1. かなりモテてた俺の彼女。派手で気が強い女だったので交際費は全て俺が負担していた。 → 付き合って2年後、彼女は衝撃的な事を言い出した
  2. 妻「私、夜の営み嫌いだし子供も欲しくない」夫「奇遇だな俺もだ、俺達うまくやれそうだな!(貞操観念がしっかりしてるな!)」 → この二人が結婚してしまった結果…
  3. 嫁「私たち別れましょう。別に他に好きな人が出来たんじゃなくて、お互い相性が合わなかったと思う」 俺「本当に離婚でいいんだな?もう後戻りはできないぞ?」 嫁「うん!」 俺「ではこれにサインと印鑑をしてくれ」 → 俺は全てを知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手も
  4. 子供が俺に似てないのでDNA鑑定。結果は「親子関係0%」 俺「どういうこと…?」嫁「…経験は(俺)だけです」 → そして判明した真実は壮絶だった
  5. フリンの復讐。それは結納直後の内容証明。監視していたとしか思えない絶妙なタイミング 「どうやら、えらい人を敵に回してしまった…」
  6. 親戚宅の雪掻きを終えた夫が、休まずに早く帰ろうと言い出した。何故かと聞くと「気づかなかったのか?周囲の視線に…」 私は恐怖した
  7. 元嫁の浮気で俺の完全敗北。間男のハイステータスに揺れた元嫁に失望と絶望を味わされた。 → しかしそんな俺を救った今嫁の一言は…
  8. 娘(15)「ママに『本当のパパ』を紹介されたんだけど…」俺「!?」娘「私のパパはパパだけだから」 → その『本当のパパ』はなんと…
  1. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  2. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  3. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  4. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  5. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  1. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  2. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. 嫁の托卵に気付いた義弟は、絶好のタイミングで嫁と娘に復讐を開始した。こんな復讐の仕方もあるのかとゾッとした
  1. 彼女の浮気は薄々感づいてた。忙しいって言ってた彼女から急に大事な話があると呼び出された。いよいよかと出向いた俺の覚悟なんざ屁のツッパリにもならない真実が待ち構えていた。
  1. 彼女が浮気相手の子供を妊娠。彼女『中?費用が必要』俺『俺の子じゃないし...』彼女親『払わないと慰謝料云々?』『男の責任とれ!』←はぁ!?
   

帝国ホテルのパーティーにて寿司・キャビア・フォアグラ・トリュフなどをスルーして、ひたすら蕎麦を70杯ほど食べた結果…

https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1291861309/
714: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 16:11:17 ID:Ysu0KlkO
母から聞いた亡き祖父の話
もう40年前になるが、帝国ホテルのバイキングに祖父母と母で行った
そこでは見るからにお金持ちな奥様がわがまま言いたい放題で
「ソースがうんたら」「このワインの産地はかんたら」
うだうだ言った揚句、傍で見ていた祖父を上から下まで見て「ふふん」と笑ったらしい



「何、あの女」と文句を言おうとする母を祖母が止めていたら、祖父はホテルの人にはっきりと
「私たちは田舎者なので美味しいものを下さい」
すると母たちの席にローストビーフや生ハム、上等のワインなどが次々来た

先程の奥様が

「何よ!そんなものがあったの!?」
と怒るとホテルの人は笑顔で
「お客様からは料理はソースにいたるまでご指定がありましたのでそのようにいたしました。ですがこちらのお客様からは美味しいもの、とのことでしたので、失礼ながら私どもでおすすめの料理を選ばせていただきました」
「分からなければはっきり聞いた方がいい。背伸びしてもいいことない」と母は言ったが、私はそれより自分を「田舎者」と言い切った祖父とホテルの人にGJ!と言いたい
40年前だからね
色々、今と違うけれどね
720: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 19:34:50 ID:wsYP528w
>>714
いいなこういうの。
一流って感じがする。
715: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 16:53:35 ID:dL6wK51s
じいちゃんかっけー!
724: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 21:21:26 ID:aHHKTDyM
いい親子だなあ。

帝国ホテルと聞いて、武勇伝ではないんだが書かせてくれ。

10年ほど前、年に一度の新商品発表会があり、俺はプレゼン(主催者側)として参加した。
出席者は会社の営業を始め、販売店のディーラーさんが全国からやってきた。
総勢300人ほどが集まっただろうか、夜の部はというと宴会場で立食パーティだ。
正面入り口にはオードブルが、そこを一辺としてテーブルがコの字に配置され、寿司、サラダ、フルーツ、ケーキ、飲み物なんかが山のように積まれていた。


会議の性質上、我々スタッフ部門は昼が、営業&ディーラーは夜の部がメインとなる。

スタッフ部門が営業に巻き込まれると何かと厄介であることは事前に知っていたから、俺はそそくさとメインのオードブルから世界の三大珍味をとり、人だかりから離れていた。
恥ずかしながら三大珍味を口にしたのはあの時が初めてでね、どんな味がするんだろうとドキドキしながら味わってみたんだが、正直言って期待外れだった。
キャビア・フォアグラ・トリュフ何れも美味いんだけど、日本人の味覚に合わないとでも言うか。

そうこうしている内に場の空気が段々と営業色に染まってきたから、俺は宴会場の一番奥に避難。

正面入り口のオードブル周辺と違って、こっちは全然人がいない。
さあ安心して食うぞ、と思っていたらお蕎麦のコーナーがあり、テーブルの奥には若い板前さんが立っていた。

そこにはわんこ蕎麦のように二口ほどの冷たいお蕎麦がお椀に盛られ、汁と様々な具(ネギ、納豆、おくら、とろろいも、うずらの卵等々)が入っていた。
適当に一つ食ってみたらこれがバカうま!

「う、うめえ!!!」

『ありがとうございます。まだまだありますのでどうぞ』
誰もいないのをいいことに俺一人で70杯ぐらいは食ったかなw
よくよく話を聞いたらこの板前さん、俺と同い年で今は修行の身でいずれは実家に戻って蕎麦屋を継ぐとのことだが、そこがなんと俺の故郷と一致。
すっかり意気投合して俺はお開きまでそこにいた。


今でも年に数回、帰省する度にそのお蕎麦屋さんには必ず立ち寄り、同い年の彼は蕎麦屋の名店○代目として腕を振るっている。
彼曰く、
『三大珍味より美味いとバクバク召し上がっているお客様(俺)を見て、すっかり自信がついたw』とのこと。
食い意地も何かの役に立つことはあるんだなw
727: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 22:10:00 ID:AkT71Yj9
724の話にはほっこりしたw
728: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/14(月) 22:29:27 ID:g9Pn2OWb
でも武勇伝じゃないよな。
724と板前さんには惚れたが。
743: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/15(火) 23:57:35 ID:fa39zgwb
>>724
それって役に立っているの?
他2つは中級しか知らないけど、上級のキャビア喰ったらマジで旨いよ。
所詮は魚卵だから日本人の口に合わないものではない。
結構高かったけどね。
帝国ホテルのパーティーだろうが、その値段のものを出すパーティーなんてそうそうないだろう。
あと、ソバは茹でたてに限る。
立食パーティーでその場で茹でて盛っているわけじゃないだろ。
ましてや具が沢山で美味しいなんて。
実際は分からないけど、一般論として大して旨くないものを旨いと評価して(カラ)自信を付けさせたとしたら、それは罪とすら言える。
もうちょっと物の味を知ってから人の料理を評価すべきだな。
745: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 01:15:57 ID:jWtRPjsj
>>743
たいそうグルメな舌をお持ちで。
誰の役にも立たない批判だけどな。
773: 724 投稿日:2011/02/16(水) 22:16:58 ID:PPbQsETh
えっと、上で立食パーティのお蕎麦の件を書いた者です。
レスくれた皆さん、どうもありがとう。
長文スレチ書いた俺が叩かれるのはともかく、お蕎麦屋さんが叩かれるのは忍びない。
静観を決め込むつもりだったが、すまんが1レスだけ貸してくれ。

>>743

724では文字数制限内に収めようとかなり端折ってしまった。その点は謝る。
あのパーティにおいて、お蕎麦のテーブルには最初50杯ほどのお椀が並べられていた。
何れも具は控えめで、メインのお蕎麦を邪魔しない程度にちょこんと添えられていた。
この作り置きされたお蕎麦も十分旨かったが、俺が半分(25杯)ほどを物凄い勢いで平らげたあたりから、板前さんは追加のお蕎麦を茹でてくれた。 

あの時少なくとも寿司と蕎麦のコーナーには簡易的な厨房があってね。
手打ちの生蕎麦だから茹で時間は一瞬で、俺が食うペースに合わせて次々とお椀に冷たいお蕎麦(と汁と控えめな具)が盛られた。作り置きとは明らかに違う出来立ての蕎麦は、旨さがまた格別。
俺が調子に乗って

「うめー!」「うめー!!」って連呼していたあたりから他のスタッフ部門のメンバーも集まりだした。
俺を含めて約15名で軽く500杯ほど空けたんだが、みんな「うめー!」って言ってたな。

宴会場は都内の帝国ホテルで、板前さんはそのホテル近くのお蕎麦屋で修業の身だった。

今日のパーティみたいにイベントがあると時々出店するとのこと。
だけど大抵の人はオードブルや寿司に集まり、蕎麦は見向きもされない。
今日のように大勢の人に集まってもらい、用意した蕎麦が底をついたのは初めてです、と彼は随分と感激していた模様。
それ以上に感激していたのは、旨い蕎麦をご馳走になった俺らなんだけどねw


「え?ちょっと待って下さい。では、今茹でている蕎麦が最後ですか?」

『そうです。具は余っているので、最後は何を乗せますか?』
「あ、リクエストOK?なら何も乗ってない、普通の盛り蕎麦をお願いします。」
『はい、かしこまりました。』

俺は70杯ぐらい食ってもうお腹いっぱいだったのだが、最後の最後までこのお蕎麦は旨かった。

「こんな旨いお蕎麦、これが最後だなんて絶対許さないからね!必ず俺の故郷で再会しましょう!」
『はい!私もそれまでもっと腕を磨いておきます!』
あれから十数年、彼との交流は続いている。
おそらくは一生…。

777: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 22:59:15 ID:v4wOAFE7
>>773
よくわかったよ~
778: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 23:04:34 ID:+O6dNdgy
>>773
最後の4行がちょっと自分でウットリしすぎなのでw減点だが補足レスもあって良かった。
779: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 23:11:28 ID:29kFCgXR
>>773
俺の目は全然滑らなかったから安心しろ。
俺も美味い蕎麦というものを食べてみたい。
784: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 23:33:40 ID:zDo9zZrP
>>773
自分はスーッとした!
いろいろ言われているが気にすんな
787: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/17(木) 01:37:46 ID:rdafcmhw
>>773
エエ話や、蕎麦食べたくなった。
でも良く考えたら夕飯に食べたからもういいや。
785: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/16(水) 23:52:18 ID:kgSmuVjS
>>773
いい話だが蕎麦が食いたくなって困るだろw


  1. 幹事の鞄から集金したお金が消えた。幹事『認めろ。警察行くよ』姉「私じゃない」『ほう』 → 姉「皆の持ち物検査はしたけど、幹事の鞄は確認してないよね?」 → 幹事(ピタッ)
  2. 退職金の数百万と貯金が消えてた。俺「多い時で80万も降ろされてる」嫁『わからない』 → 俺『興信所と弁護士に相談する』警察フル装備で自宅に来襲 → すると・・・・
  3. 空き巣を狙って泥したママさん『この税金泥棒!うちが使ってやるぅうう!』家庭裁判所の職員がぞろぞろやってきて・・・ → 職員「よりによってここで泥するなんて・・」結果・・・
  4. 嫁は綺麗な服を着て楽しそうに男と笑っていた。 そして冷徹に顔を合わすことなく離婚 → なんと2年後、元嫁が現れて…
  5. 嫁に黙って緑の紙を役場に提出 → 汚嫁「ウワキしてごめんなさい」俺『では義両親さん、慰謝料2000万円を^^』嫁「2000万!?」義両親「実はな・・(号泣」 → 結果・・
  6. 私『結婚することになった』間男「だったら托卵しないか?俺と妊活しようよ」『ゾクゾクする。賛成』 → 後日、旦那「実家の大切な跡取りが生まれたぞー!」 → 結果・・・
  7. 嫁「友達とご飯食べてくるね」俺「おk」→ 嫁がそのまま失踪。捜索願いは出さず → 1年後、俺「いなくなって、もう1年か... そろそろ引っ越すかな...」
  8. 結婚を考えていた彼女を高級レストランに連れて行った。俺(なんだコレ…凄くマズい!)彼女「美味しいね^^」俺(こいつどんな舌してるんだ…?ダメだ別れよう) → 数年後、偶然そのレストランを訪れると… シェフ「実は…」俺「!?」衝撃の真実を知った
  9. 高2の娘と夫が異常な程、急に仲良くなった。娘『一緒にお風呂入ろうよ~』夫「恥ずかしいから無理」私(関係持ってるかも・・) → 後日、夫「…」私「!?」なんと・・・
  10. 辞表を出した翌日の朝、会議室に呼ばれ行ってみると、本社の社長を含むお偉方がズラリと勢揃いしていた → 私(何だろう?社長がめっちゃ睨んでる...)→ すると・・・
  1. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  2. 嫁がフリンしてたから証拠とって嫁に突きつけた。平行して水面下で弁護士通して間男に慰謝料請求したら… 嫁「影でコソコソ慰謝料とかとってるのが気持ち悪い」俺「元々陰でコソコソしてたのは自分らだろ?」嫁「じゃあ何?私浮気してまーすwwwとか言えば良かった訳?」
  3. 結婚前からの二股。まぁよくある話。妻「ウワキしたのは悪かったけど、離婚したくない!」夫「…むこうとの関係を断ち切れるのか?」妻「…自信ない」夫「」
  1. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  2. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  3. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  4. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  5. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  6. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  1. 妻が突然失踪した。一週間後、妻は霊安室で冷たくなっていた。間男は逮捕されて無期懲役だったけど…あれから17年、間男が出所すると聞いて復讐を始める
  2. エレベーターで女が「開」ボタンを押しっぱなしでこっちをチラ見。俺(何だコイツ)女『あの、早く降りてくれない?マナー違反ですよ?』 → すると、警察が駆けつけてきて・・・
  3. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  1. 自分をここまで残酷にした元嫁と間男に自業自得をプレゼント
  2. 主婦「トルコリラで1200万円失いました、買ってからただの一度もプラスになったことはありませんでした」
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    2. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
    3. 旦那「よし、タワーマンション買おう!」私「うん、頭金5000万出すね」旦那「5000万!?」 → この5000万の出どころは旦那には言えない…
    4. トラックの長距離輸送で後輩女とペアを組まされた結果wwww
    5. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…

    1. 結婚前提にお付き合いしていた彼女に3回も衝撃を受けた。
  •  
     

    21件のフィードバック

    1. 名無し より:

      2つのエピソードがどっちもかっこいいねえ

    2. 名無し より:

      >>743と最初のエピソードの金持ちの奥様は同類のような気がするわ

    3. 名無し より:

      そんな美味い蕎麦、是非食ってみたいわ

    4. 名無し より:

      ※2
      全く同じ事を書こうと思ってたw

    5. 名無し より:

      近所にあったんよな~。森の中の掘っ立て小屋みたいなとこなのに
      お蕎麦の旨さだけで口コミ広がるほどだったのに、亡くなったらくそまずくなったこと……

    6. 名無し より:

      訳知り顔で批評する通ぶった人ほど、本当に美味しいご馳走を食べ損ねる、という教訓だね。

    7. 名無し より:

      完全なる嘘末

    8. 名無し より:

      本当に美味しい蕎麦ってなかなか巡り会えないからなー
      羨ましい

    9. 名無し より:

      まあ3大珍味は高くてめずらしいうまいので世界1美味いもの3つってわけではないからなー。

    10. 名無し より:

      高コレステロールが苦手な人は、フォアグラもキャビアも受け付けないし、どちら鳥獣の臭みや魚臭さがあるので、それが嫌いという人もいる
      だからフォアグラは濃い目のソースと合わせるし、キャビアには刻んだタマネギを混ぜることが多い
      更にトリュフは匂い慣れないからということで、日本人は嫌う人も一定数いる
      同じように海外でマツタケは嫌われる
      中国やトルコは、西洋の言う三大珍味を嘘だと言う
      実際は、フランスとかイタリア、スペイン当たりのごく一部の文化なんだよね
      そんなフランス、イタリア、スペインでも、三大珍味ってトリュフよりもポルチーニじゃない?とか、キャビアよりもカラスミの方がいいとかいう議論もあるくらいだ
      地元の味が多くの人にとっては一番美味しい、そういうもんだよ

    11. 名無し より:

      なんで料理じゃなく、材料の名前を書くのか
      それは嘘だからだよね

    12. 名無し より:

      ところどころに変なのがいるな

    13. 名無し より:

      743の頭の悪さが際立つまとめだな

    14. 名無し より:

      フォアグラ、キャビア、トリュフより
      あん肝、ボタンエビの卵、天然シメジが好き

    15. 名無し より:

      日比谷から銀座、日本橋にかけての、昔からやってる自営の蕎麦屋は、まず外れが無いよ。
      トータルで言うと、本場は東京だよ。

      • 名無し より:

        >日比谷から銀座、日本橋にかけての、昔からやってる自営の蕎麦屋は、まず外れが無いよ。
        おいしいところは確かにおいしいよね。 神田や紀尾井町のも好き。

        >トータルで言うと、本場は東京だよ。
        さすがにそれは、自惚れ過ぎにもほどがある。
        江戸式のやり方じゃなくて、地方のやり方を東京で披露してるだけのところが多いじゃん。

    16. 名無し より:

      青字は本当っぽいけど、紫字は嘘くさいな
      >「う、うめえ!!!」
      >『ありがとうございます。まだまだありますのでどうぞ』
      特にこのあたり

    17. 名無し より:

      うまい蕎麦っていくら食ってもいける
      でもうまい店って探すのが難しいけどさ

    18. 名無し より:

      うめーうめーって姑の子供梅攻撃みたいw

    19. 名無し より:

      む・・・・・・・・・・・・・・・・・・ッちゃ蕎麦食いたい

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。