1. タイトルのないビデオテープがあったので再生したら、私「友人の披露宴の映像だ。でも…何か様子がおかしい」→なんと…
  2. レスでキレたら、嫁「お前ちょっと来い」→産婦人科に連れていかれた。医者「」俺(レスのほうがマシだったわ…)→なんと…
  3. 俺が事故ってシにかけたとき。嫁母「バレないうちに別れなさいってあれほど言ったでしょ」嫁『このまま助からなきゃいいのに』→結果、嫁がシんだ
  4. 【!?】青森産のにんにくを購入。私『馬鹿うますぎ…!』→毎日1片か2片は食べていたら、滋養強壮効果のすさまじさがわかった
  5. ヘッドハンティングされて会社にきた部長。『前の会社にいた時も、気に入らない部下を散々ノイローゼにして辞めさせてやったんだ』→結果・・・
  6. 他県に嫁いだ妹から『何も聞かずに10万かしてほしい』と言われた。私「考えさせて」→経済DVが頭をよぎったので、妹旦那に連絡してみた
  7. 私「一度痛い目みないとわからんと思うし…」→酒癖が悪くて毎回迷惑をかけまくる友人を、公園に放置してみたら・・・
  8. クレーム『おたくの社員がサボっている!』→ 部長「コンビニ行ったの?」俺「はい、いつも通り行きました。仕事なんで」部長「そう…だよなぁ…?」 → なんと…
  9. 妻が営み後に突然泣き出した。俺「…どうした?」妻「なんでもない」→後日、俺(アホな嫁でよかったわ)→なんと…
  1. 上司「取引先からクレームが来た。お前は出入り禁止になったから担当を変える」俺「理由はなんですか!?」上司「飯の食べ方らしい。ちょっと見せてみなさい」 → そして上司たちとファミレスに行った結果。
  2. お兄ちゃんと買い物してたら友達と会った → 友「彼氏さん?」私 「ちがう、お兄ちゃん」友「!?」兄と腕組んで歩いてただけなのにスゴい引かれた。神経わからんよね。
  3. 暴力部長『ラオウ』がいる支店に生贄として出張することになった。ラオウ「邪魔だ!帰れ!」俺はラオウに殴られた → 俺の同行者「…待っていて下さいね」俺「!?」なんと。
  4. 嫁が間男の子供を妊娠して離婚。そして俺は間男の元嫁と再婚した。しかし5年後、なんと元嫁から連絡がくる → 元嫁「実は。。」俺「!?」今嫁「助けてあげて」俺「!?」
  5. 彼女「ごめん…もう嘘はついていられない」俺「…なにを?」彼女「実は…」彼女が告白した想定外すぎる嘘。俺には受け止めることができない。
  1. 女友達に彼女の写真を見せた。女友達「なんか影があるねー。美人だけどさ。でもこれは気になるな」俺(はぁ?なんだコイツ。嫉妬かよ) → トンデモナイ結果になった。。
  2. やたら嫁の帰りが深夜になると思ったら、案の定だったので証拠そろえて制裁  → その後の3年にも渡る嫁の反省の日々。俺は鬼だろうか?。
  3. 母は兄の手術費用を盗んで男と逃げた。その母から20年ぶりの連絡。その目的は私の臓器 。私は復讐を決意した。。
   

車好きの私はレトロな外車を買った。ある日駐車場で男性が「いい車だね!見せてもらっていいかな?」私「どうぞ」 → すると男は助手席に乗り込んできて…

スポンサードリンク

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1438248130/

646: 名無し 2015/08/25(火) 18:37:43.97 ID:N6HOJxgU.net

すみません長いです、3つに分けます。

1/3
20代前半の頃の話。
子供の頃から車に興味があった私は就職してからレトロな外車を買った。

ある休日 買い物を終えてお店の駐車場で携帯をいじっていると、隣のスペースに年代物の高級外車が入って来た。
「へー、珍しい車だなぁ」と思いつつすぐまた携帯に目を落としたのだが、暫くすると助手席の窓をコンコンと叩く音が。
ふと見るとそこにはチェックのスーツにウールのコートを羽織り、ハットとサングラスを装備した男性がいてこちらを覗き込んでいた。
彼の風貌はGメン’75の丹波哲郎を想像して頂ければと思います。

スポンサードリンク
 
Loading RSS Feed
 

え、誰だっけ?知り合い?
いや、高級外車に乗った丹波哲郎など知り合いにはいない。

混乱して固まっていると哲郎は助手席のドアを開け(パワーウィンドウとかないからそうしないと話せない)
「いや~若いお嬢さんがこんな車に乗っているのを見てビックリしたよ。しかしいい車だね、少し見せてもらってもいいかな?」と言う。

別に眺めるくらいは構わないので「どうぞ」と言うと助手席に乗り込む哲郎。
見るって中を見るの?!
突如知らない男性に車に乗り込まれてしまい困惑する私。
怖い人だと困るのでとにかく刺激しないように平静を装い哲郎に聞かれるまま車を買った経緯などを話した。(ちなみにサングラスを外した哲郎は60代くらいの老人でした)

しばらく話した所で哲郎が「近くに美味しいケーキ屋があるんだよ、この車でドライブしよう!」と言い出した。
話の中でこのあと帰宅するだけだと言ってしまっていたし、若かった私はどう断ればいいか分からず仕方なく車を走らせケーキ屋へ。
バッチリキメた哲郎が女性だらけのケーキ屋さんで目立つ目立つ。

ケーキを食べながら哲郎の携帯に保存されたお気に入りのお姉さんの画像コレクションを延々見させられる。
携帯ショップやカフェの店員さんを写したものらしい。

その後カフェの梯子を提案されたがさすがに断り、何とか元のお店へ戻って哲郎を下ろした。
降りる前にハグしてくる哲郎。
欧米か。


帰宅し両親に事の顛末を話すと、何かあったらどうするつもりだったんだとめちゃくちゃ叱られた。
そりゃそうだ。

もし今度このような事があったら、絶対ちゃんと断ろう!と心に誓った。

これで終わったかと思いきやまさか続くことになるとは。

 

648: 名無し 2015/08/25(火) 18:39:22.02 ID:N6HOJxgU.net

2/3

翌日 仕事中に車を買ったお店の奥様から電話が掛かって来た。
奥様曰く、丹波さんと仰る方がお店に来て「私さんの友人でこのお店の事を聞いた」と言われたので「ああ、そこの◯◯会社にお勤めの?」と世間話を始めた。

暫くすると哲郎に「私さんに借りたCDを返したいから連絡先を教えてもらえないか?」と言われたが、勝手に教える訳にはいかないと断った。
でも話の流れで勤め先を言ってしまったのでもしかしたら会社へ行くかもしれない、申し訳ない。とのこと。

その後 会社の支店から連絡が入る。
「丹波さんと仰る方が来社され、私さんに会いたいと言われた。私さんは◯◯支店の勤務なので、と伝えたからそちらへ行くかもしれない。」とのこと。
(‘A`)ウヘァ

私は受付や総務に「丹波さんという人が来てもいないと言って欲しい。ストーカーじみていて怖い。」と話しておいた。

するとさらに翌日、出社しようと家を出た瞬間に会社から電話が。
「例の丹波さんが来ている。私さんはいないと言ったが、いま出社すると鉢合わせる可能性があるから少し遅れて出社しなさい。」と総務のおじさまが気を利かせてくれた。
哲郎も諦めたのかその後追い回される事は無くなった。
会社にまで迷惑を掛けてしまい、毅然と断らなかった自分を本当に後悔した。

これで終わったと安心した私。
このあと哲郎と2回遭遇します。

 

649: 名無し 2015/08/25(火) 18:41:26.58 ID:N6HOJxgU.net

3/3

1回目の遭遇。
友人と人気のカフェへ行くと、テラス席にとても目立つ男性が…。
1人優雅にお茶する哲郎。
見付からないよう縮こまる私。

2回目の遭遇。
当時 妹がバンド活動をしていて、普段は中々使えない大きなライブハウスで演奏できることになったので家族総出で観に行った。
私達は後方のテーブル席でまったりしていたのだが、前方ではステージギリギリの所でやたらノッている目立つ男性が。
妹が演奏を終え観客に挨拶していると妹に近寄り強引にハグ。

こんな所に?!哲郎!!

ここからは妹の話。
音楽スタジオで練習をしてから外に出た所でおじさんに声を掛けられた。
おじさんからライブのチケットが欲しいと言われ、郵送すると言っても直接受け取りたいとしつこいので仕方なく後日待ち合わせることに。

待ち合わせ場所に行くとそこには繁華街のど真ん中にも関わらずガードレールに片足を掛けドラムスティックで電柱にビートを刻むおじさんがいた。
ビックリした。

という話を夕飯の時に妹から聞いていたのだが、そのおじさんがまさかの哲郎だった。

全く違う場所で姉妹共に哲郎に声を掛けられていたことに家族全員ビックリ。
今では笑い話ですが、あの時はホントに疲れた。

 

650: 名無し 2015/08/25(火) 19:01:03.31 ID:iN3KErRC.net
>>649
ワロタw家族諸共目を付けられてたんじゃね

 

651: 名無し 2015/08/25(火) 19:03:06.30 ID:za+Rv0/0.net
>>646-649
総務のおじさまに胸キュン

 

652: 名無し 2015/08/25(火) 19:04:30.51 ID:qelFSoPd.net
姉妹揃って好みだったんだろうな…

 

654: 名無し 2015/08/25(火) 19:31:01.91 ID:7VkidD31.net
その後はどうしたの?
ストーカーじゃなかったの?

 

655: 643@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 20:44:55.70 ID:N6HOJxgU.net

>>651
総務のおじさまは紳士で素敵な人でした。

>>654
その後は何事も無かったです。お気に入りのお姉さんが沢山いらしたのでそちらへ行かれたのかと。

スポンサードリンク


  1. 略奪された。 相手は私より9歳も若い。若さは無敵だ。相手が幸せになってくれるならそれでいい、って思ってしまう自分は救いようの無い馬鹿だよね。
  2. 法務部の同期「お前、セクハラで訴訟を起こされたぞ」私「誰に!?」法務「即退職した派遣。抱き着かれたりしたって」私「…」 → そして法廷に赴いた結果は、まさに逆転裁判!
  3. 俺「年末の忘年会は重要だから派遣も全員出席」派遣リーダー「男8000円女7000円の会費は我々には高すぎる。派遣にまで強制するのはおかしい。勘弁してくれ」俺「月60万円派遣元に払っている。金が無いのは個人の問題だ」派遣の連中の神経が分からないよ
  4. 結婚式に新郎の元カノが参加していた。元カノ「招待されたからきた。(新婦)に蹴られて流ザンしてから体調悪くて、中々来れなくてごめんね」新婦・新郎「…」俺(こいつヤベェ…) → そして明かされた衝撃の真実は…
  5. 妻「お腹の子、ダウン症みたい…育てる自信がないからオロしたい」夫「絶対だめだ!この人ゴロし!」妻「そんなに言うなら産む。シングルファーザーとして育てろ」夫「それでいい!」 → そして生まれた結果は、まさかの…
  6. 兄嫁「(姪)が(俺)のオモチャにされてる!絶対に訴える!慰謝料もらって離婚!」メガネデブな俺「!?」 → しかしまさかの真実が判明。 兄 「弟が迷惑かけたな」兄嫁「わかってくれたらいいのw」
  7. 6年前、「幼馴染だから旦那と言うより弟だった」と元カレの元に去った元嫁が事故シしたとの連絡があった。母「あんた宛の手紙が何通かある。読んだ方がいい」俺「燃やしてくれ」 → その中身は…
  8. ケーキ売りで店先に立っていたら、彼女と元彼がクリスマスのケーキセット買って行った。それを見て俺は二番目である事を確信し、別れを告げた →そして10年後なんと…
  9. かつて俺を強烈にイジメていた従兄に臓器移植必要となった。親「適合するか検査を受けろ」俺「わかった」医者「適合します」親「移植だ!」俺「いやいや、しないよ?」 → 結果。
  10. 息子は幼馴染だった女に捨てられ、彼女は他の男に乗りかえた。しかし3年後、元彼女「(息子)に会わせてほしいです…」私「もう結婚しているよ」元彼女「!」 → 衝撃の結果に…
  11. 店員「お釣りの400円です」俺「…一万円出しましたよね」店員「千円札でしたよ」俺「警察呼びます」店長「お前ふざけるな!」 → 警察が登場し、店員が紙幣の指紋を拭こうとした瞬間…!
  12. 「妻と行為」と言うタイトルで動画。ただ間男を受け入れていた妻。号泣する部下。睨みつける俺。上司「会社の顧問弁護士を呼んでこい!」→ 間男「見苦しいな」次の瞬間、トンデモナイ展開に…
  13. 5歳の俺を捨て、男に走った母。その10年後、寂しさから会いに行くと母は庭先で一家団欒の最中だった。しかし俺と目が会った瞬間、鬼の形相に… → 俺は言葉を交わすことなく決別を決心。そして更に20年後、なんと母から知らせが届く

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  • 通帳が盗まれた。犯人は義兄嫁と判明し、謝罪と賠償も受けたのだが、この後に予期せぬ修羅場が待ち受けていた←その話し合いの各自の意見がカオスすぎる。自己主張激しすぎw
  •  
     

    9件のフィードバック

    1. 名無し より:

      結果的に被害は出なかったけど軽率やね

    2. 名無し より:

      出川最低だな!

    3. 名無し より:

      こういうレベルの低い創作はなんかな

    4. 名無し より:

      クソつまんないから本当の話じゃね?

    5. 名無し より:

      軽率過ぎるし、自分ならお気にのレトロ車の窓叩かれた時点で、腹立って相手にしない

    6. 名無し より:

      そこまで来たらどんな奴なのか確かめたくなる

    7. 名無し より:

      作文のまとめ方が下手。小学生レベル

    8. 名無し より:

      小奇麗な格好した不審者だな
      普通の不審者よりタチが悪い

    9. 名無し より:

      目的くらい聞き出せよ

    コメントをどうぞ (NGワードが入っていると反映に時間がかかります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。