1. 彼女父「君の実家は居酒屋なんだね。うちは公務員一家だから。娘を居酒屋に嫁がせる親の気持ちも考えてほしいよ、まったく」 俺「⁉」 → 我慢の限界だった俺は…
  2. 清掃員をしている俺が倒れている人を介抱したのがキッカケで凄い美人の超お嬢様と交際することになった! → 彼女「初めてカレー作る」俺「(100g1500円の肉!?)肉はもっと安くても…」彼女「ごめんなさい…」 → 友人達「別れたほうがいい!」俺「!?」
  3. 仮面ライダーの劇場版を見に行った → 隣の女性「子供を膝に座らせてあげてもらえませんか」俺(マジか!?) → 無神経だなと思ったが、想定外の展開に…
  4. 私が、バーの男とか外国人のイケメン達を家に連れ込んでたのを、娘の同級生の母親が目撃!娘はいじめの対象に… → 数年後… 娘「やっと弁護士になれた。父さんのような人を助けたい」私「なにそれ嫌味?」 娘は…
  5. 俺(へぇ、托卵って本当にあるんだ…娘のDNA鑑定も試しにしてみようかな)結果、まさかの托卵発覚! 俺「…ということなんだけど」嫁「…!!」 → そして発覚した相手の男は、なんと…
  6. フラフラな猫がいた。彼女「あ、助けなきゃ」俺「助けてどうするの?治療できんの?獣医にもっていくなら、治療費は?治ったとして、それから飼える?里親さがせる?それ全部覚悟してる?俺は関知しないけど?」彼女「」 → それでも彼女は助けたが、なんと…
  7. 美人でキャリアウーマンな嫁に謎の出張が増えた。 → そして偶然、嫁がある芸能人とSNSで繋がっていることが発覚!俺(…ウワキしてるのか?) → 嫁が出張するのにあわせてICレコーダを仕掛けた結果…
  8. 嫁「私と結婚してくれてありがとう」→ 酔った嫁「借金で(俺)に売られた。本当は恋愛を楽しみたかった。 父とあなたがいなければ好きな人と結婚したかったのに」俺「!?」 → 急激に俺が冷めた結果は…
  9. 久しぶりに帰省したら、兄嫁が残り物を食べさせられていた。俺「兄貴頭おかしくなったんか?今のお前、昔の親父そっくりやぞ!」兄・母「!!」
  1. 美人で貞操観念が強く「男が苦手」と言っていた嫁。 しかし… 知人「奥さん、ご懐妊おめでとう!産科から出る所見たよ^^」 → 俺「できたのか?」嫁「実は…」  →  全く想定外で、青天の霹靂な結末は…
  2. 事故の影響で夫の顔がメチャクチャ醜くなった!夫「君はまだ若いから別れよう」私「絶対に別れない!」夫「え!?」 → その理由は墓場まで持っていきます
  3. 俺はキノコ栽培の会社に勤務。彼女親「キノコ農家なんかに娘をやるか!」彼女「ごめんね(泣)」俺(キノコを馬鹿にされた…) → 10年後、なんと
  4. 友人が復讐されている。彼女がどこに逃げても、名前を変えても、昔のフリンのえげつない証拠が密告される。…本当に不思議だよね。
  5. 仕事も性格もパーフェクトで美人な彼女。そんな彼女の家にアポなしで訪問したが、焦った声でドアを開けてくれない… 俺(ウワキか…?)彼女「絶対に怒らない?」 → 衝撃のの光景が
  1. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  2. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  3. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  1. 彼氏が大金持ちだと婚約直前に発覚した。私「だましたの!?」彼氏「そんなつもりは…」私「人を試すような人間は品性が無い!」 → 結局別れた数年後、元彼氏にお金を借りに行ったら…
   

近所のおばさん「ちょっとあんた!お見合いしなさいよ!」30代彼女いない歴年齢の俺「えぇ…超ハイスペックな女ならいいですよ」おばさん「おk。まかせなw」 → なんと結果は…

スポンサードリンク

468: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/19 18:42:43

よし、俺が馴れ初めを3行で書いてやる 

俺と嫁は軽いお見合いのような形で出会った 
そして会ってすぐにフラれた 
その後いろいろ会って結婚した

スポンサードリンク



471: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/19 19:02:21

>>468 

kwsk!!! 
夜勤なのでまったりでお願いします。

 

472: 468  10/19 19:59:52
>>471 
当時の俺は30半ばで彼女いない歴=年齢、玉砕数も20を超えていた 

あまりにもダメダメだったので大手の婚活会社とかにも登録したけど、妥協に妥協したデブスにさえフラれ、金払うのがばからしくなって婚活を諦めて趣味に生きることに決めていた 


まぁ、低学歴(高卒)・低収入(小さい上に同族会社で将来性もなし)・低身長(165cm)
顔だってどうひいき目に見ても中の下・無趣味の根暗じゃぁ無理もないとは思う 


そんな中、住んでいたアパートが取り壊しになり、あるマンションへと引っ越した 

そこはオーナーが1階に住んでいる3階建て、全部で10室もないような小さなマンション
昔の下宿みたいな感じでオーナーのオバさんが色々と住民の世話を焼くという、今時にしてはちょっと変わっている代わりに家賃が相場より安かったので決めた

 

474: 468  10/19 21:23:33
>>472 
引っ越すと初日からオバさんがいろいろと世話を焼いてくれた 

主にオバさんが作った料理をお裾分けされる程度だったけど、そのうち彼女がいないとわかるとやたらとお見合いを勧めてきた。
そうオバさんは近所でも有名なお見合いオバさんだった 


俺は低スペックだし無理に結婚しなくてもいいと諦めていると断っていたが、とにかくしつこい。
毎日のようにやってきてお見合い・お見合い、私が絶対まとめてあげるからと引き下がらない 


いい加減嫌になっていた俺は、お見合いオバさんに無理難題な条件を出すことにした 

旧帝卒・一流企業勤務・身長175cm以上・標準体型・家事全般が完璧・初婚で子供無し・婿養子なし・美人で優しい人 

まぁ、俺の釣書みたら鼻で笑うようなスペックを希望した
さすがにこんな人はいないだろうし、いても俺を相手にするわけなんてない 

オバさんは探してみると言っていたけど、無理に決まっている 

これによりオバさんのお見合い攻撃はぴたっと止まった

 

477: 468  10/19 22:10:39
>>474 
しばらくはオバさんとはお裾分けとか程度の付き合いだけになり、俺は平穏な日々を過ごしていた 

しかし、俺はお見合いオバさんをなめすぎていた 

お見合いを断って2ヶ月ぐらいしたとき、オバさんがそれはもう喜色満面でやってきた。
条件をほとんど満たす人を見つけたから是非あってくれと 


俺はありえねーと思ったけど、断るわけにも行かないし、なによりそんなスペックの人がいて俺に会おうとか言うこと自体に興味があり、どうせ失敗したところで玉砕数が+1されるだけだしオバさんにOKと伝えた 


ということで、行ってきましたよ、お見合いに
行ったら確かに細身で長身の女性がいた
残念ながら美人ではなかったけど中の上ぐらい
旧帝卒ではなかったけど某国立大学卒
あとはほぼ希望スペック通りだった

 

478: 468  10/19 22:25:20
>>477 
オバさんがいる間は当たり障りが無い会話だけをしていた 
そもそも相手の反応から見ても俺に興味があるようでは無かったし、俺のほうももともと付き合えるなんて思っていなかったのでオバさんがいなくなるのを今か今かと待っていた 

そのうち後はお二人でとオバさんがいなくなったので、速攻で疑問をぶつけてみた 

「どうして俺とお見合いする気になったんですか?」 
彼女は唐突過ぎて返事に困っていたけれど、どうしても聞きたいと食い下がったら、やっと教えてくれた 

まぁ予想通りで、両親がオバさんに昔お世話になったので断り切れなかったとのことだった 

さらに失礼千万な俺は、「俺と結婚するつもりなんてないでしょ?」なんて単刀直入に聞いちゃったので、彼女は苦笑しながら「今は仕事が楽しいし、当面結婚するつもりは無い」との答え 

どう見ても俺のことを気遣って言ってくれたことは間違い無かったし、かなり優しい人だなぁと思った

 

479: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/19 22:26:00
しえん 
お見合いおばさんって凄いんだな

 

480: 468  10/19 22:48:38
>>478 
とりあえず、彼女が俺と結婚する気が無いのはわかったし、とりあえず久しぶりに若い女性と話をしたことだけで俺は満足だった 

帰り際に彼女にお見合いオバさんに断りを入れておいて下さいとお願いしたけど、いきなりお断りするとオバさんの顔が立たないので、3回ぐらいデートしてからお断りすることにしますと言われた 


前にやったお見合いなんて、帰り際にお断りしますって言われたんだけどなと思いながら、彼女の言うとおりにすることにした 


その後、彼女と2回ぐらいお茶したり映画を見たりしたけど、最初から先の無いお付き合いだったし何事も無く終わった

 

482: 468  10/19 23:22:39
>>480 
3回目のデートの日
あーこれで終わりなんだなーとか思いながら出かける準備をしていると、彼女から電話 

今日は行けない、次回もいつになるかは決められない、ごめんなさいという内容だった 
それ以上に気になったのは、とても落ち込んでいるのを無理しているような感じを受けた 

気になったので、お見合いオバさんのところに行ってみたら、オバさんの家はなんかバタバタとしていた 

そしてオバさんはとんでもないことを言った
「彼女の親が亡くなったけど、親類縁者がいないので葬儀の手伝いに行く」と 


なにか俺に手伝えることがあるかもしれないと思ってオバさんと一緒にいくことにした

 

484: 468  10/19 23:39:54
>>482 
俺とオバさんは彼女の家に行った 
全く知らなかったけれど、彼女の両親は駆け落ちして親類から絶縁され、父親は幼い時に亡くなり母親も病気で自宅療養していたが、昨晩急に具合が悪くなり亡くなったとのことだった 

彼女は憔悴しきっていたので、実質オバさんとオバさんの知り合いという人が通夜など全ての手配をしていて、俺はほとんどお邪魔虫だったが裏方のお茶出し程度の手伝いはしていた 


結局会社も休んで出棺が終わるまで手伝いをしたのだが、彼女の親族という人は一人も来なかった 


葬儀が終わって、49日までは彼女と合わない方がいいとオバさんが言ったので、49日には来るからと告げて帰った

 

485: 468  10/19 23:51:18
>>484 
49日にオバさんといっしょに彼女の家に行くと先客がいた 

長身のイケメンで、彼女の父方の親類だと名乗った 

そして親類が絶縁を解くので、今後は親類の方で彼女の面倒を見るので心配しなくてよい 
これからは親類で大事な話があるので関係者ではないあなたたちは線香あげたら帰って欲しいと言われ、早々に追い出された 

俺はそっかー絶縁とけて親類が色々援助してくれるし、これでいいんだなぁとか思っていた 

しかし、オバさんは何かを感じたようで、帰り道ひたすら怪しい・怪しいと言っていた

 

486: 468  10/19 23:57:13
>>485 
結果的にオバさんのカンは当たっていた 
そいつは親類でもなんでもなく、彼女の親が残した遺産目当ての詐欺師だった 
ギリギリのところで警察が来て詐欺師は逃亡、金銭的被害は無かった 

しかし母親を亡くしてすぐに詐欺未遂でまいってしまい、彼女は会社を辞めてほぼ引きこもりに近い状態になってしまった 


俺と彼女は直接会うことはなくなったけど、月に数度メールのやり取りはしていた 

内容は今日晩御飯は何を作りましたとか、本当にたわいのないことだけど、このつながりを絶ってしまうと彼女がどこかに行ってしまうような気がしていた

 

489: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/20 00:08:24
>>486 
支援

 

490: 468  10/20 00:14:37
>>486 
そのような関係が1年ほど続いたけど、彼女はあいも変わらず半引きこもりだった 
しかし、ある日いきなり彼女から喫茶店に呼び出された 

そこにはほぼ1年ぶりに会う彼女がいた
少しやつれていたけど最後に見た死んだような目ではなく、輝きがあるように思えた 


彼女は「夢枕に母親が立って『いつまでも悲しんでいてはいけない、前に向かって生きていきなさい』と言われた」と言った 

そう、彼女は立ち直ったんだと思った
と同時にこれで彼女との縁も終わるんだなぁと思った

 

493: 468  10/20 00:41:05

>>490 
そうしたらどうしても無駄なあがきとは知っていても言いたくなってしまった
既に1年前にフラれているくせにね 

俺は「好きです、結婚して下さい、自分ではダメなことはわかっています、でもどうしてもいいたくなってしまいました、ごめんなさい」
とイミフなことを言ってしまった 


すると彼女は「どうして謝るんですか、変ですよ」と言った 

やっぱりダメだったと思った俺は恥ずかしさいっぱいで伝票を掴んで逃げるように出て行こうとした 
すると「まだ返事をしていませんよ」と彼女に制止された 
「先のことはまだわかりません、でも私はあなたとお付き合いしてみたい、それではダメですか?」 

俺は「よろしくお願いします」と返事をして、正式に付き合うことになった 

もちろんお見合いオバさんにはすぐに報告したけど「私の目に狂いは無かった」とか言ってた
でも本当はフラれて終わっていたはずなんだよね 


その後は2年ぐらい付き合って彼女の誕生日に改めてプロポーズした
「今度はごめんなさいって言わないのね」と言われた 

今は子供(男女の双子)も産まれて幸せな日々 

支援ありがとう 
以上でおしまいです

 

496: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/20 00:48:08
>>468のそっけなさからは想像つかんくらい良かったよ。

 

497: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/20 00:52:27
ホントいい話だ。 
世話焼き大家のおばさんに感謝だな。 
もちろん嫁さんに対する468の直向きな気持ちが 
通じたのが心の氷を溶かしたのは言うまでもないけど。

 

498: 名無しさん@お腹いっぱい。  10/20 07:12:39
こういう話聞かせてもらうと、人の縁って何がきっかけで繋がるのかわからないとしみじみ思うわ。



  1. 【すごい結末】飲み会で、私が席を外した間に「代金未払い」で全員帰ってた。仕方なく私が4万円支払うことに→翌日、バイト先で『理由』を聞いたら、なんとイジメが始まって…
  2. 全治3ヶ月の骨折をさせられた俺『被害届出します』刑事「受け付けません」 → 俺『被害届を…』県警「ふざけんな」 → 俺『もしもし警視庁ですか?』 → そしたら…
  3. 警察『残念だけど相手(痴漢)は公務員だった。弁護士つけてるから裁判しても負けるよ』弁護士「犯人が謝罪したいって」私(放置しよ) → 3週間後、私「今かな^^」結果・・・
  4. 辞表を出した翌日の朝、会議室に呼ばれ行ってみると、本社の社長を含むお偉方がズラリと勢揃いしていた → 私(何だろう?社長がめっちゃ睨んでる...)→ すると・・・
  5. 高2の娘と夫が異常な程、急に仲良くなった。娘『一緒にお風呂入ろうよ~』夫「恥ずかしいから無理」私(関係持ってるかも・・) → 後日、夫「…」私「!?」なんと・・・
  6. 妻がした事は遡って調べればわかること。しかし、今となっては労力を使うほどのものとは考えていない。中絶が事実ならそれは妻が一生背負っていけばいいこと。杀殳人だから。
  7. 帰宅した嫁の髪がショートカットになってた → 俺『急にどうしたの?どこの美容室?メンバーズカードは?』嫁「持ってない」 → 『これ見て^^』とあるビデオを見せた結果・・・
  8. 友人A『お前の嫁妊娠させてやったw』俺「本当か?」嫁「ごめんなさい(泣」友人A(ニヤニヤ) → 俺「ありがとな、マジで。お前に感謝するわ」友人A『え?』 → なんと・・・
  9. 子供達の写真を保存してたハードディスクを、旦那が初期化。私(もう全てがどうでもいいや)→燃えないごみの袋を見た旦那「え?」(絶句)→なんと・・・
  10. 友人でコスプレイヤーだったAには謎の資金源があった。ある日、A彼氏から「コスプレでの行為撮影」で稼いでいたと連絡が。彼女との関係にうんざりしてた私は…→
  11. 救急車に道を譲った。警察『信号無視だね。交通違反、反則金7000円^^』俺「救急車来てたの見てたよね?」 → 東京消防庁「…」警視庁「!?」 → 後日、俺「え?」結果・・
  12. 元嫁の知人『元嫁今どうなってるか知ってる?』俺「知らん」『あの人さぁ・・これ見てよ』とスマホを手渡された → 言葉を失った俺に知人は申し訳なさそうな顔をして・・ → 結果
  1. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  2. 嫁「女友達と旅行行ってくる」 → 興信所「男と宿泊施設に入りました」俺『OK』 → これまでの証拠は確保済み。嫁の会社に電話でチクったら…
  3. 嫁と行為中 → 嫁『私上手くなったでしょ!先生に習っていっぱい練習したんだよ^^』俺「へぇありがとう。で、どこの先生?」『えっとね~!』 → 詳細を聞き出して・・・
  1. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  2. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  3. 会社で。ある営業が仏のような人たちの中で村八分状態…『事務職はムダ!腰掛けポスト、会社にとって損失!(2時間熱弁』 →社長「ほぅ…手本としてやってみろ!!」 →
  1. 【驚愕】泊まっていたホテルで目が覚めた→ 部屋の中に、知らない女性が10人以上いた・・・
  1. 警察に密告して父を刑務所にぶち込んだ。そして俺が面会に行くと、 父「待っとけよ、出たらわかってんな?」俺「…」父「!?」 → 父は発狂した
  2. 子供の瞳の色がまるで外国人みたい… 嫁「隔世遺伝によるものですね」夫「そうなのか!」夫母「…一応検査しといたら?」夫「検査したら二度と文句言うなよ!」 → そして結果は、なんと…
  3. 嫁と買い物中だった。男「あれ?今日は旦那とは別のパートナー?」嫁「だ、あなた誰ですか!」俺「俺がこいつの旦那なんですが?」男「」 → 次の瞬間、男は逃亡を図ったが…
  4. 父「返済できないから娘を好きにしていい」893「おk」私「妹には手を出さないで!」893「分かった。車に乗れ」→結果・・・
  5. 俺の単身赴任中、会社の先輩に仕込まれた妻「しらねえんだよ。そんなやり方。知ってるはずがない」その時突然思ったのよ。 嫁さん、浮気してるかも。 →10年の時を経ての最終報告
  6. 社内の美人をデートに誘った。 当日… 地味女「こんにちわ」俺「!?」 → 人間違えだったと言えないまま、その3年後…

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  •  
     

    4件のフィードバック

    1. 匿名 より:

      これ読むと身長って大した要素じゃないな。気にするのは思いっきり好環境でお育ちのじょしだな。
      にしても低家賃で料理と、おまけにお見合いがついてくるのは明らかに良い物件だろ。
      人間は皆、何がしか勘違いして生きてるものであるとは言えこれは。

      0
    2. 名無し より:

      俺と全く同じ境遇の人生送ってるやつっているんだな

      0
    3. 名無し より:

      合縁奇縁と言うけどこのお見合いおばさんがいなければ出来なかった縁
      うざがられる事もあるお見合いおばさんもこうやって現世での徳を積んでるのかな

      1+
      • 名無し より:

        こういうことがあるからお見合いおばさんをやめられないのだろうね
        人の縁とは不可思議なものだ

        1+

    コメントをどうぞ (送信から書込みが載るまで少しタイムラグがあります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。