1. 酔った私『一番好きだった人と結婚したかった、人生間違えた』夫「え?」私『あっ、』 → 後日、夫「…」私『ど、どうしたのよおお!!(泣』 → なんと・・・
  2. 私『海老アレルギーなんです』義実家「海老を用意しわたよ^^」 → 私『コレを・・・』医者&看護師「え!?」医者「僕の判断で・・」 → 義家族「示談でお願い(泣」なんと・・・
  3. 産院まで車で1時間。K察『アルコールチェックします。ご協力を!』夫「もうすぐ子供が産まれる!行かせて下さい!」妊婦の私「うぅ~・・・」→警察『』→驚愕の発言・・・
  4. 母を車で撥ねて、そのまま去った加害奥『減刑嘆願書を書いてくれ』俺「母は重い後遺障害が残ることになった。弁護士通して」 → そして後日、婚約者両親「結婚はなかったことに」
  5. 娘が朝ごはんだけ食べるとなぜか吐く。医者『この漫画の一コマにセリフを入れてみて』娘「?、はい」医者『これは…』 → トンデモナイ事が判明したんだが…
  6. 目隠しされてスイカを叩いたと同時に笑い声が起きた。俺『え?』彼女からもらった高級サングラス置かれててパッカーン。同僚&上司「wwww」 → 後日・・・・
  7. 姉と姉旦那の子どもが俺に似てた。姉旦那『お前ら姉弟で関係を持ったんだろ!』姉「そんな訳なじゃない!」俺「ありえない」 → DNA検査した結果・・・ →姉夫婦、離婚に・・・
  8. 彼女『何これ?』俺「2年前に事故でなくなった母からのメールだよ」彼女『ふぅ~ん‥(削除)』俺「えっ‥何で消したんだ!!!」→すると、彼女から衝撃の一言が・・・・・
  9. 結婚式の1ヶ月前。 上司たちと飲んでいると不自然に意識が遠のき、目が覚めると… 上司「自分達にも非がある。一緒に婚約者に謝りに行く」私「絶対黙っていてください」 → そして子供が出来て…
  1. 成人式で知らない女が「冷静に最後まで聞いて下さい。あなたに謝らなくてはいけないんです」俺「え!?なんだそれ…ふざけんなよ…」女「ごめんなさい…」俺「責任取れ」女「はい」 → 責任を取らせた結果…
  2. 俺はキノコ栽培の会社に勤務。彼女親「キノコ農家なんかに娘をやるか!」彼女「ごめんね(泣)」俺(キノコを馬鹿にされた…) → 10年後、なんと
  3. 取引先の男「昔、まくら営業してくる女がいてさぁ」俺(…ん?それ、嫁のことじゃないか…?) → 俺「…という話があったんだけど…」嫁「」 嫁が語った真相は…
  4. 私は総合職で夫は公務員。マンションも買ったから結果的に勝ち組かな。もちろん「マンション買ったから転勤はできない」って会社に言ってあるよ。いい年してマンションとか持ち家がない人って恥ずかしくないのかな????
  5. 高校生の彼女「子供ができました…」彼氏・彼氏家族「無理だ。金は払うから、おろせ」彼女「…わかりました」 → しかし10数年後、彼女が子供を連れてやってきた!!
  1. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  2. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. ウェディングプランナー「席次表にない方が来られてます…」私「えぇ!?入れたのに!?」 → 式後… プランナー「ご友人が許してくれて良かったですね^^」これで終わりでいいの?システムエラーでしょ??
   

一人のjkが周囲からの猛反対にあいながらも、痴漢の被害に対して猛烈に対抗し続けた。  痴漢「やっていない!」 駅員「え~それくらいのことで」jk「被害届を出す。裁判もする!」両親「示談にしておこうよ…」jk「なんでダメなの!?お金なんかいらない!」

スポンサードリンク

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1534037451/
469: 名無しさん@おーぷん 2018/12/14(金)15:55:31 ID:pck

40年前に、友達A子が経験した修羅場。
40年前ですよ。そこをよく覚えていてね。

高校に入ったばかりのころ。
その高校は駅の真ん前にあって、
電車通学の生徒はほぼ全員、その路線の決まった時間の電車に乗っていた。
他の通勤通学客もいるし、当然、電車は激混み。
当然(!?)女子生徒を狙った痴漢が出る。

しかし身動きもままならないほど混んでいるし、始業時間は近いしで、
被害にあっても泣き寝入りというか、やり過ごしていた。

スポンサードリンク



そんな日々の中で、ついにA子の堪忍袋の緒が切れた。
ある朝、A子は自分に痴漢していた男の手をがっしりつかみ、「この人痴漢です!」と叫んだ。

当時、痴漢は犯罪であるとはわかっていたが、女性男性を問わず、
「大したことではない」「やり過ごすのが当然」、
なんなら「隙を見せた女性が悪い」「男を誘うような恰好をしているのが悪い」「減るもんじゃないし」と考えるのが普通だった。
さらに男性のなかには「痴漢が趣味、誰にも迷惑をかけてないし」「痴漢されるのを待っている女もいる」
「女だって気持ちいいはずだ」などと公言してマスコミに出てくる大馬鹿もいた。

 

470: 469 2018/12/14(金)15:56:43 ID:pck

そんな時代背景であったから、A子に加勢してくれる人はいない。
痴漢は駅についてドアが開くなり、A子を振り切ってホームに逃げた(学校のある駅ではない)。
A子はそいつを追ってホームに飛び出し、朝の駅が混んでいたから痴漢がうまく走れないのを幸いに、追いついて服をつかみ、「この人痴漢です!」と叫び続けているうちにやっと駅員が来てくれた。

A子が「警察を呼んでください!」と駅員に訴えると、痴漢は「やってない」と言い張り、
駅員も「え~それくらいのことで」という態度だったが、A子が譲らないので警察が呼ばれた。
警察が来ると、痴漢はたぶん怖くなったんだろう、やったことを認めた。


A子は「被害届を出す、裁判もする」と主張した。
15歳の女の子がですよ。

とりあえずA子の親が迎えに来て、その日はそこで終わったらしい。
遅刻もしたことのないA子が学校を休んだので、私たち友達は「どうしたんだろうね?」と言っていたのだが、翌日にA子から上記の話を聞いた。

結局、A子の両親が弁護士を雇って、痴漢とは示談が成立した。
裁判をしたところで“微罪”だからわずかな罰金か執行猶予だろうし、
なにより“個人情報の保護”という概念がなかった時代のことで、
A子の名前も住所も痴漢に知られているから、“お礼参り”をされてしまう危険がある。
たぶん示談にする代わりに、A子に二度と近づかないという条件を盛り込んだんだろうし、
A子の両親の判断は正しいと思う。

 

471: 469,470 2018/12/14(金)15:57:49 ID:pck

しかし、A子の本当の修羅場は下記の2行。
「お金なんかいらない。痴漢は犯罪でしょう。犯罪なら裁判をして有罪になるべきでしょう。
なんでそれができないの。こんなに嫌な思いをして、怖い思いをして、なんでお金で済ませられるの」

A子はそう言って泣いて両親に訴え、その話を私たち友達にしながらまた泣いた。
今でこそ示談はお金よりA子を守るためのもので、最も現実的な解決法だったとわかるが、そんな“大人の事情”は15歳の悲嘆と憤怒を収められるものではない。
私達もA子と一緒に悲しんで、怒ることしかできなかった。

A子のことは、クラス中どころか学校中の噂になった。
男子のほとんどは「うへー」「A子こえー」「よーやるわー」という雑なリアクションだったが
ただ一人、「痴漢は犯罪行為なんだから警察に通報して当たり前だ。でもA子にケガがなくてよかった」
という、至極まっとうな感想を述べた隣のクラスの男子と、A子は大学を卒業してから結婚した。

あれから40年。
A子はずっと、理不尽な目に遭っている女性を支援する仕事をしている。

 

472: 名無しさん@おーぷん 2018/12/14(金)22:45:18 ID:C9H
A子すげー



  1. 彼女を親に紹介したら猛反対された。俺「まさか反対するなんて」父『母さんが働いてる駅前のファミレスに行け』俺「わかった」→驚愕だった
  2. 嫁が寝てる間、内ももに「間男専用」って書いた→翌日、それに気づいた嫁が通帳持って実家に逃亡→俺『これ、聞いて下さい^^』ICレコーダー「ピッ」→義父に聞かせた結果・・・
  3. 俺「2人でなにしていたんだ?」美人嫁「告られたw でも何もないから、男らしくガンと構えていてw」俺「…もう離婚しよう」嫁「あ、そう。いいよ。あなたの離婚の決断は正しい」
  4. 嫁がウワキして離婚。3歳の娘の親権は取れなかった → 娘とはそれ以来会っていなかったが、娘の結婚式に因果応報が発動した
  5. 愛妻家で有名な上司に襲われた。警察「私さんから誘ったんでしょ?」上司奥「そんな事する人じゃない!」弁護士「録音テープ再生しますね」→上司(真っ青)私『後・・』→結果・・・
  6. 間男の腕を組んで楽しそうに微笑んでる嫁を見た。興信所「黒ですね。行為関係も持っています」→俺『離婚しないか?間男といた方がお前は幸せになれる』嫁「え?」→結果
  7. 【驚愕】ガンダムのDVD見てたら、嫁が一言 「あ、これ私出てた」まさか名前がのっているとは。嫁の配役は・・・
  8. ウワキ嫁『ごめんなさい(泣』俺「緑の紙書いて出してね。サヨウナラ」→後日、義母「娘(嫁)は襲われたんです」俺「え?」→義実家に行くと、間男がいて・・・
  9. 息子が雨に濡れながら遊んでいた。息子「公園に行ってって言われた」急いで帰宅すると、嫁と間男がリビングで合体中→俺「慰謝料1500万」弁護士2人「あの2人・・」→驚愕だった
  10. 子供達の写真を保存してたハードディスクを、旦那が初期化。私(もう全てがどうでもいいや)→燃えないごみの袋を見た旦那「え?」(絶句)→なんと・・・
  11. 野郎が急に俺を暴行。警官が駆けつけると野郎と彼女が消えてた → 翌日、鎮痛剤を買いにお店に行くとそこには彼女と野郎がいて・・ → 数日後、彼女&野郎(真っ青)ざまぁ・・・
  12. 私『あなたの貯金3500万、全部使い切ってしまった』夫「え?離婚だ」→私『実家の土地と建物、それと兄の新車売って3500万取り戻したよ^^』→旦那「」私「え?」結果・・・
  13. 受験に失敗した。すると、学年主任『おかしいと思って、高校に問い合わせてみたんだ』私「え?」主任『試験の成績では、合格ラインをかなり超えていた。けれど・・・』→愕然・・・
  1. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  2. 嫁「女友達と旅行行ってくる」 → 興信所「男と宿泊施設に入りました」俺『OK』 → これまでの証拠は確保済み。嫁の会社に電話でチクったら…
  3. 嫁のPCには羽目鳥やらエ●メールのてんこ盛り → 罠をしかけた結果、浮気男は警察に逮捕され…
  1. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  2. 会社で。ある営業が仏のような人たちの中で村八分状態…『事務職はムダ!腰掛けポスト、会社にとって損失!(2時間熱弁』 →社長「ほぅ…手本としてやってみろ!!」 →
  3. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  1. 私は女医をしている。私「私が稼ぐから専業主夫になって!」夫「OK」→友1「夫は一流企業に勤めているの」友2「顔がイケメンなの」→私「やっぱり働いて、てか離婚して」夫「...」
  1. 社内の美人をデートに誘った。 当日… 地味女「こんにちわ」俺「!?」 → 人間違えだったと言えないまま、その3年後…
  2. 警察に密告して父を刑務所にぶち込んだ。そして俺が面会に行くと、 父「待っとけよ、出たらわかってんな?」俺「…」父「!?」 → 父は発狂した
  3. 嫁と買い物中だった。男「あれ?今日は旦那とは別のパートナー?」嫁「だ、あなた誰ですか!」俺「俺がこいつの旦那なんですが?」男「」 → 次の瞬間、男は逃亡を図ったが…
  4. 父「返済できないから娘を好きにしていい」893「おk」私「妹には手を出さないで!」893「分かった。車に乗れ」→結果・・・
  5. 子供の瞳の色がまるで外国人みたい… 嫁「隔世遺伝によるものですね」夫「そうなのか!」夫母「…一応検査しといたら?」夫「検査したら二度と文句言うなよ!」 → そして結果は、なんと…
  6. 俺の単身赴任中、会社の先輩に仕込まれた妻「しらねえんだよ。そんなやり方。知ってるはずがない」その時突然思ったのよ。 嫁さん、浮気してるかも。 →10年の時を経ての最終報告

当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…
  •  
     

    3件のフィードバック

    1. 名無し より:

      性犯罪者は人より動物に近いから「手を出すと痛い目にあう」と身を持って学習させないと何度も繰り返す

      2+
    2. 名無し より:

      痛い目にあっても治らんらしいな
      反面冤罪もあるし
      通勤列車なんて絶対乗りたくない

      1+
    3. 名無し より:

      道路工事の不備で怪我して、道路を管理する行政と裁判した。
      事故の責任を問う裁判で示談勧告が出されたが、行政が拒否して敗訴。
      しかし、この裁判をする際に情報公開請求したのだが、虚偽の理由で情報公開しなかったことが分かり裁判して勝訴。
      行政の不正を暴いたことで周りから納得されたが、敗訴だけなら、「行政に勝てる訳がない。」とバッシングされて終わったよ。

      0

    コメントをどうぞ (送信から書込みが載るまで少しタイムラグがあります)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    テキストのコピーはできません。