1. 昼休みに帰宅…嫁&男が行為中!?俺(頭、真っ白)その場から逃げた →約1時間後、パトカー数台&救急車、ウチの前には規制線が張られていて、衝撃の事実を知ることに・・
  2. ラーメン屋で。店主『今日で店終わり。あなたが最後のお客さん。これ、お土産』と、折詰めを2つ(料理)をくれた。客「ありがたく頂戴します」→友人「絶対に食べるな!」結果・・・
  3. 彼女『ウワキしていたんだね』 →音信不通に…俺(身に覚えない) →後日、職場に手紙…『お前を訴える、ウン十万円請求&証拠写真同封』周囲(大爆笑) →なんと・・
  4. 母を車で撥ねて、そのまま去った加害奥『減刑嘆願書を書いてくれ』俺「母は重い後遺障害が残ることになった。弁護士通して」 → そして後日、婚約者両親「結婚はなかったことに」
  5. 酔った私『一番好きだった人と結婚したかった、人生間違えた』夫「え?」私『あっ、』 → 後日、夫「…」私『ど、どうしたのよおお!!(泣』 → なんと・・・
  6. 【驚愕】娘のピアノ発表会で。他界した嫁にそっくりな高校生が演奏 →止まらないくらいに涙を流す俺に、母親「あの・・」俺『実は…』 →まさかの展開に・・・
  7. 娘が朝ごはんだけ食べるとなぜか吐く。医者『この漫画の一コマにセリフを入れてみて』娘「?、はい」医者『これは…』 → トンデモナイ事が判明したんだが…
  8. グリーン車で。トイレから戻ると私が座ってた席に知らない親子がいた→母親(ニヤ)私(仕方ない、)座席上のランプにSuicaをタッチして別の車両に移動→すると、10分後・・・
  9. 私『海老アレルギーなんです』義実家「海老を用意しわたよ^^」 → 私『コレを・・・』医者&看護師「え!?」医者「僕の判断で・・」 → 義家族「示談でお願い(泣」なんと・・・
  1. 私は総合職で夫は公務員。マンションも買ったから結果的に勝ち組かな。もちろん「マンション買ったから転勤はできない」って会社に言ってあるよ。いい年してマンションとか持ち家がない人って恥ずかしくないのかな????
  2. 成人式で知らない女が「冷静に最後まで聞いて下さい。あなたに謝らなくてはいけないんです」俺「え!?なんだそれ…ふざけんなよ…」女「ごめんなさい…」俺「責任取れ」女「はい」 → 責任を取らせた結果…
  3. 高校生の彼女「子供ができました…」彼氏・彼氏家族「無理だ。金は払うから、おろせ」彼女「…わかりました」 → しかし10数年後、彼女が子供を連れてやってきた!!
  4. 取引先の男「昔、まくら営業してくる女がいてさぁ」俺(…ん?それ、嫁のことじゃないか…?) → 俺「…という話があったんだけど…」嫁「」 嫁が語った真相は…
  5. 俺はキノコ栽培の会社に勤務。彼女親「キノコ農家なんかに娘をやるか!」彼女「ごめんね(泣)」俺(キノコを馬鹿にされた…) → 10年後、なんと
  1. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  2. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. ウェディングプランナー「席次表にない方が来られてます…」私「えぇ!?入れたのに!?」 → 式後… プランナー「ご友人が許してくれて良かったですね^^」これで終わりでいいの?システムエラーでしょ??
   

京都出身の彼女と婚約。そして彼女の実家に行くと… 近所の人「(彼女)は部落出身だ。結婚はしないほうがいいぞ」俺「!?」 → そして発覚した真相は…

スポンサードリンク

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/
671: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/11(木)18:53:56 ID:0gg.tp.p7

何書き(※何書いてもかまわないスレ)の方で部落差別の話が出てたけど、俺も結婚の話でそれ関連の神経わからない事があった

まず俺は宮城の被災地に元々住んでた
そこでは部落って言葉は普通に使われてたし、そこに差別の意味合いなんて微塵も無かった
311があったあと家も職場も流されて、俺も命からがら逃げ延び、当時付き合ってた京都の彼女の実家に保護された
彼女も東北大を卒業後、実家に帰って就活するということだったので、
俺も地元に戻ること無く、彼女の親の支援で一年かけて生活を立て直し、奈良のURで家を借りて、京都で就職した

それから彼女にプロポーズして、結婚の流れになった

スポンサードリンク



そのとき頻繁に彼女の実家に行っていて、いろんな手続きの話を勧めていた
ある日の帰り、駅までの道で、腰が曲がり、80は過ぎているだろうと思われる女性から
「あそこの娘は部落出身である、結婚は辞めたほうがいい」と言われた
その人は「こんなことを言う自分も身の危険があるが、身の危険を犯してまで親切心で教えてやってるんだ」
と言っていた
しかし部落に差別的な意味合いがあることを知らない俺は、女性の異様な雰囲気に気味悪さを感じ、あしらうように「そうですか」としか返せず、逃げるように立ち去った

その後俺の家のポストに差出人不明の「○○に住む○○は部落出身である」との手紙も投函されるようになり
警察に相談に行ったが、実害が無いならどうしようもないと言われた
結局彼女と彼女の親に事情を話したが、彼女は部落問題は学校で学んだ以上の知識はなく、彼女の親も元々中国地方と東海地方の出身で、仕事の関連で引っ越してきたらしく困惑していた
実際に彼女両親の実家は中国地方と関東地方に立派な日本家屋として残っており、現在も彼女の伯父や従兄弟が彼女の祖父母と暮らしていた

結果的に、昔彼女の両親が住んでいた社宅がその昔部落と言われていただけで、その土地で生まれた彼女を部落出身と言い張っているっぽいと言うことが判明した
しかしその部落だと言われていた土地も区画整理やらで道が広がり美化が進みマンションも建ち並び、ずいぶん前からどこからどこまでが部落かも曖昧で、そういった詳しい事情に関してはよくわからないままだった
そしてその出来事から今日まで、結婚してからは部落差別を実感したことは一度もない

じゃあ俺に声をかけてきた怪しい人物や手紙の差出人の正体はといえば、ご近所で有名な前科者一家だった

彼女の両親が元部落から引っ越してきたという話を聞いて、彼女一家に執拗に嫌がらせをしており、一家の息子が5歳だった彼女に暴行を加え、弁護士と警察を挟んでやりあったことがあるということだった

しかし暴行した男性はどうやら障害者だったようで、警察が動いても相手にとっては全く抑止力にならず
他にも迷惑をかけられた近隣住民と協力した結果、息子の母親(俺に声をかけた女性)は塀の向こうへ行き
息子の方は遠くの親戚に引き取られていたはずだった
父親はずいぶん前に犯罪で塀の向こうへ行っていたらしい

いつの間にか一家全員が戻ってきており、再度彼女に関わってきたため、
現在は彼女の親と共に遠くに引っ越している

この出来事で部落差別の闇の一旦は垣間見えたが、差別意識から実際に犯罪を起こす人たちは神経わからなかった

 

673: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/11(木)22:32:45 ID:CjK.3l.p7

>>671
ご近所に住んでるってことはその人たちも部落出身者ってことでしょうよ
というわけでまたいい人もいればやばい奴もいて
ヤバさの度合いが部落だと云々みたいな話に戻っちゃうけどね

東北の人たちは知らんですませても現地ではいろいろあるんだろう
どうも根深いものがあるらしいから
「最初から教えない」ではなく
「知ったうえで、差別をなくすという意思を持つ」のほうが良いと思うんだけどね

 

675: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/12(金)00:05:51 ID:jib.vd.hx

>>673
その人たちは昔からその地に住んでる元名家だから部落の人では無いらしい
彼女が中学生の頃はまだ地元で企業を展開して幅を効かせてたらしいんだけど
犯罪者が出てから一気に没落したらしく、某サイトで調べたら自己破産してた

彼女は関西生まれ、4歳から京都育ちだけど、部落に関して差別意識はまるで無いし
京都で再就職するために一年京都市内の専門学校に通ったけど、そこでも部落問題は感じたことはなかった
俺は知るよりも、彼女のように差別の認識そのものが無い人間が増えた方が良いと思う
海外の一定数の人がナチュラルに持つ、黒人差別の意識が全く理解できないように、部落差別も若い人には彼女のような「なんかよくわからない」って認識の人が多いと思う

そうやってよくわからないまま無くなっていったほうがいいんじゃないかと思うんだが

差別のなかった東北で生まれ育ったから言えることなのかな
好き勝手意見してしまってすまない



  1. 友人嫁が「昔から好きでした」と誘ってくる。俺「嫁がいるので」友人嫁「その嫁さんもフリンしてる、証拠もある」俺「!?」→ 衝撃の結末・・・
  2. 近所のじいさん「あんたの嫁さん、ようやるの」俺『え?何の事ですか?』じいさん「…」俺(真っ青) → 嫁「離婚してくれ」俺『おk』→後日、嫁から連絡と手紙の嵐www
  3. 階段で女の子がうずくまっていた。 俺「あ、あの、ど、どーしました?!」 女の子「あ、急に足がつって、て、て、てっ」 → 「えへへ、わたしなんぞを嫁にしちゃいますか」
  4. 彼女実家に結婚の挨拶。彼女父「合コンで出会っただぁ?娘はやれん」俺「……」→その後、彼女「180万の婚約指輪を発注したよ^^」俺「は!?」
  5. 嫁がウワキして離婚。3歳の娘の親権は取れなかった → 娘とはそれ以来会っていなかったが、娘の結婚式に因果応報が発動した
  6. 女社員「ほんとに無理です。お酒飲めないんです」俺(嘘だ)グラス持って全部流し込んでやった。女「トイレ行ってくる」 → 戻ってこなくなった → 俺『え?』上司「」結果・・・
  7. 娘が3歳の時に離婚。数年後、娘『結婚式に出席してほしい』俺「無理だ」『ウワキして養育費も払わなかった癖に!』 → 俺「ウワキしてたのは母さんだよ^^」結果・・・・
  8. 3歳の娘が急に言葉を発しなくなった。室内に監視カメラを設置 → 映像を再生すると、俺『えっ』目の前に映し出された映像が・・ → 会社「600万払います」警察「刑事告訴!」
  9. 嫁がバイトとフリンしたので『何でも屋』に依頼し、各関係者にお披露目会。弁護士「(嫁)さんの不貞行為87回分の写真です」→その後・・・
  10. 東京の大学で急に周りからヒソヒソされるようになった。私『何かしたかな、』教授「その子達と何の話をした?」私『地元の話をした』 → 教授「それはダメだ!」衝 撃 だ っ た
  11. 俺と嫁の高級コップと機械式腕時計が消えた。警察「これは・・」追加で4人の来て現場検証 → 後日、オークションで発見され・・ → 裁判「実刑確定」ママ友「え?」なんと・・・
  12. 愛妻家で有名な上司に襲われた。警察「私さんから誘ったんでしょ?」上司奥「そんな事する人じゃない!」弁護士「録音テープ再生しますね」→上司(真っ青)私『後・・』→結果・・・
  13. 俺「2人でなにしていたんだ?」美人嫁「告られたw でも何もないから、男らしくガンと構えていてw」俺「…もう離婚しよう」嫁「あ、そう。いいよ。あなたの離婚の決断は正しい」
  1. 嫁「女友達と旅行行ってくる」 → 興信所「男と宿泊施設に入りました」俺『OK』 → これまでの証拠は確保済み。嫁の会社に電話でチクったら…
  2. 嫁と行為中 → 嫁『私上手くなったでしょ!先生に習っていっぱい練習したんだよ^^』俺「へぇありがとう。で、どこの先生?」『えっとね~!』 → 詳細を聞き出して・・・
  3. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  1. エレベーターで女が「開」ボタンを押しっぱなしでこっちをチラ見。俺(何だコイツ)女『あの、早く降りてくれない?マナー違反ですよ?』 → すると、警察が駆けつけてきて・・・
  2. 嫁が妊娠!?喜ぶ俺を地の底に叩き落した嫁の言葉は、「あんたの子じゃないから勘違いしないで。育てさせてあげるけど、父親ヅラはしないでね?」 衝撃の事実は他にもあって…
  3. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  1. 父「実は昔フリンをして、その女性との間には息子がいる。認知済みだから、将来遺産相続云々にその子が関係してくる」私「え?」→ 父「名前は...」私「(その人、知ってる...)」
  1. 社内の美人をデートに誘った。 当日… 地味女「こんにちわ」俺「!?」 → 人間違えだったと言えないまま、その3年後…
  2. 子供の瞳の色がまるで外国人みたい… 嫁「隔世遺伝によるものですね」夫「そうなのか!」夫母「…一応検査しといたら?」夫「検査したら二度と文句言うなよ!」 → そして結果は、なんと…
  3. 父「返済できないから娘を好きにしていい」893「おk」私「妹には手を出さないで!」893「分かった。車に乗れ」→結果・・・
  4. 警察に密告して父を刑務所にぶち込んだ。そして俺が面会に行くと、 父「待っとけよ、出たらわかってんな?」俺「…」父「!?」 → 父は発狂した
  5. 嫁と買い物中だった。男「あれ?今日は旦那とは別のパートナー?」嫁「だ、あなた誰ですか!」俺「俺がこいつの旦那なんですが?」男「」 → 次の瞬間、男は逃亡を図ったが…
  6. 俺の単身赴任中、会社の先輩に仕込まれた妻「しらねえんだよ。そんなやり方。知ってるはずがない」その時突然思ったのよ。 嫁さん、浮気してるかも。 →10年の時を経ての最終報告

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  •  
     

    コメントをどうぞ (送信から書込みが載るまで少しタイムラグがあります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。