1. 産婦人科を受診すると妊娠が発覚。私「(何で?時期的に誰とも関係を持ってないのに・・)」 → 会社に帰宅すると、上司『できてた?(ニヤ』私「え?」 → 驚愕の真実が・・・
  2. 酔った私『一番好きだった人と結婚したかった、人生間違えた』夫「え?」私『あっ、』 → 後日、夫「…」私『ど、どうしたのよおお!!(泣』 → なんと・・・
  3. 同僚『離婚したい。俺は所詮ATM扱いだ』嫁「離婚したくない(号泣」娘「お父さんを臭いなんて言ってごめんなさい(土下座」 → 離婚した数年後、同僚『』俺「!?」なんと・・・
  4. 突然婚約者の事がムリになった。私『結婚できない。別れましょ』彼「え?」『サヨウナラ』そのまま友人のいる海外へ → 帰国すると、同僚「お前を俺達は一生許さない」なんと・・・
  5. 元嫁の希望で離婚。数年後、親「あんたの元嫁から電話があったよ」俺『え?なんで?』「連絡してほしいって。でも一度興信所で調べてみる」 → 興信所「…」俺『ファッ!?』
  6. 嫁のウワキが発覚。俺『間男は?』嫁「あなたの先輩」『え』 → メールと録音した音声を聞くと・・俺『おk』 → 後日、先輩の49日法要が終わった。ざまぁ。嫁「ごめんね(泣」
  7. 俺『今日は結婚記念日だね』幼馴染の嫁「元カレとウワキしてる。ってか本気」俺『え?』間男「慰謝料の400万です」 → その後、実家「毎年手紙が届いてるよ」 → ざまぁwww
  8. 私をイジメてた連中から同窓会の案内がきたので、『娘はタヒにました。「本人もその家族も許さない。みんながタヒぬまで呪い続ける」と言っていました』と書いて返信した結果wwww
  1. 俺「愛しているよ」嫁「私も愛している」 その晩の嫁のスマホには間男に向けて「旦那が愛してるとか言ってきてキモい」  → あーあ、嫁は最後のチャンスを自ら不意にしてしまいました
  2. 事故の影響で夫の顔がメチャクチャ醜くなった!夫「君はまだ若いから別れよう」私「絶対に別れない!」夫「え!?」 → その理由は墓場まで持っていきます
  3. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  4. A『イケメンで高学歴で金持ちでモテモテ』B『地味顔で真面目で心優しい』 この2人の幼馴染から言い寄られて、結婚相手に選んだのは…
  5. 娘「友達のお父さんのクルーザーに乗せて貰えることになった!一応この念書にサインしてだって」私「念書?…事故の責任は取らない!?」娘「うん」私「船長の命令には絶対に従うこと!?」娘「うん」私「却下!!」娘「!?」 → 教育方針として間違っていないと思うんだけれど、なんかモヤモヤしている
  1. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  2. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  3. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  1. 嫁の托卵に気付いた義弟は、絶好のタイミングで嫁と娘に復讐を開始した。こんな復讐の仕方もあるのかとゾッとした
  1. 大学時代から5年つきあった婚約者に式直前で浮気された。相手は後輩。学生時代から隠れて婚約者にアプローチをし続けていたらしい。 → そして10年後の現在は…
  1. 彼女が浮気相手の子供を妊娠。彼女『中?費用が必要』俺『俺の子じゃないし...』彼女親『払わないと慰謝料云々?』『男の責任とれ!』←はぁ!?
   

【夫婦】俺「俺白血病だって」嫁『私は絶対別れません』俺「俺死ぬかもしれないのに…」→4年後、俺「覚悟をしてくれ」嫁「転地療養、田舎に引っ越そう!」→その結果…

391: 2008/07/22(火) 00:08:28

自分語りなんで、気に入らない人は勘弁。

8年前、当時20歳の大学生だった妻と結婚した。俺は当時28歳。
普通に卒業してから、と思っていたが、妻はちょっとばかり苦労人で保護者的な人とうまくいっておらず
「早くうちとけた気持ちになれる家族が欲しい」という希望だったので。

1年たって、会社の健康診断→精密検査で、俺が白血病の一種にかかっていることが発覚した。
かなり衝撃をうけたが、悩んだ後で妻に正直に打ち明けた。
場合によっては離婚も視野にいれていた。

「絶対、(離婚は)いやです。結婚して大学で珍しがられてるのに、
そのうえあっと言う間の離婚なんてできません」
「しかし、俺と一緒にいてもこの先の長期的な展望は描けんのだけど?」
「○○さん(=俺)・・・・・死ぬんですか?」
「すぐには死なんw 薬で抑えて、一応普通の生活はできるし、薬で治った例もある」
「ならいいじゃないですか」
「よくはない。悪化する可能性だって同じくらいあるそうだ。先は全然分からない」
「可能性で別れる話はしないで下さいよ・・・わたしをキズモノにしたくせにw」
なんだか、妻には余裕があるように見えた。

俺の白血球は異常な数値で高め安定し、たまに倦怠感や眩暈はしたが、体重が増えたり
病人とは自分でも思えない良好な体調を維持した。
その間に妻は卒業して、OLになっていた。




392: 2008/07/22(火) 00:09:26

4年間が過ぎて、俺の白血球がまた増え始めた。洒落にならない数値を叩き出し始めた。
もう一度、妻と話をした。
「これで、赤血球や血小板の数値が崩れ始めたら、それなりの覚悟がいる」
「また、別れようとか言い出しませんよね?」
「いや、この際、きみには頼ることにする。しかし、申し訳ないな・・・」
結局、「2人で前向きな人生をおくれるよう考えてみよう」という、恐ろしく健全な結論がでた。

妻の提案で、自然環境のいい田舎に引っ越すことにした。
「転地療養ですよ」
「いや、結核とか脊椎カリエスじゃないんだからさw」
「脊椎カリエスってどこかで読みました・・・誰でしたっけ?」
「志賀直哉。それくらいすぐ思い出せw」
馬鹿な会話をして笑った。
俺は「田舎に引っ越してそれでどうなる?」と思っていたが、妻は東京での会社勤めが
俺の身体に負担を強いていると考えている節があって、積極的にことを進めた。
血液内科のあるそれなりに大きな病院の近くの田舎町を見つけた。
夫婦で住むには広すぎるそこそこ綺麗な一軒家を購入できるらしかった(中古だが)。
物件は東京の感覚からするとひどく安いのだが、当地では高価なのだそうだ。

仕事をあたってみると、なんと俺の収入は3分の1に、妻の収入は3分の2に激減することがわかったw
これにはびびって、俺は引越に大反対したが、話し合いの結果、それでも並みの暮らしはできるし貯金もできると
妻に言い負かされ、さらに「自分の身体を大切に考えないのか」と追い討ちされて、しぶしぶ転職に同意した。
それまでの仕事を辞めて田舎に引っ込むのは正直、無念だった。
忙しかったが、別に命を削って仕事をしているほどではなかったし。
「そんなに収入が減ったら、貧乏臭い生活になるかなあ」と思った。
体力的にも時間的にも余裕ができる仕事になるのは確かだったけれど。
俺の体調が安定するのを見計らって、ついに都落ちした。

 

393: 2008/07/22(火) 00:11:01
で、今現在。
こうして俺は(自分の感覚では)元気で暮らしている。
年に1回くらい、お医者さんの顔が曇るけれど「今すぐは死なない。この先は予断を許さない」という状況は変わらない。
たまに突然、死ぬことへの恐怖と不安で夜中に叫びだしたくなったりして困るがw、普段は病気のことは忘れている。
むしろ、毎日欠かさず俺の体調を確認する妻の気苦労を考えると、そっちの方が気が重い。
妻が服もろくに買わないで、いざという時のために貯金にまわしているのも面目なくて気が重い。
金はそこそこあるんだぞ!とたまに叫びたくなる。(が、八つ当たりなので言わない)。
近所に友人もできたし、最初の予定より収入はあるし、病気さえなければ快適に暮らせるのに。

都会が便利で懐かしい、とはさすがにもう思わなくなった。
最初、俺は田舎へ引っ越したのが面白くなくて、友人に過剰なくらい「田舎の自然の素晴らしさ」をネットや手紙で宣伝した。
真に受けた連中が彼氏・彼女や配偶者を連れて何人も遊びに来た。
中には子供の昆虫採集や釣りのために何回もやってくるリピーターもできた。
ひどいのになると、「自然の中で遊ばせてやってくれ」と、東京から小学生の息子1人だけで飛行機に乗せて送りつけてくる
友人までいて、そういう厚かましいのは大抵、妻の友人ではなく俺の友人だったりするw
今年も2組、予約がはいっていて、妻は「夏休みはにぎやかになりますね」と笑っている。

妻はあいかわらず俺に敬語をつかっていて、やめろといってもなぜか意地を張ってやめない。
引っ越した当時は、植物図鑑を持って田舎道を夫婦で散歩するのが楽しみだったが、最近では鳥に興味を覚えたらしく
「庭にキツツキがきました!」とか「フクロウが鳴いてます!」とか、報告をしてくる。
バードウォッチング用の双眼鏡くらい買おうよ、と水を向けると嬉しそうにネットで検索していた。

 

395: 2008/07/22(火) 00:13:04

結局のところ、もしも妻の卒業まで結婚を待っていたら、俺の病気が先に発覚したわけで、そうなったら
はたしてどうだったろうかとも考える。
8歳年下の妻に支えられる夫というのはけっこう情けないけれど、とにかく今のうちに仕事だけはしっかりして
せめて経済面だけでも、妻の不安を取り除いてやるしかない。

まとまらないけれど、さっき、ちょっと恐怖で胸を締め付けられる思いがしたので、落ち着く目的もあって思い出を書いてみた。
もし、暗い印象を与えたらすまん。実は、普段の俺はいい年してけっこう明るくて、B級パニック映画と魚釣りが好きな
外見だけはけっこう若いつもりの田舎のおっさんだ。
田舎のおっさんになってしまったのは無念でもあるが、家庭菜園と釣りを覚えたおかげで食卓はけっこう豪華だし
悪いことばかりではない。

 

394: 2008/07/22(火) 00:12:52
映画化決定

 

399: 2008/07/22(火) 00:58:20
>>395
最高の嫁をもらいやがって。
三国一の果報者めが!

 

402: 2008/07/22(火) 12:15:03
>>395
一病息災って言葉もある。
嫁さんとめいっぱい幸せに暮らせ
がんがれよ

 

403: 2008/07/22(火) 12:33:15
>>395
良い嫁もらってうらやましいぜチクショー!!
祝ってやる!22世紀まで生きられる祝いかけてやる!

 

……..

813: 2008/09/02(火) 01:18:45

>>391で長文書かせてもらったものです。
その節は妻を褒めてくれたり励ましのレスつけてもらったのに何の反応もしなくて申し訳なかった。
体調は非常にいい。これだけ体調がいいともう死ぬ死ぬ詐欺に近いね、実際。
8月は医者も機嫌がよくて、俺の病状じゃなくて釣りの話しかしなかった。
白血球値は17000だから正常値の倍近いが慣れるとこれくらいじゃ誰も驚かなくなるw
白血球の中身のバランスに問題ありだが、少なくとも出ちゃいけない細胞は今のところ消えたまま。

それでまあ、追加で書くんだが。
夫婦で長いこと顔をそむけてきた問題に向かい合いましょうということになった。
子供作ることにした。

今までは本意ではないけど避ニンしてた。そりゃやっぱり、俺としては悪い可能性考えるから。
いざという時は子供いない方が身軽だろうとか何とか。
でも妻がリスク承知で一緒に頑張りましょうよと言うのに「嫌だよ」とは言えないし。
よくよく考えて言い出したことには違いないから、それならば冒険だけど俺もめったなことはあるまいから
頑張ってみようという結論になった。
毎年遊びに来る友人の子供見てうらやましかったんだろうなとまたしても引け目を感じた。

まあ頑張るよ。なんとかなるだろう。

 

814: 2008/09/02(火) 01:41:33
>>813
つ 気合いの一発

 

816: 2008/09/02(火) 02:15:56
>>813
良かったな。
作るつもりなら、最初から病院に行ったほうがいい。
最近は妊娠するまでを専門にやってる婦人科もあったりするから
ネットで色々と調べて。

 

830: 2008/09/03(水) 01:12:16

いつか、貴公が自分の子供と対面した時、
信じられないほどの生命力が貴公自身に溢れかえるだろう。

ご自身と奥様の幸溢れる未来を願わずにはいられない。

 引用元:https://www.logsoku.com/



  1. 店長奥『助けて・・』家に着くと服を着てない店長奥が呆然と立って居て、目の前の光景には・・ → 警察「事情聴衆する。お前・・」俺「え?」救急車「ピーポー」 → その後・・・
  2. 子どもが通知表が素晴らしかった。嫁『私の遺伝子のお陰。あなたは高卒だし』俺「お前の大学なんて・・」翌日、テーブルの上に緑の紙が置かれてた → 役場に届けを出した結果・・・
  3. 友人A『お前の嫁妊娠させてやったw』俺「本当か?」嫁「ごめんなさい(泣」友人A(ニヤニヤ) → 俺「ありがとな、マジで。お前に感謝するわ」友人A『え?』 → なんと・・・
  4. 奥様方が家の前で井戸端会議。なんで5時間も立ち話できるんだ…→娘「立ち話してるオバさんたちが怖いの」一体何があったのか尋ねてみると…→引っ越しレベルの大問題に…
  5. 全治3ヶ月の骨折をさせられた俺『被害届出します』刑事「受け付けません」 → 俺『被害届を…』県警「ふざけんな」 → 俺『もしもし警視庁ですか?』 → そしたら…
  6. 息子嫁「間男の子を妊娠した」息子『それでもいい。再構築しよう(土下座』息子嫁「おk」私と夫「金輪際私達には関わるな」 → 後日・・・私「え?」衝撃だった
  7. 嫁は綺麗な服を着て楽しそうに男と笑っていた。 そして冷徹に顔を合わすことなく離婚 → なんと2年後、元嫁が現れて…
  8. 会社で発作(喘息持ち)が起きた。吸入しようとしたら・・同僚『こんな物してるから治らなくなる』取り上げられ踏みつけ破壊。救急車(ピーポー) → 翌日、会社に出勤すると・・・
  9. 彼氏は漫画家を目指していた。私「どんなの描いてるの?」彼「まだ見せられるようなものじゃないから」 でもある時彼氏の友人が 「本当は既にコミックスも出してるけど、私ちゃんに見せられるような漫画じゃないからねw」 → そして教えられたペンネームで検索すると… 私「なにこれ!?」
  10. 義実家でお風呂に入ってると突然の停電。私「!?」ドアの開く音と同時に、体中を衝撃が包んだ → 起きると病院のベッドで酸素吸入器をしてる私・・ → 驚愕の事実が判明・・・
  1. 結婚する予定だった年上30代後半彼がアルバイトになっちゃった。半年後には契約社員への面接があるらしいんだけど、先見えないし別れたい…
  2. 友「あんたの彼氏結婚するの?」私「え!?誰と??」→3年間2股進行で捨てられた私→怒った地元の友人たちは結婚式をボイコット→その結果wwwwwww
  3. 妹は畜生だ。奴は私の婚約者を奪い、腹を蹴って私を流★させた→親「あんた姉だし、不倫で追い出された妹の面倒みろ」→私に子連れで寄生しようとしたので夜逃げした結果…
  1. 嫁「もう離婚しましょう」俺「…わかった」嫁「念のため調停調書を作りたいから調停離婚ね」俺「…わかった」嫁「養育費は2-4万かな」俺「…わかった」 → いざ申立書が来たら『養育費22万』!嫁に入れ知恵したのは誰だ!
  2. 嫁が元同級生とW不倫 。嫁は俺が全部知っていることを何も知らない 。一気に離婚を突き付ける! → 離婚後に判明した衝撃の事実とは…
  3. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  1. jk「この人、痴カンです!」イケメン「俺?違うよ」駅員「本当ですか?」俺「冤罪ですよ。俺、見てましたから」→ すると、イケメン「・・・」→ 衝撃のオチ…
  2. 主人が出張しているとき年下の彼のところに泊まっていたら、いきなり主人と弁護士他の訪問を受け、その場で離婚を告げられました。彼にもその場で捨てられ、何もかも失いました…
  3. 息子は自閉症だったのでお世話係として10歳下の娘を作ったが、せっかく作った娘も軽度の発達障害の自閉症だった。その娘は25歳になったが兄の面倒を見ずに就職している。障害者なんだから健常者である両親の言う事を聞くべきなのに
  4. ママ友「奥さん、男の人とホテルに入っていったよ…」俺「!?」そして調査の結果は真っ黒だったが、結局再構築。 しかし嫁は、なんと… → 決着つけて半年、嫁から届いたメールの中身は…
  5. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  6. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  1. エレベーターで女が「開」ボタンを押しっぱなしでこっちをチラ見。俺(何だコイツ)女『あの、早く降りてくれない?マナー違反ですよ?』 → すると、警察が駆けつけてきて・・・
  2. 嫁が妊娠!?喜ぶ俺を地の底に叩き落した嫁の言葉は、「あんたの子じゃないから勘違いしないで。育てさせてあげるけど、父親ヅラはしないでね?」 衝撃の事実は他にもあって…
  3. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  1. 主婦「トルコリラで1200万円失いました、買ってからただの一度もプラスになったことはありませんでした」
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
    2. 嫁が嫁上司と浮気。しかし嫁上司「夫婦関係は破綻してたんでしょ?慰謝料なんか払わない」俺「!?」 → 相手が一番ダメージを受ける復讐をした結果は…
    3. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    4. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
    5. 社内の美人をデートに誘った。 当日… 地味女「こんにちわ」俺「!?」 → 人間違えだったと言えないまま、その3年後…
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
    1. 結婚前提にお付き合いしていた彼女に3回も衝撃を受けた。
  •  
     

    1件の返信

    1. 匿名 より:

      脊椎カリエスのくだりいったかな

      0

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。