
バツ2となり何処かへと消えた。

後だしになるけどこのバカ旦那、近所に住んでて自分も知ってる。
今は太ってて仲村トオルというより渡辺徹だけど母への信仰は相変わらずで、その後母とよく似た感じの女性と再婚して家族ぐるみで付き合いがある。

まさかあの優しいおっちゃんが父の元嫁の元旦那というややこしい存在だとは、この話を聞くまで知らなかった。
ちなみにおっちゃんは母に対しては崇拝に近い感覚で慕ってるので、横恋慕とか浮気心とかは無いと思う。

色々衝撃的だったけど父と母の馴れ初めが
「父が通ってた喫茶店でバイトしてた母に一目惚れ求婚」ではなく
「自分の働く喫茶店で毎日のように呼び出されたであろう男性が
派手な女性に一方的にまくし立てられて
日に日にやつれて行ってて、
ほっとけなくて連絡先渡して事情を聞いてやってる内にこの人守らなきゃ
よし結婚しようってお母さんから言った」
だったのが一番驚いた。

親戚も近所の人も父も
「お父さんが頼み込んで嫁に来て貰ったんだよ〜」
って言うからずっとそうだと思ってた…。
以上です。長々とすんません。

 

222: 名無しさん@おーぷん 2014/07/17(木)18:51:27 ID:???
>>221
あなたの御母堂様は誰に対しても誇れる素晴らしい方なのですね

 

223: 名無しさん@おーぷん 2014/07/17(木)18:55:44 ID:???
>>221
そんな母から生まれたことを誇りに思いなさい

 

224: 名無しさん@おーぷん 2014/07/17(木)19:21:49 ID:???
お母様を紹介して欲しい。
みほんとして生きたい。

スポンサードリンク


  1. 写真の嫁は笑顔で楽しそうだった。俺(この感じなら離婚に反対しないだろう…) しかし嫁は「離婚したくない」 → そのとんでもないウワキの理由、そして意外な結果
  2. 好きだった幼なじみに10年フラれ続ていたが、ついに諦めて俺は地元から離れた → 3ヶ月後、なんと俺のアパートに突撃してきたんだが… 幼なじみ「黙ってどこかに行くな」
  3. パチ屋で遊んでいる両親を外で待っていたら、よく見かける男に話しかけられた。男「おじさんの家に来ないか?オムライス作ってやるぞ」俺「…うん。いく」 これが両親との終生の別れだった
  4. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..
  5. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  6. 痴漢冤罪の現場に遭遇した。 俺(うわ…このjk、確かにかわいいけど被害を盛ってるぞ…)警察「謝罪して5万払って示談しな」男性「やっていない。黙秘する」俺「見てたので証言します」全員「!?」→ 結果は
  7. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  8. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  9. 俺が超美人と結婚すると双子の妹たちは驚愕の行動に出る。 俺「こいつは昔からだ!わかったら黙れ!」妹たち「小学生でw?」叔父「世界で3人だけの兄妹なんだから..」
  10. 俺が裏で事をすすめた結果、嫁は間男に本気になった。 嫁「何も言わずに離婚して。財産はすべて渡すから」俺は何も言わずに同意した → しかし想定外すぎる結果に
  11. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  12. 「妻と行為」と言うタイトルで動画。ただ間男を受け入れていた妻。号泣する部下。睨みつける俺。上司「会社の顧問弁護士を呼んでこい!」→ 間男「見苦しいな」次の瞬間、トンデモナイ展開に…
  13. 私「免許と車検証持ってきて」新人「わかりました」→ 4日後。。 私「早急に」新人「…わかりました」なんと彼はその翌日から来なくなった → 3年後。私(あっ…そういうことだったのか!)

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    12件のフィードバック

    1. 名無し より:

      聖女VS精○○所、略して精所。

    2. 名無し より:

      高校時代のそういう女の先輩は特別だよね。

    3. 名無し より:

      バカ旦那はバカじゃないのにバカバカ言われてちょっとカワイソウ
      まあ公衆便所常連だったのはバカだけど

    4. 名無し より:

      お母さんは菩薩の分身なのかな?

    5. 名無し より:

      あき竹城は若い頃は“浅草のマリリン・モンロー”って言われてたらしいぞ
      フランス座で坊やをしてたビートたけしは今だにあきに頭が上がらず
      何かあると“姉さん!姉さん!”って挨拶に来るから
      あきの周囲のほうが困っちゃうらしい

    6. 名無し より:

      そんな美人が何故元夫に執着して、格下(と思ってる)元夫現妻に必タヒでマウントとったんだろ
      凄い余裕の無さを感じるんだけど
      普通、幸せなら元夫やその妻なんか眼中になくなるんじゃなかろうか
      実は報告者父に未練ありまくりだったのかなー
      美人なんだから毅然としてろよ勿体ない

      • 名無し より:

        未練とかではなく、常に自分の格下でいてくれないと困るってことじゃない?自分が捨てた相手が自分より上とか嫌だ!みたいな

    7. 名無し より:

      こんな美人が何故元夫に執着して、元夫現妻相手にマウント取ろうとしてるんだろう。
      美人で現夫もスペック高くて幸せなら、過去の男がどうしていようと気にならないと思うんだけどなあ。
      凄い余裕の無さを感じるんだけど…
      折角美人なのに勿体ない。

    8. 名無し より:

      バブル期の受付嬢でその性格となれば、いろいろ憶測できることはあるな
      余裕がないんじゃなくて、世間が分からないんだと思うよ

    9. 名無し より:

      あき竹城さんや渡辺徹さんといった
      例えに出てきた人が故人になってるの哀しい

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。