1. 妻「私、夜の営み嫌いだし子供も欲しくない」夫「奇遇だな俺もだ、俺達うまくやれそうだな!(貞操観念がしっかりしてるな!)」 → この二人が結婚してしまった結果…
  2. かなりモテてた俺の彼女。派手で気が強い女だったので交際費は全て俺が負担していた。 → 付き合って2年後、彼女は衝撃的な事を言い出した
  3. 子供が俺に似てないのでDNA鑑定。結果は「親子関係0%」 俺「どういうこと…?」嫁「…経験は(俺)だけです」 → そして判明した真実は壮絶だった
  4. 親戚宅の雪掻きを終えた夫が、休まずに早く帰ろうと言い出した。何故かと聞くと「気づかなかったのか?周囲の視線に…」 私は恐怖した
  5. フリンの復讐。それは結納直後の内容証明。監視していたとしか思えない絶妙なタイミング 「どうやら、えらい人を敵に回してしまった…」
  6. 嫁「私たち別れましょう。別に他に好きな人が出来たんじゃなくて、お互い相性が合わなかったと思う」 俺「本当に離婚でいいんだな?もう後戻りはできないぞ?」 嫁「うん!」 俺「ではこれにサインと印鑑をしてくれ」 → 俺は全てを知っていた。ヤバすぎる嫁のウワキ相手も
  7. 元嫁の浮気で俺の完全敗北。間男のハイステータスに揺れた元嫁に失望と絶望を味わされた。 → しかしそんな俺を救った今嫁の一言は…
  8. 娘(15)「ママに『本当のパパ』を紹介されたんだけど…」俺「!?」娘「私のパパはパパだけだから」 → その『本当のパパ』はなんと…
  1. 彼女の双子の妹が妊娠した。俺「へぇ 妹ちゃん彼氏いたんだ。俺の知ってる人?」妹「…父親は(俺)さんです」俺「!?」 → 衝撃の真実が明らかになった
  2. 【衝撃の結末】間男と嫁に制裁!!俺は数々の証拠を突き付けた→ すると、間男からトンデモナイ一言が飛び出して…
  3. 元彼女に「この子は貴方の子供」と言われた夫。DNA検査したら夫の子供と発覚した
  4. お嬢様な長身美女「私はあなたで妥協します、だからあなたも私で妥協してください」
  5. 両親が急逝。進学を諦めて就職し、なんとか弟2人を大学に入れた。しかし結婚を控えた上の弟が「高卒の兄がいるのは恥ずかしいので秘密にしたい」 → この事が相手の両親にバレた結果…
  1. 結婚式のお色直しで控え室に下がったきり新婦が姿を消した。スタッフ「ザワザワ」救急車「ピーポーピーポー」新婦は変わり果てた姿で・・ → 遺言書『』なんと・・・
  2. 元嫁と別れる間際に「家族養う気力も無いのに結婚とか結局それに伴う器が無かったんだよw」 と笑いながら罵られた → しかし俺が再婚後、蓄えがあると聞きつけた元嫁は…
  3. A子は学校一の美人、B男は医者のイケメン息子。対して私のあだ名は『ブタ子』。中学時代はやつらによくいじめられた→現在、因果は巡る。
  1. フリン女「旧帝卒年収一千万資産なしより、 日大卒で品川区に一戸建て持ちの方が上だよな」
  1. 大学時代から5年つきあった婚約者に式直前で浮気された。相手は後輩。学生時代から隠れて婚約者にアプローチをし続けていたらしい。 → そして10年後の現在は…
  1. 突然同僚がおかしくなった。上司に「(上司)さんってホントハゲですよね〜」女性には「胸が無いとモテないですよねw」→強制的に退職。それから一年後…Aさんは亡くなった
   

俺がクラスで浮いている女子を大学までひたすら見つめ続けた結果

 

 

 

 

521: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:29:29.08 .net

報告の続きまちでしょうか 
今書き込んだら割り込みになりますか?

 

522: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:35:39.92 .net
ならないけど、わかりづらいから名前変えてな

 

526: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:46:33.95 .net

他の方も名前特に変えてないようですしそのまま書き込みます 

小学生編 
引越し先のご近所に住んでた同い年の女の子が嫁だった 
嫁は風邪をひきやすくてよく熱をだしてた 
それもあって内向的で読書をよくする女の子で、スポーツ出来る奴=モテる的な思考の小学生には外で遊ばず教室に一人でいる嫁は自然と周りから浮いていた 
小学生なんて読書嫌いばかりだから、教室で分厚い三銃士の本を読んてる嫁の楽しみを理解する人はいなかった 




 

本を読んでる最中にとりあげられて「こんなのの何が面白いの」と悪気なく言われるのはよく見ていた
俺も転向でクラスに馴染めなかったから教室の済で息を潜めていたんだけど、嫁は本を貶されると皆が居なくなったあとひっそり泣いていた
それから嫁を自然と見つめるようになってたんだけど、嫁は人前では穏やかな顔をしているのに、楽しみを貶されると影で涙している姿をよく目にするようになった
翌日晴らした目をして学校に来ても、本に感動してと誤魔化していた
自分でも何を思ったのか解らないが、俺は図書館で折り紙の本を借りてきて、折り紙で栞を折ってこっそり嫁の机の中に入れた
本好きな嫁のために何かをしたかったのだと思う
気味悪がられたのか捨てられたのか、一度もその栞をつかっている場面は見なかったが

 

527: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:47:21.95 .net

中学生編
嫁とは中学の三年間もクラスが同じで俺の嫁観察は続いた
年があがるにつれて嫁はより穏やかになり、そして影で泣くのが上手くなっていった
一度嫁がとてつもなく熱中していた事を教師が茶化してクラスメイトとバカにしたことがあった
冗談めかした弄りなんだけど、机の下でハンカチを固く握りしめている嫁は、きっと心の中で泣いていたんだろう
けれどけして表情には出さずに静かに悲しんでいた嫁を見た時、物凄く守ってやりたいという気持ちが生まれた

俺は嫁に話しかけるようになり、読書好きな母の蔵書を嫁にかすようになった
俺が一枚噛んだことと、借り物の本、人の親の持ち物というのもあって、あからさまな嫁いじりはなくなった

放課後俺の部活が終わっても嫁が教室で俺の貸したハリーポッターを読んでいたことがあった
そんな時間まで残ってたことも驚いたが、集中してる嫁がすごく綺麗に見えた
そこだけ切り取って違う空間があるように、本を読む嫁の周りに不思議な空気が流れていた

最終下校の放送が流れて嫁が初めて時間に気づいたようで、驚いて時計を仰ぎ見た
そして俺が見ていたのに気付いて更に驚いて恥ずかしそうにしていた
俺はもっと嫁を見ていたかったのに残念だとさえ思えた

 

528: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:48:47.66 .net

高校編
高校も嫁とは同じクラスになり、本を貸す行為は続いていた
ある日もう少しで読み終わるという本を返したいとのことだったので、俺の家で読んで続きを借りていけばいいと提案した
俺は相変わらず本を読む嫁を眺めているのが好きで、俺の部屋でベットにもたれかかって本を読む嫁を壁際にもたれて眺めていた

「どうしてそんなに見つめてくるの?」
「本を読んでる嫁が好きだから」
「見ていて面白い?」
「うん」

そんな会話だけを交わして、嫁はまた本の続きに戻った
読み終わった時には周りは暗くて、俺は嫁を送っていくことにした
帰り道歩きながら嫁は満月を見ながら夏目漱石のことを話してくれた
彼女の口から語られる長靴をはいた猫は、本で読んだ時とまた別の魅力があって、俺は初めて嫁が好きだと気づいた

ある日嫁が一週間学校を休んだ
本を貸したままだし続きもあったので気になって見舞いに行くことにした
嫁は高熱が続いて危ない状態だと言われた
昔から度々高熱が続くことはあったが、今回は特に酷いらしかった
本の事を伝えると、今は読める状態ではないから一旦お返しすると言われて、貸していたルーンの子どもたちを母親が持ってきてくれた
それを受け取ってパラパラと開いていると、中から見覚えのあるものが出てきた
俺が小学生の頃に作った栞だった
裏側に小さい押し花が引っつけられていて、綺麗にラミネートされていた
それを見た瞬間、俺の中で何かの感情の泡が弾けて涙がボロボロと流れてきた
嬉しさと悲しさの混じった涙は生まれてこの方その時だけで、言葉に上手くできないあの感情が襲ってきた経験は他にない

嫁は更に一週間休んで学校に来たが、声が出なくなっていた
右耳も音が聞こえないようだった
戻るのかと聞いたら、困ったようにはにかんだ
声はかなり時間がかかってなんとか戻ったけど、結局耳は戻らなかった
左耳にも聴力障害が残るだろうと言われている
これは年々悪くなるので将来大人になってから聞こえなくなる可能性が高いとのことだった
それから嫁は俺から本を借りるのをやめて、手話の本を手にするようになった
医者のすすめで、まだ聞こえているうちから手話を覚えておいたほうが本人も辛くないだろうとの事だった

 

529: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:50:13.20 .net

大学編
大学生になると、嫁は普通の会話でよく聞き漏らしをするようになった
聞こえる方の耳をこちらに傾ける癖ができて、嫌でも難聴の進行を痛感させられた
音をだんだんと失っていく、それが自覚できる
俺はそれがとても恐ろしく感じた
耳が聞こえない為に嫁が事故にあう姿を夢でみるようになり、大学で顔を会わせて夢であったことを安心する日々が続いた
俺は気を紛らわせるように図書館に通った

大学生活も終わりに近づいた頃、嫁の1月の誕生日を迎えた
俺は返せないままだった栞を持って、嫁に会いに行った
玄関出迎えてくれた嫁に「誕生日おめでとう」というと、恥ずかしそうにに「ありがとう」と笑った
俺が栞を差し出し、返せなかった事を謝ると嫁は黙ったまま栞を見つめた
そしてまた「ありがとう」と言ってはにかんだ
俺は図書館に通った成果を存分に発揮した
左手を握り、右手のひらをその上で2回まわす
「愛しています」
嫁はボロボロと涙をながし両手の人差し指と中指を2回合わせた
「私もです」
二人して玄関でボロボロと泣きあった

それから大学も卒業して無事社会人としての基盤が整った頃、俺は嫁にプロポーズをした
6月に結婚式を上げた頃には、嫁の耳は殆ど聞こえていなかった
教会で二人だけの質素な結婚式を上げた時、かすかに聞こえる耳で愛の誓いをしてくれた

 

530: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 13:51:55.28 .net

 

531: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 14:07:40.92 .net
昼間から泣かすなよ (´;ω;`)

 

533: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 14:46:43.31 .net
>>529
お幸せに

 

534: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 15:26:18.12 .net
きれいな話だな(;_;)

 

535: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 15:42:53.31 .net
図書館戦争を思い出してしまったぜ…

 

536: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 15:51:03.96 .net
聲の形を思い出した。

 

537: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 16:15:19.91 .net
ごめんなさい、最後の私もですという手話
人差し指と親指って書きたかったのに人差し指と中指と書いてました
当時を思い出すと涙が出てきてダメですね
途中わかりにくい文章がなければよいのですが

 

538: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 16:16:35.89 .net

>高校も嫁とは同じクラスになり

さらっと書いてるが本当の事を言えよ追いかけて入ったんだろ?中高一貫か?
まあいい幸せにな

 

539: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 16:21:48.94 .net

>>538
俺と嫁の家県境だったせいで無理なく通える公立高校が二箇所しかなかったんです

片方の高校は農業職が強く、地元の農家の跡取りの子等が通っていました
もう片方は有名な進学校でしたので、俺達は自然とそこが第一志望になった形です
高校のクラスが同じになったのは、嫁の耳のことがあったので作為的だったと聞いています
俺達の中学からその学校に行った人は殆どいませんでしたから

 

540: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 16:29:36.05 .net
全俺が泣いた


  1. 母が亡くなり、区役所に『タヒ亡届』を提出しに行くと、姉「え?なにこれ!?(顔真っ青」→ 想像をはるかに超える事実が判明…
  2. 高2の娘と夫が異常な程、急に仲良くなった。娘『一緒にお風呂入ろうよ~』夫「恥ずかしいから無理」私(関係持ってるかも・・) → 後日、夫「…」私「!?」なんと・・・
  3. 辞表を出した翌日の朝、会議室に呼ばれ行ってみると、本社の社長を含むお偉方がズラリと勢揃いしていた → 私(何だろう?社長がめっちゃ睨んでる...)→ すると・・・
  4. 私『結婚することになった』間男「だったら托卵しないか?俺と妊活しようよ」『ゾクゾクする。賛成』 → 後日、旦那「実家の大切な跡取りが生まれたぞー!」 → 結果・・・
  5. 兄は親友に彼女を取られてから狂ってしまい、いつも親友への恨みを言葉にしていた。ある日も、兄の部屋から嗚咽の声が聞こえ... → 俺「またいつものか...」→ そうではなかった…
  6. 退職金の数百万と貯金が消えてた。俺「多い時で80万も降ろされてる」嫁『わからない』 → 俺『興信所と弁護士に相談する』警察フル装備で自宅に来襲 → すると・・・・
  7. 嫁は綺麗な服を着て楽しそうに男と笑っていた。 そして冷徹に顔を合わすことなく離婚 → なんと2年後、元嫁が現れて…
  8. 新しい上司は、強面で超厳しい人だった。そんな中、子供が熱をだして早退しなければならないことに... → 俺「あの、子供が高熱で... 早退したいのですが...」→ すると・・・
  9. 結婚を考えていた彼女を高級レストランに連れて行った。俺(なんだコレ…凄くマズい!)彼女「美味しいね^^」俺(こいつどんな舌してるんだ…?ダメだ別れよう) → 数年後、偶然そのレストランを訪れると… シェフ「実は…」俺「!?」衝撃の真実を知った
  10. 幹事の鞄から集金したお金が消えた。幹事『認めろ。警察行くよ』姉「私じゃない」『ほう』 → 姉「皆の持ち物検査はしたけど、幹事の鞄は確認してないよね?」 → 幹事(ピタッ)
  1. 美人嫁「悩んだのですが、離婚してください」 俺「理由は?」 嫁「ただあなたに対する愛情が無くなってきました」 俺「じゃあぐに出て行って」 嫁...
  2. 嫁がフリンしてたから証拠とって嫁に突きつけた。平行して水面下で弁護士通して間男に慰謝料請求したら… 嫁「影でコソコソ慰謝料とかとってるのが気持ち悪い」俺「元々陰でコソコソしてたのは自分らだろ?」嫁「じゃあ何?私浮気してまーすwwwとか言えば良かった訳?」
  3. 結婚前からの二股。まぁよくある話。妻「ウワキしたのは悪かったけど、離婚したくない!」夫「…むこうとの関係を断ち切れるのか?」妻「…自信ない」夫「」
  1. 嫁の事故が原因でオレは腕を失くした。嫁『腕ないとかムリ離婚!』嫁親「じゃあお前勘当だ!」嫁『(仕方ない…)』 → 数年後、嫁『カレーできたよ』オレ「えっ」 → なんと…
  2. 夫「全部(ウワキ)知っている。これからどうしたい?」私『離婚してほしい』夫「泣」 → 間男と再婚したある日、変わりはてた元夫と再会してしまい…
  3. 離婚から10年、盆に実家へ帰省すると元妻と息子が来てた。元妻「息子が受験だけど養育費がなくなっry」俺(息子の態度悪いし元妻の浮気が離婚原因なのに…)
  4. 間男に制裁を科すと妻が抗議してきた。あなた間男さんに何をしたの!って真っ青になってやがったwww俺は笑ってとぼけながら「次はお前だよ」と思ってたwww
  5. 妻が嘘ついて間男と旅行に行った初日に妻母が亡くなった。俺の連絡には反応しないまま、今東京に着いたと呑気に絵文字入りのメールをよこした。修羅場が待っているとも知らずに。
  6. 嫁「間男が好きだから離婚して」俺「嫌だ!」嫁友人「これ以上嫁ちゃんを苦しめないで!」→離婚した結果・・・
  1. 嫁が妊娠!?喜ぶ俺を地の底に叩き落した嫁の言葉は、「あんたの子じゃないから勘違いしないで。育てさせてあげるけど、父親ヅラはしないでね?」 衝撃の事実は他にもあって…
  2. 妻が突然失踪した。一週間後、妻は霊安室で冷たくなっていた。間男は逮捕されて無期懲役だったけど…あれから17年、間男が出所すると聞いて復讐を始める
  3. クソガキに石を投げられ、姉(23)は顔にケガをした。親「石くらいで大袈裟!」→激怒した兄が石を拾って・・・
  1. 父「実は昔フリンをして、その女性との間には息子がいる。認知済みだから、将来遺産相続云々にその子が関係してくる」私「え?」→ 父「名前は...」私「(その人、知ってる...)」
  2. 自分をここまで残酷にした元嫁と間男に自業自得をプレゼント
  • 妻「彼を愛しています離婚してください」→後日連れてきた男はイケメンの御曹司。相手には慰謝料など痛くもなく、親権も取られた。俺は全てを失ったはずだったが事態は急変する
    1. 届いた妻のハ●●リ写真、その表情は快楽中毒。提供者の意図は制裁の依頼。そして真実は妻の日記に
    2. 旦那「よし、タワーマンション買おう!」私「うん、頭金5000万出すね」旦那「5000万!?」 → この5000万の出どころは旦那には言えない…
    3. トラックの長距離輸送で後輩女とペアを組まされた結果wwww
    4. ちょっとしたきっかけで嫁のW不倫に気が付いた、俺はもう再構築不可能と思い離婚届を出し余分な荷物を処分して引越した・・・浮気の事で問つめる事も考えたが 言わなかった
    5. 嫁の不倫。相手はエリート上司で気付いた時には手遅れ。戦争だった。すさまじい戦力差の中で少ない手持ちで先に証拠を押さた。勝利条件は美人間嫁の強奪
  • 当サイトの関連記事

  • 母が他界。遺言書「兄・兄嫁・私・私夫・弟に遺産を残す」弟嫁「・・何で私の名前がないの!」一同(うわー母さん最後にやりやがったw)実は母…

    1. 結婚前提にお付き合いしていた彼女に3回も衝撃を受けた。
  •  
     

    1件の返信

    1.   より:

      たしか失った聴覚と視覚はある程度取り戻せるような・・・・
      脳に電極埋め込んで等の手術になるけど、聴覚は取り戻せたはず
      視覚はまだ画像は荒いらしいけど、色の認識は可能らしいよ

    コメントをどうぞ (コメント欄のみ入力必須です)

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。