1. 会社を退職後、元同僚から連絡がきた。『私子さ、変なこと訊くけど、モデルで自費出版の予定とかないよね?』私「ないよ?」『あのね・・』 → 裏でとんでもない動きになってた・・
  2. 旦那から電話がきて『理由は後で話す。今すぐ娘と一緒にお前の実家に逃げろ!』私「え?わ、わかった!」『絶対に電車を使うな。車で行け』 → 実家に着いて理由を聞いて戦慄した
  3. 私「身内の手術のため数日休みをいただきたい」そこに噛みついたAさん『その日は全員出社の日だから駄目』泣く泣く撤回 → 当日、A さ ん お 休 み。悲惨な事になってたwww
  4. 嫁が大好きな俺『離婚してください』嫁「はぁ?何それ!いいよ持ってきなよ離婚届け!」持ってきてサイン。嫁「しばらく実家に帰る!」 → 次の日サクッと役所に提出した結果www
  5. 私「元彼は元気かな」とつぶやいたら同僚の顔がこわばった。同僚『実は・・・』 → 私「(言葉がでない)」想 像 を 遥 か に 超 え る こ と を 聞 か さ れ た
  6. 妹「お父さんの後にお風呂入りたくない」母『お父さんは家族のために毎日働いてる』父「そんなの年頃にならよくあること」 → し か し 、 後 日 ・ ・ ・ ・ ・
  7. 嫁が男に襲われたトラウマで行為が出来なくなり離婚。その五年後に元嫁と偶然再会したのだが...
  8. 帰宅すると部屋がもぬけの殻になっていた。嫁『娘は義父と養子縁組するので養育費はいらない』俺「離婚したくない(号泣」両親「離婚して他の女を探せ」 → 俺「おk」数年後・・・
  9. 氏にたい衝動のまま山中湖へ行ったら女の子がいた。私「1人なの?一緒にご飯行かない?」女の子『オッケー^^』 → 帰り際、衝撃的なものを見てしまった・・・
  1. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  2. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  3. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  4. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  5. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  1. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
  2. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
  3. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
   

英語教師に恋したAは猛勉強して英語で学年1位になった。そしてなんとその教師がAのクラスの副担任になった! A「全教科頑張らなくちゃ」 → 結末は壮絶..

スポンサードリンク

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1464237313/

553: 名無しさん@おーぷん 07/17(日)22:34:56 ID:P4f

友人(A)が壊れた話。長いので分けます。

私もAも中高一貫の私立校で、中学までAの成績は普通だった。
でも高校に進学した途端Aの成績はうなぎ上りにあがっていった。


理由は、Aが英語の先生に恋をしたということ。

Aは授業のない日も質問するため必死に英語を勉強して、テストも学年1位とか珍しくなかった。
先生も裏で「あの子はすごいんだよ」と嬉しそうに褒めていたという。

2年生になると、なんとその先生が副担任になった。
Aが泣きそうに喜んでいる姿は周りから見ても幸せそうだった。

英語を集中的にやっていたAは、「これからは全教科できるようにならなくちゃ」と決意を固めていた。

そのクラスは去年と違ってA以上にできる人間がいるとは思えなかったけど、Aは前にも増して勉強してた。

夏が始まるくらいの頃にとうとうAは過労で体を壊した。
どんどん重症化し、一度倒れて担架で運ばれる事態になってからは本当に笑えなくなった。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

2週間くらい経って、Aが机に座って突っ伏しているということがあった。
例の先生の授業の前に。

先生が入ってきて授業が始まってもAは動かなかった。

先生は困った顔で「えー…コレどうしよう」「保健委員~コレなんとかしてよ笑」

Aは『コレ』と呼ばれ、先生が持っていたもので頭をはたかれた。
5分くらいネタにされ続けた。

するとAはぐらりと首を回転させ、椅子から転げ落ちるように倒れた。
そこでようやく担架が呼ばれた。


授業後に保健室を訪ねてみると、意識を取り戻したAは私を見て泣き出した。
怖かった、と。

後ろから先生が来た。
Aは悲鳴を上げて彼を拒絶した。

それからAは先生を見るたび過呼吸を起こすようになった。
Aは全て聞いていたという。

熱で保健室に行くどころか話すことも動くこともできないなか、自分を『コレ』と呼び、頭を叩き、嘲笑う先生の声を。
「コロされるって思っちゃったんだ」Aはそう泣いた。
大げさといえば大げさだった。


先生のしたことはちょっとしたからかいにすぎない。

それでも、誰より憧れていた人間に、あんな状況で、私だったら耐えられただろうか?
Aも、体調のいい時だったら笑って流しただろう。
別の先生にされたことなら、その先生を嫌いになって終わっただろう。


なのにAは先生を嫌いになれなかった。
その代わりに激しく恐れるようになった。
先生の授業に出られないほど。


先生の目もシんでいった。
泣いている姿が生徒にさえ見られるようになった。

担任の意向でAは休学。
夏季授業も夏休み中も、会うことはなかった。

 

554: 553 07/17(日)22:35:23 ID:P4f

2学期の始業式にもAの姿はなかった。
ただ、Aについて学年中にある話が届けられた。
記憶障害という病名だった。

たぶん、先生への好意と恐怖が共存しきれなかったんだろう。
Aはもう何も憶えていなかった。


復学してきたとき、Aは元のように明るい子になっていた。
必死にクラスに溶け込もうとしていた。

私に対して敬語で話すのはあまりに滑稽で笑ったけど、家に帰ってから泣いた。

だけどAは治療と共にゆっくりと記憶を取り戻していった。

「先生のことを忘れてしまいたいと思ったら、ほんとうに忘れてたよ。人間って怖いね。」
「なんでみんなのことも忘れちゃったのかな。ごめんね」
一度封じ込めてもなお思い出してしまうほどの強い気持ちは、好意だったのか恐怖だったのか。

Aはそのまま狂っていった。
先生を見て過呼吸を起こさなくなった代わりに、激しい憎悪を彼に向けるようになった。
彼の授業はずっと寝ていた。
そしてテストで1位をとっては「あいつの授業は私の自主勉以下w」と本人の前で嘲笑った。


人があれほど人を憎むところを私は今でも知らない。
先生は怒らなかった。
2学期はそのまま終わった。

3学期も状況は変わらず、やがてAと先生はかつての関係など無かったかのように互いに激しく憎み合うようになった。

そのまま3月がきて、先生は別の学校へと去っていった。
最後までAと仲直りすることはなかった。

彼はAに向かって「仲直りしたいとも思わない。もう会いたくない」と告げたことがあったらしい。

私はずっとAも先生も見ていた。
先生は本当にAを憎んでいたかもしれない。

Aは、本当に先生がすきだったんだと思う。
先生に対してひどいことを言うたび、隠れて泣くのはAの方だった。
あの子は毎日泣いていた。


Aは判ってた。
自分が先生を見て過呼吸を起こし続ければやがて先生の心も壊れると。

だったらいっそ、と先生を憎むフリをし続けた。
そうすれば先生も自分を憎むだろう。
Aは言ってた。


恐怖を抑え込みAは自分より先生を選んだ。
最後まで演じきり、今、Aは完全に壊れている。

Aと先生が付き合う未来は無かっただろうけど、もっと幸せな形はなかったんだろうか。
Aがどれだけ先生に憧れ先生を想っていたか、少しでも今の彼に伝われば、Aは戻ってくるんだろうか。

 

563: 名無しさん@おーぷん 07/18(月)09:02:16 ID:N5t
>>554
周囲からしたらその二人迷惑でしかない

 

569: 553 07/18(月)16:11:44 ID:s3T
>>563
確かに、あのギスギスした空気は正直困りました

スポンサードリンク


  1. 妻「子供ができない原因はあなたにある。だから別れて」俺「何でわかるんだよ!」妻「検査で私には問題がなかった」俺「!?」そして結局離婚 → 数年後、元妻とばったり再会するが..
  2. 元カレ「結婚して3年たっても子供ができないのは、お前が種なしだからだ。(私)ちゃんは子供を欲しがってる。だから別れて俺にくれ」旦那「!?」 これで旦那が頭を丸めてしまったんだが…?
  3. 私「うちの子の体重が増えないんです。離乳食はたっぷり食べさせているのに…」医者「うーん…」 そんなある日、深夜に目覚めると私の隣に寝てたはずの赤子がいない → トンデモナイ光景を目撃した
  4. 彼女「私たち別れたほうがいいと思う」俺「!?」同棲していた大企業勤務の彼女にそう言われ、まだ好きだったけど別れた → その後、俺の開いた店に彼女が偶然来店。彼女は俺を見るなり大泣きし..
  5. なぜかその日は激しく求めてきた妻。そして妻はすぐに妊娠した。そして7年後…. 娘「あの人ウワキしてるよ。お父さんをバカにしているあの人たちが許せない(泣)」
  6. 幼馴染と結婚することにした。俺「娘さんを俺に下さい!」嫁父「これで血の繋がらない娘を育てるのも終わりだ。私は関係ないのでご自由に。(嫁母)とは離婚だ」周囲「!?」 → そして発覚したのは托卵に托卵を重ねた強烈な真実で…
  7. 彼女と付き合い始めたら親父に先を越されてしまった。知らなかった。いつのまにかそんな関係になっていたなんて
  8. 寝ている彼氏をフライパンで殴り続けた。そして倒れている彼氏に声をかけたが返事が無い。私(警察に捕まる前に実家にでも寄るか…) → そして2日後、自首する前に自宅に一度帰ってみたら、なんと…
  9. 友人「お前のダンナさんが俺の嫁のフリン相手だった…」私「許さない!離婚だ!」旦那「してない!信じてくれ!」 なかなか認めない旦那を毎日攻め立て無事に離婚 → しかし3年後、友人夫婦が訪ねてきて
  10. 嫁「他に好きな人が出来たとかじゃない。お互いの相性が合わなかっただけよ。別れましょう」 俺「いいんだな?後戻りはできないぞ」 嫁「うん!」 俺「わかった。これにサインと印鑑をくれ」 → しかし俺は知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手のことも
  11. スタイルもよくて美人な私(17)「私、ワキガみたい…手術したいよ!」父「思春期の一過性かもしれない。20過ぎたら受けよう」 → そして20歳になり… 医者「あなたの場合は、実は…」私「!?」
  12. 酔いつぶされて思いのままにされた妻。そして相手はなんと複数で… 男たちは逮捕。しかしそれまで黙っていた妻を俺は許せなかった → 離婚して数年後、元妻から連絡が..
  13. 社の重要ファイルを何度も消してしまう女先輩。先輩「なぜ消えるのか私にも分からない。私は消していない…」俺「…という事があったんですよ」システム屋「調べられますよ」 → 調査の結果、まさかの真相が…

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    10件のフィードバック

    1. 名無し より:

      うそまつ

    2. 名無し より:

      すぐに保健係がさわれば理解できる話で、男性である先生はなにもできないから「コレ」どうにかしてとなったのだろうよ。
      なんせ、男性教員に感情はなかろうに

    3. 名無し より:

      文の書き方が創作感ありすぎてな。
      お前がAでもあるまいに、Aの心理描写に拘りすぎ。

    4. 名無し より:

      Aがメンヘラキチガイストーカーってだけじゃん

    5. 名無し より:

      自分の意思で抑え込める過呼吸なんかないよ
      専門医でも治療困難なのに

    6. 名無し より:

      先生側が大人げないのはある。
      だいたい中坊なんてこういう拗らせ系が腐るほどいるんだから、簡単に受け流せや。
      教師向いてないよ

    7. 名無し より:

      いや教師が可哀そうやろ

    8. 名無し より:

      例え相手が冗談のつもりでも調子が悪いときに心ない言葉を掛けられれば深く傷つくものだからな。
      これほどの例じゃなくてもわりと見られるから普段から気を付けるべきことだよ。
      ちなみに不用意な教師は全然可哀想じゃない。

    9. 名無し より:

      突っ伏して動かないなら普通に心不全的なことを心配して脈や呼吸の確認をする。
      「コレどうにかして」はないわ。

    10. 名無し より:

      被害者ヅラ草

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。