43: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)01:20:32 ID:YfO

自分が被差別部落出身者だと親に教えられた高2の夏が一番の修羅場だった

それまでは人権啓発週間やら部落差別問題を考えるやらのキャンペーンも他人事で、
作文を書かされる度に「生まれだけで差別される人がかわいそう」という上から目線な考えで
作文書いてた
そんな作文でも表彰されたり発表会でスピーチもした
今思うと死ぬほど恥ずかしい
うちは被差別部落出身だけど、クラスメイトにはそうじゃない子たちもいる混合学校だった




 

だから、高校でできた友達は決してうちには来なかったし、私を招いてくれることもない子もいた
(親御さんが絶対に許さなかったらしい)

親は、「大学は一般入試で行きなさい。センター試験前にAおばさん(被差別部落じゃない、遠方地に住んでいる親戚)の家に
下宿させてもらって、高校も転校しなさい。大学で出身地や出身校を聞かれた時、うちだとバレる」と…

 

44: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)01:21:13 ID:YfO

もう、頭の中真っ白だった
うちは裕福でもなく貧乏でもない普通の家だと思ってた
父は定職で働いてて、父の稼ぎだけで親子4人が十分に生活できていた
私と妹の学費の為に母もパートし出したけど、それはそういうものだと思ってた
団地とかにも住んでなかったし、生活保護でもなかった

でも今にして思えば、確かに同和地区優遇政策の市町村ではあった
市職員の採用枠に部落枠はあったと知ったし、免税や減税もあったみたい
私は家計に関わってなかったから知らないだけで、うちもその恩恵を受けてはいたんだろう

地元で公務員になるのが将来の夢だったけど諦めた
絶対に同和枠だと思われるだろうし、そのしがらみから離れたかった
進学先で就職も決めて、家には盆と正月しか帰らなくなった

そして結婚は無理だった
2回結納寸前までいって、2回とも私の出自を知った相手のご両親が難色を示したので
受け入れた
もうアラフォーだし、結婚は無理だろうと思っている

でも、妹はそれを受け入れてくれる人と巡り合えて子供も授かった
あちらのご両親も内心はわからないが、妹を可愛がってくれている

同和問題って今も結婚・就職その他に響いてる
だから同和利権団体は大嫌いだ
そんなことしてるから、いつまでも「同和の奴らは働かないで遊び暮らしてる」と言われるし、
それが事実でもあることが悲しい

長文ごめん

 

60: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)13:44:50 ID:VAp
>>43
関西の某市でバイトした時、その市には特に同和地区が多いことでその話になった。
私は市外から通勤してたけど、市内在住の人たちは憤ってたよ。
同和教育なんかやめてしまえばいい。
それが逆に同和地区差別を助長させる。
同和地区の特別扱いを助長させる。
同和の雇用特別枠も、同和地区の税金減免もなくせばいい。
そしたら差別も無くなる。
いわく、
「だけど誰も言い出せない。部落の連中は、すぐ頭に血がのぼる。少しでも気に入らないと恫喝する。乱暴で横柄な奴らだから」と。
同和地区(被差別部落)って、士農工商のさらに下の身分で作られたと思う。
(勉強嫌いだったから、間違ってたらゴメン。)
そんなに大昔に作られた身分制度が何故いまだに残るんだろうね。

 

62: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)17:52:16 ID:YfO

>>60
否定できない<部落の人はすぐ頭に血が上る
うちの近所にもそういうおじさんはたくさんいた

進学なんかにも補助金出てたんだよね、返さなくていいやつ
うちはそれ使うと部落だってバレるのが怖くて、両親が必死にお金貯めてくれてた
足りない分は私も妹もバイトした

部落の中でも「逆差別になっている」って主張する人はいる
でも、他の人達(たぶん利権ずぶずぶの人達)から批判されて、その地にいられなくなって出て行ってしまうんだ
出てきた私が言うことじゃないけど、中から変わるのは無理なんじゃないかとも思う
議員選挙なんかも部落の人が出馬したら組織票で当選させるからね…それで役所関係も押さえてる
今は外から入る人達を雇用してるけど、生活保護申請やら滞納の手続きに来る部落民おじさんの
罵声に耐えられなくて窓口担当が辞め続けたから、そこには部落出身の臨時職員を置いてるそうだ
部落同士なら罵声はないから

こうやって人ってどんどん堕ちていくんだなと思うと、帰省することは怖いよ

 

65: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)21:11:30 ID:VAp
>>62
レスをありがとう。
同和地区民から疑問の声が上がっても、地区内で抑えられるのか。
最近では猿回し芸人さんがカミングアウトしたね。
近畿では大阪・兵庫・奈良は特に、道徳教育で同和学習に熱心だけど、
同和地区民がまるで健気で耐え忍ぶキャラクターにされる。
しかしいつかはこれを変えなきゃいけない。
例えばあなたが言う、市役所の窓口手続き現場を可視化するわけにはいかないのかな。
これも単純すぎる考えとは分かっているが、逆差別や不正の横行はやっぱりやめさせないと、とも思う。

 

46: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)10:26:12 ID:zJM
わたしは公務員だったけど、同期の2人が部落の方と結婚した
1人は一族の猛反対を受けて縁切り覚悟だと聞いた
結婚式で見た新郎は長身のイケメンで、とても素敵な雰囲気だった
ご実家は超大金持ちだそうで、部落=貧困とのわれわれ同期の思い込みをいい意味で覆させられた
もう1人は、わたしがプロポーズされてたひとと結婚した
貧しいお家だったが、2馬力で働けば脱出できるだろう
彼女のご実家はすんなりと結婚させたようで、偏見のない方たちなのだろう
直後に退職、遠方に嫁いだので、その後のことはわからない。

 

47: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)10:45:58 ID:7wA
>>46
>わたしがプロポーズされてたひとと結婚した
この短い一文さえなければ、事実を淡々と書いただけだと読めるのに…

 

48: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)11:04:47 ID:zJM
わたしが部落の方と結婚したかもしれなかったから、一文入れたんだけれど、
そうだね、必要なかったかも。
わたしへの同情の声も多かったし、彼のお母さんとは相思相愛(!)だったんだよーw
彼女の娘になりたかった
彼女もわたしに嫁に来て欲しかったと言ってらしたそうな
今でも懐かしいひとです
が、部落問題とは関係ない部分で、わたしの腰が引けちゃった
わたしの手に余るのは間違いなかったから。
そういう意味では、そこを伏せて逃亡したわたしはワルだったと思う

 

56: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)13:31:21 ID:IVM

>>46
> ご実家は超大金持ちだそうで、部落=貧困とのわれわれ同期の思い込みをいい意味で覆させられた

金持ちなのは何故かなぁ?____

 

57: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)13:39:33 ID:f2g

肉屋さんなんかで大成功してる人もいるよ

友人は、一時はローカル放送局にCM出すまでの大きなお店になった肉屋さんの息子
部落出身を公言してた

大阪だったんで、部落だ朝鮮人だアカだ、色々とカオスな地域で、
何か問題があるとすぐに学級会になってたような覚えはある
転勤族の息子の俺には窺い知れないgdgdがあったと思うんだけど
友人はいつも至ってマイペースな奴で、一緒にいるといつも和ませてもらった

 

49: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)11:05:40 ID:iDT
うちの主人も辿れば部落の子だと思う
主人の祖父母や親戚は肉屋だし、昔住んでたという地域もアレ
交際当初は両親にそれとなく反対されて、自身もモヤモヤしながら付き合っていたけれど
本人も義実家も凄く人柄がよくて結局結婚に至ったよ
こっちの親がボンボン育ちである意味世間知らずだからなのかもしれない
でも親戚には向こうの親戚が肉屋やってるのは未だに伏せてる
祖父母が生きていたら間違いなく結婚猛反対されて別れていたと思う

 

66: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)00:24:30 ID:Rgd

昔の嫌な事を思い出しちゃったよ。

当時、付き合っていた人を寝取られて
泣いて泣いて、諦めて仕事を辞めて
実家に帰ってそこで出会った人と付き合って結婚した。

子供が小学生になった頃
PTA役員してて、地域の同和地区の講演会に動員された。

そこで、『何も知らずに同和地区に嫁いじゃった若嫁さん』として
舞台に立ってたのが、私から彼氏を寝とった女だった。

なんか綺麗事とか
「差別されても負けません」
「私たち若い人が立ち上がらないと」
みたいな事を言ってたけど、
言葉が全く響かなかった。

正直、舞台に立ってる彼女を見たときに
『なんで?』としか思わなかった。

帰り際、その人がいろんな賞賛を浴びながら
通路に立ってたので、無言でそばに行って
数分、黙って見てた。

私に気づいたその人は、口をaの形のまま
ぼんやりと私を見てた。

知らずに同和地区の男と結婚した事は
なんとも言えないけど、
この先、差別の先頭に立って戦う気なら、
頑張ってね、としか言いようがない。

ちなみに私は
小学校のときに同和地区がどうのって授業でやって
初めて知ったもんだから、
小学校とか講演とかやらなかったら
20年くらいでそんな差別がなくなると思ってる。
とくに若い人とか、そんなの興味もないだろうし。