1. 嫁のウワキが発覚。俺『間男は?』嫁「あなたの先輩」『え』 → メールと録音した音声を聞くと・・俺『おk』 → 後日、先輩の49日法要が終わった。ざまぁ。嫁「ごめんね(泣」
  2. 酔った私『一番好きだった人と結婚したかった、人生間違えた』夫「え?」私『あっ、』 → 後日、夫「…」私『ど、どうしたのよおお!!(泣』 → なんと・・・
  3. 突然婚約者の事がムリになった。私『結婚できない。別れましょ』彼「え?」『サヨウナラ』そのまま友人のいる海外へ → 帰国すると、同僚「お前を俺達は一生許さない」なんと・・・
  4. 元嫁の希望で離婚。数年後、親「あんたの元嫁から電話があったよ」俺『え?なんで?』「連絡してほしいって。でも一度興信所で調べてみる」 → 興信所「…」俺『ファッ!?』
  5. 俺『今日は結婚記念日だね』幼馴染の嫁「元カレとウワキしてる。ってか本気」俺『え?』間男「慰謝料の400万です」 → その後、実家「毎年手紙が届いてるよ」 → ざまぁwww
  6. 同僚『離婚したい。俺は所詮ATM扱いだ』嫁「離婚したくない(号泣」娘「お父さんを臭いなんて言ってごめんなさい(土下座」 → 離婚した数年後、同僚『』俺「!?」なんと・・・
  7. 産婦人科を受診すると妊娠が発覚。私「(何で?時期的に誰とも関係を持ってないのに・・)」 → 会社に帰宅すると、上司『できてた?(ニヤ』私「え?」 → 驚愕の真実が・・・
  8. 私をイジメてた連中から同窓会の案内がきたので、『娘はタヒにました。「本人もその家族も許さない。みんながタヒぬまで呪い続ける」と言っていました』と書いて返信した結果wwww
  1. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  2. 俺「愛しているよ」嫁「私も愛している」 その晩の嫁のスマホには間男に向けて「旦那が愛してるとか言ってきてキモい」  → あーあ、嫁は最後のチャンスを自ら不意にしてしまいました
  3. 彼氏と3年間の遠距離恋愛中だった。友人「ねぇ…彼氏さんから結婚式の招待状が届いたよ…?」私「え!?」 → 彼氏実家に聞いて判明した真相は、なんと…
  4. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  5. 俺「俺とは違ってモテるからうらやましいよw」モテモテの女「でも、本当に好きな人は私の事を恋愛対象として見てくれないんです」
  1. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  2. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. 嫁の托卵に気付いた義弟は、絶好のタイミングで嫁と娘に復讐を開始した。こんな復讐の仕方もあるのかとゾッとした
  1. 彼女の浮気は薄々感づいてた。忙しいって言ってた彼女から急に大事な話があると呼び出された。いよいよかと出向いた俺の覚悟なんざ屁のツッパリにもならない真実が待ち構えていた。
  1. 突然同僚がおかしくなった。上司に「(上司)さんってホントハゲですよね〜」女性には「胸が無いとモテないですよねw」→強制的に退職。それから一年後…Aさんは亡くなった
   

親戚の葬儀。火葬場で火を入れるボタン押す時間だったが… 奥さん「押せない!!(号泣)」 職員「次の予定ありますので私が押しますねー(ぽち)」私「!?」

http://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1361190550/

201: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 21:19:29.60 ID:6LM8VVUY

旦那の叔父の葬儀が凄く衝撃的だった。

お通夜と式は普通だったけど火葬場で衝撃の連続。
田舎だからか炉が3つしかないから、火を入れるボタンを奥さんが泣き崩れて押せないでいると
「次の予定ありますので私が押しますねー(ぽち)」と火葬場職員。
自分の地元じゃ炉が20くらいあるから遺族が押すまで待ってくれるから衝撃的だった。

焼きあがってお骨を拾いに行くと更に衝撃の連続。
自分の地元じゃ基本的に遺族が全て拾うんだけど そこではいきなり職員が
「えーと、これが頭蓋骨。蓋になるからよけときます」と手掴みでお骨拾って横によけた。
私の地元では遺族に拾ってもらって骨壺の蓋に布を敷いた上に置いて祭壇みたいなところに置く。
決してそのまま机?に直置きしない。

更に手掴みで喉仏を拾って奥さんの手のひらに「熱くないですから」って乗せる職員。
手掴みするなよ。
親族がお骨拾って入らなくなってきたらじゃんじゃか箸でつついてお骨を折る職員。
私の地元は遺族に折ってもらうから衝撃的だった。


最後にはスコップみたいなので「入るだけ入れちゃいますね」と乱雑に入れる始末。




206: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 21:30:50.49 ID:6LM8VVUY

続き
骨壺も自分の地元だと遺族に箱に入れさせてお布を結ばせて
「奥様に抱いて頂けると故人様も嬉しいでしょう」とか「ご長男様が自分を抱けるほど逞しくなった事に故人様も安心されているでしょう」
と渡すんだけど、そこは職員がちゃっちゃかやって「はい、奥さん」って渡した。

収骨室から出たら隣の収骨室がドア全開で、焼き台を掃除機で綺麗にしていた。
旦那の叔父の長男は「オヤジ、粉しか残ってないけど…掃除機で吸われるのかよ…」と呆然としてた。
掃除機使うなとは言わないがせめてドアをしめてやってくれ。

自分の地元だと職員が

「故人様もご遺族の方となるべく帰りたいでしょうから全部とは言いませんがなるべく多く拾って下さると私共も故人様もうれしく思います。万が一入り切れなかったお骨はあちらの納骨堂で供養させて頂きます」
って言うけどそう言うこともなく…。

色々と衝撃的な火葬場だった。
自分の地元が丁寧すぎるんだろうか。

 

203: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 21:25:06.54 ID:1BLFWYhM
うちの地方では、火を入れるボタンを遺族が押すなんて習慣はないなあ。
炉の前で坊さんがお経唱えて係の人が扉開けて、そこで最後のお別れをして、係の人がさーっと台をスライドさせて炉の扉を閉めて終わり。

 

205: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 21:28:43.12 ID:ddZabYLU
うちの方もその田舎と似たようなもんだわ
ボタンを押すのは職員の仕事ってのが違うけど

 

207: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 21:40:42.26 ID:vCV4W5Fu
地方によるんじゃないの?
うちのあたりは最近は市営の火葬場できたけど
ちょっと前までは村中総出っていうか交代で1昼夜焼いてたりして
たまに焼いてる途中で棺おけの蓋が開いたりして大変とか
生焼けで大変とかいろいろ聞いたし

 

210: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 22:05:27.35 ID:yKB/Rp7m
火葬場のボタンを身内が押す地域もあるとは知らなかった
ついでに、うちの辺りはお骨上げの場所は初めにお別れした場所と同じ
田舎だからか…

 

212: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 22:07:50.86 ID:RjZyhZTE
先日母の葬儀の時、火葬場で職員が頭蓋骨をお箸で割ってたが
数年前ばあちゃんの時は職員の手が滑って頭蓋骨を床に落として勝手に割れてたな。

 

216: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 22:38:05.19 ID:u8uF02sJ

火葬場職員もまあいろいろなんだろうなあ
金でランク分けしてて選べるわけじゃないから、どんな人に当たるかほとんど運次第だけど

地方でやった祖母の骨あげは、ちょうど>>201さんの描写のような感じで
気の弱い叔母(故人の娘)はショック状態になり目を見開いて凝視して固まっていた

ペット葬儀社でやった自分の飼い猫の骨あげは、教育の行き届いた若い職員さんが

目視できる粒も残らないほど全部を
「これがのど仏ですね、本当に小さくて
かわいいですね」
「これがシッポですね。キレイな星型をしていますねー、
こんなきれいな形のお骨の猫ちゃんは、私は見たことがないです」など、
商売けの
ない自然でさりげない話し方で時間をかけて説明してくれながら、そこまでしなくてもとこっちが思うくらい丁寧に丁寧に収めてくれたわ

 

221: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/24(日) 23:52:44.53 ID:EBX4LfYq
地域云々というよりは単純に火葬場職員の当たりが悪かったんだろうな
掃除機云々は多分見せないだけで結構あるんじゃないかと思った
ほうきと塵取りだけじゃなかなか灰まで綺麗には難しいし


  1. 友人A『お前の嫁妊娠させてやったw』俺「本当か?」嫁「ごめんなさい(泣」友人A(ニヤニヤ) → 俺「ありがとな、マジで。お前に感謝するわ」友人A『え?』 → なんと・・・
  2. 東京の大学で急に周りからヒソヒソされるようになった。私『何かしたかな、』教授「その子達と何の話をした?」私『地元の話をした』 → 教授「それはダメだ!」衝 撃 だ っ た
  3. 飼ってたハムスターに餌をやるのがめんどくなった。自分『気が向いた時だけ餌と水をやろう』数ヶ月後、自分『うん、まだ元気に生きてる^^』 → 1年後、自分『え?』なんと・・・
  4. 弁護士「嫁さんと間男にお手紙発射しまーす!」俺『よろ』 → 嫁「ふじこふじこ」間男「遊びです!家族にだけはー!こんなに慰謝料払えませ〜ん!」俺『www』 → その後・・・
  5. 祖母の葬式で。祖父「棺の中に入れてあげる物を用意して」警察「署に行きましょうか」参加者A「え?」 → 数時間後、また警察がやって来て・・「さらに2人逮捕する」衝撃だった
  6. 妻が妊娠した。しかし妊娠が判明する前の2~3ヶ月ほどは妻が残業続きで帰りが遅く… 俺(おかしくないか…?)そしてなんと友人妻の托卵が発覚! → 俺「DNA検査をして欲しい」妻「!?」
  7. 夫が娘の髪を掴んでコンロで焼いてた。私「離婚!」裁判所で夫『俺は家族の為に尽くしてきた(号泣』弁護士「これはヤバイ。調停員が夫に同情してる」 → 私「では・・」夫『え?』
  8. 嫁と間男が合体してた。警察「夫さんを書類送検する」間男「俺をなぐったから慰謝料も取る」嫁「財産もねw」会社「夫さんクビ」夫「なら・・・」 → トンデモナイ事に
  9. 弁護士から上司名指しに電話があった。上司(顔面蒼白) → 数分後、女弁護士が会社にやって来てそのまま上司と同僚は別室へ。しまいにはお偉いさんも登場 → 驚愕だった・・・・
  10. 兄嫁は狡猾に罠をしかけて私の人生を破壊し家族を奪った。そして実家から離れた数年後… 親「兄夫婦の子供に臓器移植が必要。検査を受けてくれ」私「…わかった」 → そして私は適合すると判明した時、私の復讐が始まった
  1. トラックに轢かれそうになった女の子を身を挺して助け、代わりに轢かれた俺には後遺症が残ることに... しかし後日、俺の病室に女の子の母親が怒鳴り込んできた → なんと母親は・・・
  2. 妹は畜生だ。奴は私の婚約者を奪い、腹を蹴って私を流★させた→親「あんた姉だし、不倫で追い出された妹の面倒みろ」→私に子連れで寄生しようとしたので夜逃げした結果…
  3. 友「あんたの彼氏結婚するの?」私「え!?誰と??」→3年間2股進行で捨てられた私→怒った地元の友人たちは結婚式をボイコット→その結果wwwwwww
  1. タヒんだ弟の嫁と結婚した結果は…
  2. 嫁が元同級生とW不倫 。嫁は俺が全部知っていることを何も知らない 。一気に離婚を突き付ける! → 離婚後に判明した衝撃の事実とは…
  3. 嫁「もう離婚しましょう」俺「…わかった」嫁「念のため調停調書を作りたいから調停離婚ね」俺「…わかった」嫁「養育費は2-4万かな」俺「…わかった」 → いざ申立書が来たら『養育費22万』!嫁に入れ知恵したのは誰だ!
  1. ママ友「奥さん、男の人とホテルに入っていったよ…」俺「!?」そして調査の結果は真っ黒だったが、結局再構築。 しかし嫁は、なんと… → 決着つけて半年、嫁から届いたメールの中身は…
  2. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  3. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  4. 息子は自閉症だったのでお世話係として10歳下の娘を作ったが、せっかく作った娘も軽度の発達障害の自閉症だった。その娘は25歳になったが兄の面倒を見ずに就職している。障害者なんだから健常者である両親の言う事を聞くべきなのに
  5. jk「この人、痴カンです!」イケメン「俺?違うよ」駅員「本当ですか?」俺「冤罪ですよ。俺、見てましたから」→ すると、イケメン「・・・」→ 衝撃のオチ…
  6. 主人が出張しているとき年下の彼のところに泊まっていたら、いきなり主人と弁護士他の訪問を受け、その場で離婚を告げられました。彼にもその場で捨てられ、何もかも失いました…
  1. 姉が命がけで子を出産 → 母「(この子えらく色素が薄いな…障害かな…)」 → どんどん日本人の見た目から離れていき…姉旦那『DNA鑑定します』 → 結果…
  2. 兄は結婚した時に家を出て行った→それから10年経ち、娘が小学生に上がるタイミングで実家に戻ることにしたらしい。兄『35歳独身のキモオタ弟(俺)は娘に悪影響しかないし嫁も嫌がるので家から出ていってほしい 』俺「え???」
  3. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  1. 自分をここまで残酷にした元嫁と間男に自業自得をプレゼント
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    2. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
    3. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
    4. 嫁が嫁上司と浮気。しかし嫁上司「夫婦関係は破綻してたんでしょ?慰謝料なんか払わない」俺「!?」 → 相手が一番ダメージを受ける復讐をした結果は…
    5. 社内の美人をデートに誘った。 当日… 地味女「こんにちわ」俺「!?」 → 人間違えだったと言えないまま、その3年後…
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
    1. 俺は常人より種が少ないので、医者から子供は望み薄と言われているwwwこの事は嫁も知っているのだが…今日、嫁から信じられない報告がwww
  •  
     

    16件のフィードバック

    1. 名無し より:

      離島では未だに土葬のところがある。日本の話だよ。

      0
    2. 名無し より:

      うちも炉に
      電動キャチパレみたいなので
      サーと入れて締めて
      職員がスイッチオン
      炉も沢山あるけど
      需要もあって
      ゆっくりしてられんな

      0
    3. 名無し より:

      報告者が思い込みで勝手になんでも決めつけすぎだし
      希望があるなら段取りして事前に伝えておきなよって思う

      5+
    4. 名無し より:

      ヤな感じの人だね。自分の住む世界だけが正しいと思ってる、ただの視野狭窄なオバサン。
      あのボタンは点火ではなく、用意ができたことを火夫さんに教えるボタンらしいけど、それでも遺族から見れば間接的に点火するようなもの。うちも父親の時母親が押すことができなくて、長女の私が押すことになった。
      そこも息子がいるなら息子が押せば良かったものを。それならこの報告者みたいな狭い世界しか知らんオバサンにあれこれ言われなくても良かったのに。

      7+
    5. 名無し より:

      身内の葬儀に違う県で2回でたけど、どちらも職員さんがポチってたわ。
      焼き場も喪服の遺族の皆さんで大混雑してたし、時間をかけてあげられないんだろうなて思った

      2+
    6. 名無し より:

      「お別れできない!」→「時間がありません」の流れが発生する最大の要因は葬儀参加者が時間にルーズ故だからじゃないかな。
      予定時刻ギリギリの到着だったり一部の人間の遅刻、儀式中に進行そっちのけで思い出話始める…等々
      葬儀屋の質の差はあれど多少の時間的余裕は予め確保されているもので参加者側がその猶予分を無駄に使っているなんてのはザラ
      儀式なんだからキチンとしたものにしたいなら入念な打ち合わせは必須よ

      1+
    7. 名無し より:

      「自分の地元じゃ」「自分の地元だと」「自分のry
      知らんがな

      4+
    8. 名無し より:

      うるせぇ、仏教だろうが神道だろうが*んだら肉体に用はないわ
      基督教なら防腐処理かまして土葬にせんかい

      0
    9. 名無し より:

      遺族にボタン押させるほうが酷だわ…

      6+
    10. 名無し より:

      自分も職員が炉のボタンを押すパターンしか知らない。
      つーか、炉が三つしかないなら最初から職員が押せよ。
      泣き崩れる奥さんの気持ちも分からないでもないが、時間が決まっていて
      次が待っているなら迷惑でしかない。

      4+
    11. 名無し より:

      何度か行ったけど遺族がボタン押した事は無いなあ
      粉は小さいホウキとチリトリで集めてたけど少しだけ残った分は知らん
      壺を包むのは職員さんがやってくれたよ
      素人が下手にやって壊す方が怖いから変だとは思わなかったな

      3+
    12. 名無し より:

      同じ火葬場に何度か行ったけど、年々職員の作業が簡易になっている
      最近は喉仏が~とかの話など一切無くなった
      老人がどんどんしぬから火葬場も予定が混んでて、色々簡略化するのだろう
      地域ごとの風習云々と言うより、時代の流れと言える

      1+
    13. 名無し より:

      事務的にサッサとやってくれるほうがあり難いかな・・・・・・

      0
    14. 名無し より:

      もう地元から出てくるなよ

      1+
    15. 名無し より:

      古い火葬場は施設が老朽化してゆく。特に炉の能力はどんどん落ちてゆく
      だからと言って新しい火葬場を作ろうにも、候補地の地元民がめっちゃ反対するし
      結果として、中の人は事務的と言うか、流れ作業的になってっちゃうんだろうなあ

      0
    16. 名無し より:

      はっきり言って火葬場による
      傾向としては、都会の方が丁寧で形式的、人の死が身近でないからね
      田舎の方が良くも悪くもあっさり

      0

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。