1. 招待された結婚式に出席すると、飛び入り参加の新郎友人達に席が割り振られていて、私の席が無かった。そして私が大人の対応をした結果…
  2. 「パソコンできます!」と言って入ってきた派遣がPCスキルゼロだった。絶対許せなかったので「じゃあこのexcel入力宜しく^^」と追い込んでやった結果…
  3. 運転中、パトカーに止められた。警官「信号の所で携帯やってただろ?」 私「は?やってないですよ!」 警官「あのねぇ?僕達二人でちゃーんと見てたんだよぉ?お目目四つあるの。間違える訳ないの。わかる?」 私「・・・携帯の色、何色でしたか」
  4. 無職の旦那を捨てて、職場の上司と再婚した結果 → なんと前旦那は…
  5. 余命僅かな夫の衝撃の告白に、娘は「人ゴロし。父さんは最低」夫「そうか…」 → 夫が逝った後、更なる衝撃の事実が判明し…
  6. 見合いしてOKが出たが断わった。すると、相手の女「何故か私が(紹介者)に怒られたんですが…」俺「誤解があるみたいだから説明する」女「もういいです」 → しかし意外な展開に…
  7. 嫁の作ったシチューが桃色だった。嫁「入浴剤を入れたの」俺「これ食べたらシぬ」→嫁父「食えねえのは気合いが足らない!」→結果。
  1. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  2. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  3. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  4. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  5. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  1. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  2. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  3. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  1. 嫁の托卵に気付いた義弟は、絶好のタイミングで嫁と娘に復讐を開始した。こんな復讐の仕方もあるのかとゾッとした
  1. 大学時代から5年つきあった婚約者に式直前で浮気された。相手は後輩。学生時代から隠れて婚約者にアプローチをし続けていたらしい。 → そして10年後の現在は…
  1. 突然同僚がおかしくなった。上司に「(上司)さんってホントハゲですよね〜」女性には「胸が無いとモテないですよねw」→強制的に退職。それから一年後…Aさんは亡くなった
   

外飼い猫に異様になつかれ遊んでいたら急に子供が欲しくなった。 私「子供をもってみない?」夫「婚前の約束と違う!」 → この猫が私の人生を変えた結果は…

132: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 01:55:25.76 ID:5jOZczHF0

夫の単身赴任で自分が一人暮らしだった頃、
近所のとある外飼い猫♂に異様になつかれた。
高価そうな首輪をした子猫だったが、
エサもやらない我が家に、夜毎に来ては爆睡していった。



そんなある冬、泊まりがけの出張中に予想外の大雪が。
猫が心配で心配で、大急ぎで家を目指した。

家に着いたのは薄暮れ時、ドアノブは氷のように冷たい。

向こうに待つのは、一人きりの暗い部屋・・・
「猫は」と見回したら、早くも「にゃ」と後ろで待っていた。

地面の雪に、一直線の足跡。

撫でようと伸ばす手を待ちきれないかのように、
猫は目一杯伸び上がって手のひらに頭をゴッチンスリスリ。

不意に幼児の姿が浮かんだ。

「おかーさん帰ってきた」と、つないだ温かい手を嬉しくてブンブンする幼児。
「子供、いいかもなぁ」何かがフッと灯ったように感じた。

選択子無し夫婦だったのだが、夫に「子供をもってみないか」と相談してみた。

そこから亀裂は始まった。
夫は「契約違反だ、そんな人間は信用できない」と。
休まず働き続けて家に収入を入れる条件だったと。

私は、件の猫を連れて家を出ることになった。

猫も成猫となって、飼い主の引越しに置き去りにされたのだ。
一人と一匹の暮らしはうっすら温かで、この大柄な猫はとても賢く優しく、決して私に怪我をさせなかった。
しかし外飼い時代に猫白血病と猫エイズに感染しており、そう長くは生きなかった。

猫を送った頃には、私もさらに年齢を重ねていた。

「ああ、また一人だ。これからも、多分」そう思った。
薄暮れの道を、一人で歩いていくのだ、と。

その頃、動物好きな今の夫と出会った。
望外の妊娠。

夫は「おお、生き物が増える」と素朴に喜んだ。

無事に息子が生まれ、夫がつけた名前は、さきの猫の名とよく似ていた。

(例えば、猫「タマ」息子「タクマ」のような)
夫は猫の名前までは知らず「画数で」と言ったが。


タクマはもう幼稚園児になった。

お迎えにいくと「おかーさん」と大きな体で腕にぶらさがってくる。
先生によると、タクマはお友達にも決して乱暴せず、
誰かが泣いているとそっとついててあげるそうだ。

タクマがタマの生まれ変わりというのは無理があるし、

そうすると不思議な話でも何でもないのだが
薄暮れの道に「にゃ」と現れた温いものが人生を変えた、
猫の日に間に合わなかったが、そんな話を。
135: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 02:49:11.52 ID:4S04nMTK0
>>132
いい不思議話をありがとう
タマちゃんは息子さんの側で見守ってそうだ
元旦那と縁を切ってから132にはいい運が流れてるようです

裏山
136: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 02:51:47.41 ID:7/CPlxWa0
>>132
良い話をありがとう。
文章も内容も素敵で大泣きしました。
本当にありがとう。
140: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 14:30:17.89 ID:DyUAt30M0
>>132
ほろりときてしまった
少し遠回りしたり順番違ったけど、132さんと現旦那様とタクマ(タマ)ちゃんが巡り合う運命だったんだなぁ~
141: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 17:30:35.70 ID:e1Z5mSXS0
>>132
心温まる話をありがとうございます。
いつまでも、ご家族お幸せに
143: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 18:14:36.62 ID:E4b/MH7xO
>>132
良い話しをありがとう
暖かい気持ちになって涙が出ちゃった
いつまでお幸せに
139: 可愛い奥様 2014/02/23(日) 10:17:43.16 ID:UTBYqdGM0
>>132
本当にいいお話をありがとう。
温かさを与えあったあなたと猫さん、旦那さんに幸多からんことを。
「生き物が増える」って、素敵な言葉だなあ。


  1. 帰宅した嫁の髪がショートカットになってた → 俺『急にどうしたの?どこの美容室?メンバーズカードは?』嫁「持ってない」 → 『これ見て^^』とあるビデオを見せた結果・・・
  2. 【衝撃の事実】無職の俺「唯一の肉親である母も亡くなったし、俺も逝くかな...」→ 弁護士「俺さんですね?お話があります...」
  3. フリンした嫁が4歳と2歳と生まれた子どもを置いて失踪。義両親「姉の代わりに身体を張って慰謝料を稼いでこい」嫁妹『私を姉の代わりに・・(号泣』抱きついてきた → 俺「え?」
  4. 娘『先生とお母さんがフリンしてる。私が高校卒業したら離婚するって話声も聞いた』 → 校長「穏便に」先生「10万で許して」俺「覚悟しておけ」 → 娘『www』結果・・・
  5. 会社で発作(喘息持ち)が起きた。吸入しようとしたら・・同僚『こんな物してるから治らなくなる』取り上げられ踏みつけ破壊。救急車(ピーポー) → 翌日、会社に出勤すると・・・
  6. 先天的な種無しであることが判明 → 俺「実は俺タネなしなんです。だけど子どもが3人いる」医者「・・・(可哀想な目)」 → DNA鑑定の結果を持って嫁に見せた結果・・・
  7. 帰宅したら妻がいなくなってた → 1週間後、霊安室で妻が発見され・・警察『交際相手と喧嘩になったらしく・・』俺「え?」義家族(土下座) → 後日、俺「!?」(愕然)
  8. 子どもが通知表が素晴らしかった。嫁『私の遺伝子のお陰。あなたは高卒だし』俺「お前の大学なんて・・」翌日、テーブルの上に緑の紙が置かれてた → 役場に届けを出した結果・・・
  9. 単身赴任中の俺『嫁ちゃんの誕生日はサプライズで我が家に帰ろう!』 → 当日、寝室を開けると・・嫁「!?」 → 警察「俺さん20日間拘束」俺『え?』 → 弁護士「では・・」
  10. 警察から妻が事故に遭ったと連絡が来て病院に駆けつけた → 子ども(号泣)警察「一緒に乗車してた男の財布からは・・・」俺『え?』 男親「これ・・」 → なんと・・・
  1. 帰宅すると家の雰囲気がおかしいと感じた。私「家に入りたくない!イヤだ!」母「…そうね」 → 警察呼んで一緒に家に入ってもらった結果、いたのは…
  2. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  3. 私「付き合ってよ」彼「いや、俺彼女いるし」私「はぁ?弄んだな!」彼「誘ったの君じゃないか…」 → 許せなくて彼女とのデートに突撃してやった結果…
  1. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  2. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  3. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  4. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  5. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  6. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  1. 妻が突然失踪した。一週間後、妻は霊安室で冷たくなっていた。間男は逮捕されて無期懲役だったけど…あれから17年、間男が出所すると聞いて復讐を始める
  2. バイトのたった一言で売り上げ1位の営業マン『やめます』 → 3ヶ月後、朝礼で「全体の売り上げは3件、来月給料が遅れる」って非常事態発生www
  3. 嫁が自社の社長と不倫。そして嵌められて離婚・解雇となった夫。その時、彼は復讐の鬼となった。因果応報の結末は壮絶
  1. 父「実は昔フリンをして、その女性との間には息子がいる。認知済みだから、将来遺産相続云々にその子が関係してくる」私「え?」→ 父「名前は...」私「(その人、知ってる...)」
  2. 【驚愕】泊まっていたホテルで目が覚めた→ 部屋の中に、知らない女性が10人以上いた・・・
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 『母子家庭』という理由で元カノにフラれたのに、オレに新しい彼女が出来ると、ショックで元カノが病院行きになったらしい…
    2. オレの彼女を●して、撮影した先輩。その先輩の結婚式で、オレは人生を賭けた復讐を決行した。
    3. 嫁が律儀すぎて、浮.気の証拠をあっさりと手に入れた。明らかにラリっている嫁と離.婚し、間男に慰謝料請求をすると…
    4. 村八分にされてるんだけど、なんかおかしい。村の有力者「早く村八分を解いて下さい、と頭を下げて貰わんと困る…」
    5. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…

    1. 俺は常人より種が少ないので、医者から子供は望み薄と言われているwwwこの事は嫁も知っているのだが…今日、嫁から信じられない報告がwww
  •  
     

    5件のフィードバック

    1. 匿名 より:

      結局時代がどんなに変わろうが
      「子供を持って初めて人間として一人前になれる」
      って真理は変わらないんだよなあ。
      勿論それは「子供を持つ=一人前になる」って事じゃないけどな。

    2. ひねくれおやじ より:

      種の保存は自然の摂理
      たまはそれを教えてくれた
      猫の恩返しだった

    3. タキ より:

      飼い猫が背後霊となる場合は珍しくない
      折に触れ思いだし手を合わせるとよい

    4. 名無し より:

      たとえ創作であっても、ほっこりしたもん勝ち
      良いもの読ませて頂きました

    5. 名無し より:

      雪の中の出迎え?描写が見事。猫飼いたいなー子供欲しいなー

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。